左から/フォトフレーム[縦25.5×横20㎝]¥92,000、[縦10×横10㎝]¥49,000、[縦15×横10㎝]¥49,000(すべて税抜)

ありきたりでなく、人とは違った、気のきいた贈り物をしたい…と考えたとき、ティファニーほど、質も、使い心地も、そしてときめきも与えてくれるブランドはありません。

なかでもこの『シルバーフォトフレーム』は、直線的なシンプルデザインとシルバーの質感がモダンな雰囲気を放つので、どんなインテリアとも美しく調和。いくつあっても困らないギフトとしてぴったりです。形やサイズのバリエーションも豊富にそろうので、結婚祝い、そして出産祝いと、同じ方に2度贈ることも。

横から見ても艶感が美しい

あの「ティファニー ブルー」と呼ばれる美しい色の箱も、手にした人に幸福感をもたらします。だから私は、大切な人への贈り物を考えるときはいつも、ティファニーを想い浮かべるのかもしれません。

右下にはTiffany&Co.

艶やかな輝きを放ち、薄く、フレーム幅も細い繊細なデザインだから、さりげないインテリアのアクセントに。フレームには、文字や絵の刻印も入れられます。

※この情報は2016年5月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
犬走比佐乃さん スタイリスト
BY :
『Precious6月号』小学館、2016年 / 2017.8.13 更新
富士見高等学校から文化女子大学短期大学部被服専攻科を卒業し、SUNデザイン研究所に入社。主にファッションショーのスタイリストとして“ケンゾー”“サンローラン”“ディオール”等のショーの制作に携わる。1985年、SUNデザイン研究所より独立し、フリーランスのスタイリストとしてファッション全般の広告、雑誌関係の仕事を中心に、セミナー、トークショー等でも活動している。 好きなもの:クラシック、ピアノ音楽、キャンディークラッシュ、フラメンコ、ウエイトトレーニング、ハワイ、白シャツ、ヨーグルト、コーヒー豆、ネイビー、白い花、カメオ、オットマン付きのひとりがけの椅子、NHKプレミアム
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー) スタイリスト/犬走比佐乃 文/小林 綾