2020年Precious6月号の「好きなコーディネート」1位~10位を発表します

ラグジュアリーファッション誌『Precious(プレシャス)』6月号をお読みいただいた方へのアンケート調査(ネットアンケート&郵便はがき)にて、「好きなコーディネート」に選ばれた着こなしを、その理由とスタイリングのコツを交え、ランキング形式でご紹介します。

表紙
Precious6月号(5月7日発売)の表紙、カバーモデルは大政 絢

今回10位~1位に選ばれたコーディネートは、スカートやワンピースなどフェミニンな着こなしが目立ちました。特にネイビーの大人っぽいチュールスカートを取り入れたスタイルが多くの票を集めていました。

それではさっそく、10位から順を追って1位まで見ていきましょう(※)。このなかに、あなたがこれからの着こなしに取り入れてみたいコーディネートはありますか?

※9位は2つのコーデが同順位のため、10位は存在せず

【9位】デザイントップス×ネイビーチュールスカート

P.42
スカート¥109,000・トップス¥70,000(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) ピアス¥60,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 靴¥79,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) [Precious2020年6月号42ページ]  撮影/熊澤 透

「上品な女性に見られそう」「バランスが良くて脚が長く見える」「涼しげで夏に良さそう」と好評だった着こなしです。

ネイビーのチュールスカートにデザイントップスを合わせた、進化系セットアップ品格のコーディネート。品格とモードを両立させ、旬のエレガンスを体現しています。

こちらのスカートは、大人に似合う上質なチュールスカートが毎回好評を博している、「ファビアナフィリッピ」とのコラボ企画で誕生したもの。今回はスカートと同じチュールをそで口に配した、デザイントップスも実現。セットアップで着こなすことで、大人の美意識に響く、心地よくエレガントな着こなしに仕上がるのが特徴です。

【9位】ブルゾン×ネイビーチュールスカート

P.38
スカート¥109,000・ブルゾン¥110,000・カットソー¥35,000・靴¥75,000(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) ピアス¥110,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) [Precious2020年6月号38ページ]  撮影/熊澤 透

品格、知性、清潔感、優しさ、こなれ感…ネイビーという色のもつ多彩な表現力を湛えているのが「ネイビーチュールスカート」が幅広く活躍する理由です。ブルゾンやスニーカーなど、抜け感のあるアイテムを合わせたら、はつらつとした新しいエレガンスを演出できます。

このコーディネートには、「バランス・組み合わせがいい」「気分が上がりそう」といった声が寄せられていました。スポーティなブルゾンやスニーカーを投入したミックステイストも、ネイビーを主役に白をひとさじ効かせたバランスなら、取り入れやすそうですね。

【8位】ローゲージニット×ネイビーチュールスカート

P.39
スカート¥109,000・ニット¥100,000(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) ピアス¥14,000・バングル¥83,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレシルバーコレクション〉) [Precious2020年6月号39ページ]  撮影/熊澤 透

またもやネイビーチュールスカートのコーディネートがランクイン。こちらは「カジュアルだけどおしゃれ」「フェミニンさを演出するバランスが良い」「甘すぎない」などが、人気の理由となっています。

チュールスカートを、ざっくりと編み上げたシルバーグレーのオーバーサイズニットで大胆にカジュアルダウン! ゆるやかなシルエットとスカートのエアリーな表情が、身も心も優しく開放してくれそうです。

ニットとスカートのゆったりとした着こなしを大人モードに導く決め手は、配色にあります。ネイビー×シルバーグレーで、リラックスシルエットにスタイリッシュなスパイスを効かせた着こなしです。

【7位】ワンハンドルバッグ×マニッシュ時計×正統派サングラス

P.85
靴¥29,000(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉) 『ル ヴェルソーノアール』のニット¥34,000・『ラ・フォンタナ・マジョーレ』のパンツ¥85,000(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店) サングラス¥44,000(グローブスペックス エージェント〈アーレム〉) 時計¥2,780,000(ヴァシュロン・コンスタンタン) バッグ¥335,000(ヴァレクストラ・ジャパン) [Precious2020年6月号85ページ]  撮影/生田昌士(hannah)

7位にランクインしたのは人気の白スニーカーの着こなし。バッグや時計のベルトもスニーカーとリンクさせてフレッシュな「白」を選び、リッチ感を演出しています。

ダークな色味の着こなしも、白小物の効果でぐっとが華やぎますね。サングラスを仕上げに添えて、キレ味よく仕上げています。

「手持ち服で真似しやすそう」「色合わせが良い」「品良く見える夏カジュアルの理想!」といった点で評価が高く、こなれ感のある大人のパンツスタイルとして支持を集めたようです。

【6位】優雅さを凝縮した黒いワンピース

P.101
ワンピース¥335,000・バッグ¥285,000・イヤリング¥113,000・時計¥131,000・靴¥99,000(グッチ ジャパン) [Precious2020年6月号101ページ]  撮影/浅井佳代子

6位は「SUITSな女の最強ワンピース」企画から、黒いワンピースの着こなしがランクイン。「黒だけどすっきりしていて重たくない」「気になる部分をうまくカバーしていて、スタイルがよく見える」「知的な女性らしさが素敵!」といった回答が多く届きました。

優雅さを凝縮した黒いワンピースは、ボディラインをさりげなく強調するシルエットでありながら、心地よい着用感をかなえたシルクウール素材。まるでチョーカーのような首元のディテール、深いVネックのシャープな抜け感が、オンタイムにふさわしい、圧巻のキレのよさを演出してくれる一枚ですよね!

【5位】ティアードスカート×白スニーカー

P.75
靴¥75,000(J.M. WESTON 青山店) ニット¥78,000・スカート¥125,000(オンワードファッションラボ〈ロシャス〉) ブレスレット¥995,000・リング¥380,000(ダミアーニ 銀座タワー) バッグ¥359,000(ブルーベル・ ジャパン〈マーク クロス〉) [Precious2020年6月号75ページ]  撮影/生田昌士(hannah)

ふんわりとしたティアードスカートの足元を、「白」で軽やかに演出した着こなし。「着こなしやすそうなきれいめカジュアル」「自分でも真似できそう」「大人のかわいさがある」などの反響を呼んだスタイルです。

今季、トレンド再燃が予測されるティアードスカートの足元を、ローカットスニーカーで躍動的な雰囲気に仕上げました。

白スニーカーは、フランスの名門靴ブランドが手がけるもの。美しくなめされたレザーが特徴で、かかとやタン、インソールには、こっくりとしたベージュレザーが施されています。この上品な印象の一足に注目した読者も多かったようです。

【4位】クラシカルなボウワンピース

P.103
ワンピース¥380,000・ベルト¥90,000・バッグ¥510,000[すべて予定価格](セリーヌ ジャパン〈セリー ヌ バイ エディ・スリマン〉) ピアス¥123,000・ネックレス¥515,000・バングル¥650,000・時計¥1,910,000・リング¥184,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) [Precious2020年6月号103ページ]  撮影/浅井佳代子

鈴木保奈美さんの着こなすワンピーススタイルが、4位にもランクインしました。「ベルト&バッグで甘さを抑えているのが参考になる」「色もボリューム感もバランス良くまとまっている」など、ワンピース好きな女性たちからも高評価!

オフィスシーンでも真面目一辺倒にならず、親しみやすい女らしさも演出したい…。そんなとき頼りになるのが、こんなクラシカルなボウワンピースです。オフホワイトの水玉をプリントしたマットなシルク素材に5分丈のパフスリーブが上品な一枚は、袖を通したとたん、パッと表情まで明るくなりそうですよね。

【3位】白いシャツ×ネイビーチュールスカート

P.36
スカート¥109,000・シャツ¥65,000・(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 『ウノアエレ』のピアス¥75,000・『ウノアエレシルバーコレクション』のブレスレット¥100,000(ウノアエレ ジャパン) 靴¥131,000(リエート〈サントーニ〉) [Precious2020年6月号36ページ]  撮影/熊澤 透

またもや「ネイビーチュールスカート」の着こなしがランクイン。シャツやシューズで白を差して、軽やかに仕上げたコーディネートに、「それぞれのアイテムが絶妙に際立っている」「さわやかな色合わせが夏にぴったり!」「上半身がコンパクトに見えてスタイルアップできそう」といった声が寄せられました。

ネイビーチュールスカートの優雅な躍動感と白いシャツの知性美が調和して、大人の多彩な魅力を物語ってくれる。そんな計算された着こなしが、多くの共感を呼んだようです。

【2位】上品かごバッグ×パールジュエリー×鮮やかスカーフ

P.86
靴『クリニーク』¥69,000(リエート〈サントーニ〉) シャツ¥32,000(マディソンブルー) スカート¥59,000(カオス新宿〈カオス〉) スカーフ¥22,000/参考価格(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店〈マルティニーク〉) ピアス¥268,000・バングル¥260,000・リング¥278,000(TASAKI〈M/G TASAKI〉) バッグ¥970,000(モワナ伊勢丹新宿ブティック) [Precious2020年6月号86ページ]  撮影/生田昌士(hannah)

「鮮やか色のアクセントが効いている」「清潔感があって好印象」「すっきりとしたきれいめカジュアルに惹かれる」というアンケートの回答が印象的だった、こちらのコーディネート。ごくシンプルなお洋服にオーセンティックなスニーカーと遊び心のある小物を合わせた、ワザありの着こなしです。

白スニーカーは、やわらかなカーフレザーを使用したイタリア発のシューズメゾン『サントーニ』のマスターピース。ジュエリーはパールをちりばめることで、上品な印象に仕上げられています。

スカーフやかごバッグできれい色を効かせるテクニックも必見! 夏のスカートスタイルがぐっと盛り上がることが、おわかりいただけるかと思います。

【1位】幾何学プリントのスカート×白スニーカー

P.73
靴『プロムナード』¥79,000・カーディガン¥99,000・スカート¥231,000・バッグ¥508,000(フェンディ ジャパン) ピアス¥178,000・ネックレス¥1,280,000・ブレスレット¥380,000(TASAKI) [Precious2020年6月号73ページ]  撮影/生田昌士(hannah)

1位を獲得したのは、プリントスカートのコーディネート。「スカートとスニーカーの合わせ方を参考にしたい」「ほどよく力が抜けて見えるのがおしゃれ」「これぞエレガントカジュアル!」といった読者からの熱いメッセージが集まりました。

繊細なシフォンのプリーツスカートをまとい、優しげな表情に。Vネックカーディガンは黒を選んで、メリハリをつけて。幾何学プリントのスカートに白スニーカーを合わせることで、チャーミングに仕上がっていますよね!

以上、ファッション誌「Precious(プレシャス)」2020年6月号の読者アンケート調査で、好きなコーディネートに選ばれたスタイリングを10スタイル、お見せしました。

このなかに、あなたが真似してみたいスタイリングは、ありましたか?

現在発売中のPrecious8月号では、「人生を彩る名品のすべて」や「若返りアイメイク」、「世界のプレシャスキャリアのリモートワーク事情」など、ファッションや日々の暮らしをより豊かにブラッシュアップするヒント満載でお届けしております。

ぜひお手に取っていただき、ご活用いただけたら幸いです。


<出典>
Precious8月号「人生を彩る『名品』のすべて」
ファッションニュース_1
【内容紹介】人生を彩る「名品」/真夏の仕事シーンを支える「キャリアブランド」/ブランド研究「ルイ・ヴィトン」/若返りアイメイク/リモートワーク最新事情/海外ドラマ
2020年7月7日発売 ¥990(税込)

紀伊國屋書店で購入する

楽天ブックスで購入する

セブンネットショッピングで購入する

ヨドバシカメラで購入する

Amazon.co.jpで購入する

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious6月号』小学館、2020年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。