台風一過の猛烈な残暑のなか、ある程度髪を伸ばしている女性にとって死活問題となるのがまとめ髪。とはいえ、忙しい毎日のなかでは、「こなれた雰囲気に髪をまとめる」のはなかなか難しいものですよね。「暑いから」「時間がないから」「パーティー風にしたいから」などの理由で、いつの間にか1パターンなまとめ髪になってしまっていることも。けれど、「こなれたまとめ髪」はきちんと下準備さえしておけば、実はこなれた雰囲気をつくり出すのは簡単なのです。

今回はふんわりフェミニンな印象を与える「フレンチシニヨン」のスタイリングのコツを、上下それぞれにまとめてピンで押さえていくだけの、3つのステップでお伝えします。

大人かわいい、ふんわりフェミニンな「フレンチシニヨン」のつくりかた

ポイントは髪を上下に分けてまとめること

髪を上下に分けることで、清潔感あるラフな大人の色気を実現

ふんわりとフェミニンなシルエットの秘密は、髪を上下に分けること。上下それぞれをまとめることで、全体をキュッとひっつめた感じがなくなり、ラフな雰囲気のシニヨンに仕上がります。一見難しそうですが、ピンでうまく押さえていけば、こなれた感じにまとめることができますよ。

■STEP1:アイロンで毛先にニュアンスを出し、髪を上下に分けブロッキング

(手順は左から右へ)

■まとめた毛先にニュアンスを出すため、アイロンをかけてカールをつけます。
■あごと耳上を結んだ延長線上で、髪を上下に分けてブロッキング。
■下の部分の髪をひとつにまとめ、時計回りに毛先までねじり上げていきます。

■STEP2:ピンをうまく利用して、上下左右の髪を固定&ねじる

(手順は左から右へ)

■シニヨンを固定するように、周りからピンを差す。ここではアメリカピンを3本使用します。
■ブロッキングしていたトップの髪を下ろし、左右を交差させながら矢印の方向にねじり、上部をピンで留めます。
■トップの髪の左右を交差させてピンで留めた状態は、右端の画像のようなイメージです。

■STEP3:ねじった毛先を束に入れ、残りはラフに留めて仕上げる

(手順は左から右へ)

■トップの髪をピンで合わせた位置から、ねじりながら写真のように上に持ち上げます。
■中央は、右手をくるっと反転させ円を描いた状能(その後毛先をねじった束の中に入れ込む)。
■ねじって円を描いた部分をピンで留めて固定し、残った毛先をシニヨンに絡めながらラフに留めたら完成です!

まとめ髪の下準備のポイント3つ

 

■1:トップに逆毛を立ててボリュームと高さを出す。
■2:結ぶ位置は耳上から指2本分上が目安。
■3:毛先をカールして艶とまとまり感を出す。

この3つの下準備ポイントをおさえるだけで、ただのひとつ結びとは洗練度が歴然と違う、大人の女性の風格がただようまとめ髪にすることができます。

一見難しそうに見えるフレンチシニヨンも、上下それぞれをまとめることによって全体をキュッとひっつめた感じがなくなり、ラフな雰囲気に仕上がりました。ピンでうまく押さえていくことで、ふんわりとフェミニンなシルエットにまとめることができるのです。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious8月号』小学館、2014年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
青柳理都子
STYLIST :
富岡百合子
HAIR MAKE :
masato(marr)、尾花ケイコ
MODEL :
YOUKI
EDIT&WRITING :
黒木治美、笠井直子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦