シャープさがありながら、フェミニンな魅力もある…。そんな配色を頭に浮かべたとき、思いつくのが「黒×ブラウン」です。

キャリア女性にとって、ずっとアップデートしていきたい定番配色の着こなしテクニックを分析してみましょう。

「黒×ブラウン」の洗練ベーシック配色でキリッと!着映え秋スタイル3選

■1:ケイティ・ホームズは…流行のプリーツスカートを辛口シンプルに仕上げたいときのお手本コーデ

スカート_1
ネックレスの重ねづけも迫力十分。Vネックで胸元が開いている部分に輝きがプラスされ、華やぎにつながっています。

N.Y.でランチを買っていたときにSNAPされた女優、ケイティ・ホームズの着こなしです。
ブラウンのプリーツスカートを主役に、黒のカーディガンをサラリと合わせていました。

この配色だからこそ、リッチな大人っぽさが香り、キリッと引き締まった印象に。
プリーツスカートがもつ甘さはまったくなく、大人のキャリア女性らしい知的さをアピール。

裾から素足をのぞかせて、黒のミュールを合わせたところも、肌見せの抜け感が軽やかさをもたらします。
プリーツでなくても、ふんわりとしたフレアシルエットのスカートを着用するときの参考になさってください。

■2:ジジ・ハディッドは…ジャケットにこなれ感を加えるブーツインデニムのアレンジでさらに切れよく

ニット_1
クロコダイル調のロングブーツをブラウンで投入。上半身とリンクしていて、全身がまとまりよく決まります。

モデル、ジジ・ハディッドはN.Y.の街中でコーヒーを片手に、ジャケット+タートルニット×デニムという着こなしで颯爽と歩いていました。

柄ジャケットとインナーのニットを同じトーンのブラウンでまとめて一体感のある色合わせに。
そこにボトムにはシャープな魅力が際立つ黒をピックアップし、ダメージデニムで取り入れていました。

「黒×ブラウン」のメリハリがついた配色はもちろん、ブーツインした足元のテクニックでこなれた印象がアップしています。

ニットの片側の裾をウエストにインしたアレンジも、黒の分量を多く見せて脚長シルエットを生み出す効果につながっているので、見逃せません。

■3:ジェシカ・アルバは…黒のインナーで引き締め効果を高めた都会派ジャケットスタイル

パンツ_1
パンツが短めなので、ショートブーツで脚のラインをつなげて。ボリュームがあるので、美スタイルを強調できます。

ドイツのオクトーバーフェスでSNAPされていた女優、ジェシカ・アルバ。

こっくりしたブラウンのパンツを、グレーと黒がミックスされたチェックジャケットと黒のインナーでスタイリッシュに着こなしていました。

パンツはジャストウエストではくタイプで、細身のクロップド丈なので、インナーはボディにフィットするデザインが好相性です。

その上から羽織っているジャケットがメンズライクなオーバーサイズだから、今どきのバランスに仕上がっています。

インの黒がジャケットとパンツの色合わせのバランスをとり、キリッと引き締まって見せます。

パンツにブラウンを投入すると、モードさがありながらキャリアっぽい雰囲気が高まるので、試してみてはいかがでしょう。


「黒×ブラウン」の配色コーデは、切れがよくリッチさをもたらし、秋らしい着映え効果を発揮できます。
シンプルなアイテムでも2カラーのミックスバランスによって、メリハリのある印象を生み出します。

これから秋のおしゃれを楽しむときに、取り入れてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀