おしゃれであること以前に、シーンに応じた着こなしをすることが大人の女性には求められます。洋服だけでなく、バッグも場面にふさわしいものをそろえましょう。ということで、今回は夜のお出かけに映えるバッグを厳選してご紹介します。

■ファー×ゴールドのインパクトバッグ

バッグ『STARDVST』¥245,000(ヴェルサーチ ジャパン)、素材:シープのシアリングファー×ゴートレザー、サイズ:縦19×横28×マチ7cm
ブラウス¥43,000(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、スカート¥115,000(ストラスブルゴ〈ストゥールス〉)、ピアス¥72,000・バングル¥58,000(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、ベルト¥9,000(フラッパーズ〈アロン〉)、靴¥115,000(JIMMY CHOO)

オフショルダーのブラウスとタイトスカートで女性らしい装いながらも、ファーバッグやサンダルは黒でそろえることで、全体が引き締まります。『ヴェルサーチ』のバッグは、思わず触れたくなるやわらかなシアリングファーと、ゴールドのコンビで、エッジの効いたデザインに。付属のショルダーストラップとチェーンを使い分ければ、クラッチ、チェーンバッグ、クロスショルダーと3WAYのアレンジが楽しめます。

■スタッズ&ストーンのインパクトバッグ

バッグ『ロケット プティ』¥230,000(JIMMY CHOO)、素材:ラムレザー、サイズ:縦14.5×横21×マチ6.5cm
ノースリーブトップス¥46,000(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、スカート¥19,000(バーニーズ ニューヨーク)、ピアス¥351,000・ブレスレット¥320,000(ダミアーニ 銀座タワー)、靴¥92,000(JIMMY CHOO)

さりげない肌見せを叶えるヌーディなベージュのトップスで、センシュアルな着こなしに。ジュエリーを控えめにした分、刺しゅうのように施したスタッズやストーンがきらめく『JIMMY CHOO』のバッグで、ナイトシーンにふさわしい華を添えます。きらりと輝くバッグのシルバーチェーンも、着こなしのアクセントになります。

■華やぎをアップするディテールバッグ3選

気心知れた女友達と集うシーンでは、「素敵ね、どこのバッグ?」と会話が弾むことも大切なポイント。うす暗いラウンジやバーの光の下では、いつもより華やかなタイプのバッグを選びましょう。インパクト抜群のメタル使い、ファーやプリントデザインのバッグをピックアップします。

 

【上】¥49,000(エストネーション〈メアリ オル ターナ〉)、素材:メタリックレザー、サイズ:縦16×横22×マチ10.5cm

光を跳ね返す、イタリア製のシルバーレザーを使用したバッグ。開口部に「ピンキングカット」を施すことで、シンプルなフォルムのなかに、トレンドのニュアンスが生まれます。

【中央】『Auspiciousness Collection』¥278,000(シャッツィ・チェン)、素材:ミンクファー×ラムレザー、サイズ:縦23.5×横26×マチ8cm

肌に吸い付くようなミンクファーを全面にあしらったブラックのバッグ。ファーから見え隠れする留め具に用いた大ぶりの翡翠が、オリエンタルな表情を覗かせる逸品です。

【下】¥193,000(エミリオ・プッチ ジャパン)、素材:シルクツイル、サイズ:縦19.5×横17.5×マチ7.5cm

1950年代に発表されたバッグが、新たなプリントをまとって復活しました。シルクツイルのサイドにあしらったゴールドプレートが、モードな輝きを放ちます。中は、汚れが目立ちにくいグログランの裏地を使い、仕切りも充実。さらにマグネットボタンで開閉もしやすく、機能性にも優れています。

 

今回は、ナイトシーンに合わせたい、遊び心のあるバッグにフォーカスしました。装いにインパクトを放つ素材を柄のバッグをプラスし、夜遊びを盛り上げましょう。

Precious9月号「スケジュール優先で考える、シーン映えバッグ」
¥850(税込) 2017年8月7日発売
【内容紹介】新しい季節の始まりにまず欲しいバッグを、大特集でお届けします。おなじみのハイブランドの中から、これぞという主役級バッグを厳選、バッグを主役にした着こなしや活用術など、さまざまな角度から「秋のバッグ」を掘り下げます。ほかにも、洗練度の高いカーキの着こなしや最新ブラウスの着こなしなど、最新の秋ファッションと暑さを意識した晩夏の着こなしの両方に対応できる充実の内容に。この9月号で、夏から秋への移り変わりをおしゃれに乗り切りましょう!
雑誌「Precious」を購入する

※掲載した商品の価格は、すべて税抜きです。

PHOTO :
川田有二(人物)、小池紀行(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
望月律子
HAIR MAKE :
TOMO Tamura(Perle/ヘア)、島田真理子(UM/メイク)
MODEL :
LIZA
EDIT&WRITING :
川村有布子、岡本治子、川口夏希、望月琴海・遠藤智子(Precious)