1_海よりも


人生は「こんなはずじゃなかった」ことだらけだ。

最近だと、いかにも美味しそうに見えたリンゴを買って食べてみたらこんなはずじゃなかったとか、ひと目惚れしたワンピースを試着してみたらこんなはずじゃなかったとか(苦笑)。もっと貯蓄があるはずだった、もっと本を書いているはずだった…など言いだしたらきりがない。なにより、20代前半まで「40代の私は子供を生み育て幸せな家庭を築いている」と思っていたから、まさか仕事と結婚しているような人間になっているなんて自分でも驚き。でも、これはまぁ、いい意味で「こんなはずじゃなかった」なんだと思っているけれど。

そんなことを考えずにはいられなかったのは、『海よりもまだ深く』を観てしまったから。阿部 寛演じる主人公の良多はとにかく往生際が悪い。15年前に一度文学賞を受賞してしまったばっかりに(ある意味悲劇だ)、作家として食べていく夢をいつまでも捨てられず、探偵という職で食いつなぐ。「小説のための取材」と言い訳しながら。妻(真木よう子)はそんな夫に愛想を尽かして離婚。にもかかわらず、月に1回支払う約束の子供の養育費も滞り、元妻に恋人ができれば仕事そっちのけでふたりを見張る。しかもふだんは寄りつきもしないのに、金がないから実家へ行って、母親・淑子(樹木希林)が見ていないところで金目の物を失敬しようとしたり。ダメ男なんである。姉(小林聡美)から聞いたとおりに、通帳のありかを探ってまんまと騙されたり。後輩から金を借りたり、ちょろまかした金をギャンブルにつぎ込んでパーにしたり。

2_海よりも


ある晩、そんな良多が、息子と元妻とともに母親の住む団地で台風をやり過ごすことに。思いがけない嵐に人は心をざわつかせ、本音を漏らす。実は元妻も母親も今を「こんなはずじゃなかった」と思っていた…。

台風一過で青空が広がる。ダメ男・良多もなんだかちょっとだけ変わりそうな予感。こんなはずじゃなかった自分の人生も、なんだかとっても愛おしく感じてしまうのだ。

©2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

■大人になりきれない中年男と離婚した妻子が、ひょんなことから男の母親の家でひと晩過ごすことに。阿部 寛演じる中年男と樹木希林演じる母親との関係を軸に「こんなつもりではなかったけれど…」の人生を描いた人間ドラマ。母親の名台詞と笑いもたっぷり。

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和 出演:阿部 寛、真木よう子、樹木希林ほか。

丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか、全国公開中。

http://gaga.ne.jp/umiyorimo/index.html

※この情報は2016年5月7日時点のものになります。


 

この記事の執筆者
生命保険会社のOLから編集者を経て、1995年からフリーランスライターに。映画をはじめ、芸能記事や人物インタビューを中心に執筆活動を行う。ミーハー視点で俳優記事を執筆することも多い。最近いちばんの興味は健康&美容。自身を実験台に体にイイコト試験中。主な媒体に『AERA』『週刊朝日』『女性セブン』『プレジデント ウーマン』『朝日新聞』など。著書に『バラバの妻として』『佐川萌え』ほか。 好きなもの:温泉、銭湯、ルッコラ、トマト、イチゴ、桃、シャンパン、日本酒、豆腐、京都、聖書、アロマオイル、マッサージ、睡眠、クラシックバレエ、夏目漱石『門』、花見、チーズケーキ、『ゴッドファーザー』、『ギルバート・グレイプ』、海、田園風景、手紙、万年筆、カード、ぽち袋、鍛えられた筋肉
クレジット :
文/坂口さゆり
TAGS: