夏の気温20度の服装まとめ。夏場は肌寒くも感じる気温20度の服装に適したコーデをピックアップ! シャツやサマーニット、カーディガンなど、長袖やはおりものをプラスしたコーデで、賢くおしゃれを楽しみましょう。

夏の気温20度の服装


【1】白リネンワンピース×イヤリング

【1】白リネンワンピース×イヤリング
ワンピース(ドリス ヴァン ノッテン)、イヤリング・ブレスレット(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ボタニカル・モチーフが愛されたヴィクトリアン・スタイルに見られる、ゆったりとしたシルエットに、和の花モチーフを大胆にあしらったリネンのワンピース。鎖骨を見せた女らしい襟ぐりに、透かし模様の葉っぱの大ぶりなイヤリングが映えます。

【2】ネイビーワンピース×ネイビーシャツワンピース

【2】ネイビーワンピース×ネイビーシャツワンピース
オールシーズン対応のウールのシャツワンピース・リネンのノースリーブワンピース・バッグ(Nobuko Nishida)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

「ネイビー」の濃淡を重ねて、さらにバッグでグリーンがかった色味を差す。絶妙なグラデーションを奏でる着こなしが、「ネイビー」に奥行きを与えてくれます。異素材で丁寧に重ねることも、ロング丈のネイビーを軽やかに見せる秘訣です。

【3】ネイビーニット×ライトブルーパンツ

【3】ネイビーニット×ライトブルーパンツ
ニット・パンツ(ブラミンク)、ネックレス(ボン マジック)、バッグ(ステディ スタディ〈リュニフォーム〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

明るい色調のデニム生地を使用し、ワイドシルエットに仕立てたエレガントなパンツを主役に。ウエストは前後にタックをたっぷり入れ、スカートのようなふんわり感を実現しています。ドロップショルダーでサイドにゆとりを与えたネイビーニットは、ウエストインにして、上半身をコンパクトにまとめ、バランスを計算しましょう。

【4】ネイビーコンビネゾン×ネイビーカーディガン×ネイビーパンツ

【4】ネイビーコンビネゾン×ネイビーカーディガン×ネイビーパンツ
ピアス『ディーレース』・ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー)、2本重ねたロングネックレス・コンビネゾン・カーディガン(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビーのコンビネゾンに、くっきりと白いジュエリーをラフに重ねづけ。モチーフのコンビだけだと、ネイビー本来のきちんとした印象が強まるけれど、異なるデザインを加えることで、きちんと感に隙が生まれて、色気を誘います。

【5】白ブラウス×黒パンツ×黒ジャケット×スカーフ

【5】白ブラウス×黒パンツ×黒ジャケット×スカーフ
バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、靴(セルジオロッシ)、ジャケット(三崎商事〈エルミダ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

好感度の高いネイビー×白の着こなしに、イエローバッグを効かせると、一気に華やぎが増して、センスのよさも際立ちます。襟元には、明るいネイビーの花柄を。

【6】白シャツ×ブルースカート×ネイビーカーディガン

【6】白シャツ×ブルースカート×ネイビーカーディガン
シャツ(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、カーディガン(Theory luxe)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、時計(パテック フィリップ)、バッグ(ジバンシィ表参道店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

軽やかに揺れる姿が美しいミラノリブで仕立てたサックスのフレアスカート。その愛らしい印象を高めてくれるのが、シンプルな白シャツです。バッグはマットなものではなく、インパクトのあるパイソンのネイビーバッグを効かせると、甘すぎないラグジュアリーなトリコロール配色が完成します。

【7】黒ワンピース×スカーフ×ハット

【7】黒ワンピース×スカート×ハット
ワンピース(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、帽子(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン×ジェームス ロック〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト・バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(ヒラオ インク〈ロベール クレジュリー〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビーのシャツワンピースは、出番の多くなるアイテム。明るいコントラストを描く、イエローのトートバッグで、目にも鮮やかな配色に。そこに、白いレースアップ靴を合わせ、抜け感を加えるのが今年の流儀です。

【8】白ワンピース×黒カーディガン

【8】白ワンピース×黒カーディガン
カシミヤのカーディガン(VINCE 表参道店)、ノースリーブワンピース(コロネット〈エアロン〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

動くたびに揺れ、リュクスなムードが漂うロング丈カーディガン×ワンピースには、美人の気配が漂って。ウエストマークをして端正さを加味するのが、大人のバランスです。

【9】白ブラウス×オレンジパンツ

【9】白ブラウス×オレンジパンツ
シルクのブラウス(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、パンツ(キートン)、シルバーのリング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、ブレスレット(ストラスブルゴ〈ハム〉)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

迷いのない大胆な配色で、凛として、すっきりした印象派美人に。鮮やかなオレンジは、夏を象徴する差し色。これから出番が増えるシンプルな白シャツ×パンツスタイルに投入すれば、どんなに暑くてもシャキッと前向きな気分になれそうです。

【10】ストライプノースリーブ×黒パンツ×白カーディガン

【10】ストライプノースリーブ×黒パンツ×白カーディガン
カーディガン・ノースリーブトップス・ベルト付きパンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

リネンシルクのカーディガンと中に合わせたシルクトップスは、裾に向けてゆるやかに広がるシルエットが秀逸。グレーのストライプは、縦ラインを強調し、視覚効果ですっきり見せる効果もあります。上半身にゆとりをもたせたぶん、合わせるボトムは細身の9分丈パンツでメリハリをつけましょう。

【11】白パンツ×グレーニット×ブラウス

【11】白パンツ×グレーニット×ブラウス
ブラウス(アパルトモン 青山店〈デイビッド マイケル〉)、ニット(スリードッツ青山店)、パンツ(コロネット〈エー・エル・シー〉)、手元に配したネックレス〔白〕(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット〔黒〕(ケイテン)、時計(ブライトリング・ジャパン)、ストール(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブラミンク〈ジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

白からグレー、シルバーへとつなぐプラチナグラデーション。シルバー小物をインパクト素材で投入し、地味に見せない工夫を。

【12】ベージュブラウス×白テーパードパンツ

【12】ベージュブラウス×白テーパードパンツ
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ストール(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

体の線を強調しすぎないリネンコットンのブラウスをインすれば、テーパードのシャープなシルエットが生きて、すっきりとしたかっこいいスタイルが完成します。パンツの色とリンクした白いパンプスがスリムなラインを強調してくれます。

【13】ストライプシャツ×イエローパンツ

【13】ストライプシャツ×イエローパンツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピアス・ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(ケイテン)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

清涼感漂うストライプシャツを主役に。シャツ:パンツ=1:1のシンプルな組み合わせも、ストライプ×イエローボトムのインパクトアイテムの組み合わせなら新鮮。足元はカジュアルな白エスパドリーユを選びこなれ感を演出しましょう。

【14】黒ブラウス×白ロングスカート

【14】黒ブラウス×白ロングスカート
ブラウス・スカート(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、リング(SIRI SIRI)、靴(ドゥロワー丸の内店〈キャリー フォーブス〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

白と黒の強いコントラストが、光に満ちた季節に映えて。モノトーンのシャープな雰囲気をまといながらも、風がするりと通る素材やシルエットを選んで、心地よさという贅沢を味わいましょう。なめらかなシルクブラウスに、清涼なコットンスカートを。指先には、ひんやりと艶めく氷のようなガラスリングで、おだやかな夏の日を堪能。

【15】ボーダーニット×白パンツ×ベージュカーディガン

【15】ボーダーニット×白パンツ×ベージュカーディガン
マックスマーラのカーディガン・ニット・靴・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

白からシャンパンベージュにいたる優しい女らしさに満ちたシャイニー・グラデーションに、クリアな白いパンツの効果は絶大。淡いベージュにラメのストライプをあしらった上品な輝きが魅力のアンサンブルニットをはおれば、肩の力が抜けた美しい日常スタイルに。そこにやや渋めガンメタリックのバッグを加えると、着こなしに奥行きが生まれ、鮮度の高い着こなしが完成します。

【16】イエローワンピース×白カーディガン

【16】イエローワンピース×白カーディガン
カーディガン( コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(VINCE 表参道店)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、マッティオリのネックレス・アルテミス・ジョイエリのネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(サードカルチャー〈エレナ ギセリーニ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ドレープが美しいラップワンピースはゴージャスなミモレ丈。縁どるようにカーディガンを重ねて、グラデーションに仕上げましょう。

【17】水色ブラウス×マルチカラースカート

【17】水色ブラウス×マルチカラースカート
スカート(エミリオ・プッチ ジャパン)、ブラウス(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

パネル状にシルク素材を重ねた、エアリーなプリントスカートで、ワードローブに変化をつけて。マルチカラーのスカートに使われたミントブルーをブラウスにリンクさせれば、着こなしにまとまりが生まれます。スカートはパステルトーンのストライプ柄とパールを描いたグラフィカルな模様にエミリオ・プッチらしい遊び心が光って。

【18】黒ニット×マスタードラップスカート

【18】黒ニット×マスタードラップスカート
スカート(クルーズ〈ELIN〉)、ニット(エストネーション〈エストネーション〉)、ブレスレット・時計・リング(シャネル)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

程よくトレンドを楽しむなら、ラッフルのように生地を重ねた、華やぎのあるラップスカートにおまかせ。アシンメトリーなデザインで、角度によって表情を変える一枚は、シンプルなVネックニットを合わせるだけで、おしゃれ上級者の風格が漂います。

【19】白ブラウス×グレースカート×ストール

【19】白ブラウス×グレースカート×ストール
ローファー(ブラミンク〈J.M. WESTON〉)、コットンブラウス(ザシークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、スカート(ebur e)、ストール(三喜商事〈アリュード〉)、ネックレス (チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

涼やかな白~グレーのグラデーションの仕上げに、光沢を放つシルバーの名品ローファーを投入すれば、上品にまとまります。

【20】白カーディガン×デニムパンツ×スカーフ

【20】白カーディガン×デニムパンツ×スカーフ
バッグ『オフィディア』・カーディガン・デニム・スカーフ・リング・靴(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

カシミヤニットとデニムで過ごす休日。外出に必要なものをすっきり収納できるスマートなボストンバッグで、心も足どりも軽やかに。