今シーズンの冬コートも、いよいよショップの店頭に出そろいました。

『Precious』1月号「コートの正解着こなし13のルール」で登場したさまざまなコートの中から、この冬買うなら迷わずこれ!と編集スタッフが太鼓判を推す5着を厳選。

その着心地、肌触り、シルエット、全体の雰囲気など、実際に着ることで感じた感想を、5回に渡ってつぶさにレポートしています。ぜひ、買い物の参考に!

「レ・コパン」のグレンチェックコートを詳しく解説!

コート_1,アウター_1,大人コーデ_1,冬コーデ_1
コート¥337,000・ブラウス¥38,000・パンツ¥70,000(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス¥33,000(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、グローブ¥30,000/参考価格(アマン〈アルポ〉)、ネックレス[長]各¥29,000・[短]¥42,000(エスケーパーズオンライン〈ハルポ〉)、バッグ¥95,000(三喜商事〈アフラ〉)、靴¥115,000(J.M. WESTON 青山店)

鏡の前に立った瞬間!「なんて、かっこいいんだろう…!」自画自賛ではなく、実はどんな人でも、このコートは、なぜかはおっただけで、"今年らしく"、かっこよく見えるのです。

ポイントはブラウン系の細かいグレンチェック。メンズライクな英国調のチェックは今シーズンのトレンドのひとつですが、一歩間違うとおじさんっぽかったり、学生風だったり……。

でもやや大きめラペルのテーラードカラーや、ラップ形式のゆったりしたシルエットで、なんともエレガントな雰囲気も漂って、さっとはおっただけで、トラッドとはひと味違う大人の女性の英国調スタイルが完成するのです。

マニッシュなパンツスタイルも素敵だけれど、往年の女優ローレン・バコールのように、タイトスカートに肩かけするのもかっこいい! おしゃれの妄想がいろいろ湧いて、物欲が刺激される、コートです。

コート_2,大人コーデ_2
着用イメージ

丈はひざ下のロング。ラップタイプのオーバーシルエットでメンズライクにもエレガンスにも着こなし可能。共のベルトをするときは、ゆるく垂らす感覚で。

コート_3,大人コーデ_3
着用イメージ(後ろ)

バックスタイルはやや細身のすっきりシルエット。後ろセンターの深いスリットで動きやすさも。

コート_4,大人コーデ_4
肩まわりのディテール

セットインではなく、斜めに切り替えが入ったラグランスリーブのため、肩周りがゆったり。インにジャケットを着ても、ドロップショルダーのニットを着ても、カバーできる。

コート_5
繊細な色使いが女性らしい。

遠目からだと無地に見えるほど細かいグレンチェックは大人の女性にぴったり。ブルーのラインが効かせ色となり、知的な印象にも。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
佐藤 彩
STYLIST :
大西真理子、金井 愛
HAIR MAKE :
hiro TSUKUI(Perle/ヘア)、川原文洋(UM/メイク)
MODEL :
伽奈
EDIT :
竹市莉子(HATSU)