外でのお食事を控えることも多い今、自宅で楽しむグルメの需要が大きく伸びています。お持ち帰り商品で、自宅で気軽に名店の味を楽しめるのはうれしいですよね。

本記事では、2020年に人気の高かった「日本橋三越本店のグルメ商品」を5つ、ご紹介します。

三越限定商品も!「日本橋三越本店」の2020年人気グルメ商品5選

■1:老舗の味を堪能できる「うな重 竹」/日本橋いづもや

肉_2,寿司_2,東京_2,日本橋_2
「うな重 竹」¥2,800

昭和21年(1946年)創業の老舗うなぎ店「日本橋いづもや」からは、テイクアウトの「うな重 竹」が人気です。熟練の職人が一尾一尾真心を込めて焼きあげ、より一層の風味が引き立ったひと品です。

「日本橋いづもや」店内で食事をし、お土産に購入するお客さんもいらっしゃるのだとか。なお、オンラインストアから購入し店頭受取も可能ですが、現在オンラインストアは完売しております。詳しい販売状況はお店に直接お問い合わせください。

日本橋いづもや「うな重 竹」

■2:家庭でひと手間加えるだけで最高の味に「冷凍ピッツァ(マルゲリータ)」/シナグロ(CINAGRO)

肉_1,寿司_1,東京_1,日本橋_1
「冷凍ピッツァ(マルゲリータ)」¥1,278

オーガニックレストラン「シナグロ」からは、有機小麦粉と有機天然酵母を使い、小麦本来の香りや味わいにこだわった生地と、トッピングにも、オーガニック認証やビオ認証を取得した食材をふんだんに使用したピッツァが登場です。

イタリアモッツァレラを使った一番人気の「マルゲリータ」のほか、「イタリアチーズのクアトロフォルマッジ」、女性に人気の秋冬メニューである、トリュフオイル香る「フンギビアンコ」、子どもにも人気の「ツナマヨコーンのバンビーノ」の4種類が冷凍の状態で購入できます。

家庭で最後のひと焼きをするだけで、最高の状態で食べられるのだとか。おせち料理に飽きた年始のランチなどにもおすすめですよ。こちらは三越限定販売です。

■3:お酒のおつまみにも!「黒豚餃子 6個入り」/好餃子

肉_3,寿司_3,東京_3,日本橋_3
「黒豚餃子 6個入り」¥864

餃子専門店「好餃子(ハオチャオズ)」では、柔らかくジューシーで旨みたっぷりな鹿児島県産の黒豚を使った「黒豚餃子」が人気です。

鹿児島県産の黒豚に、国産野菜、青森県産にんにく、高知産生姜を加え、お店独自のもちもちの皮で包んだひと品です。ご飯のおかずはもちろん、ビールやお酒のおともにもぴったりですよ。

■4:低温調理でとろける食感に!「肉寿司 6貫」/博多 肉の壱丁田

肉_4,寿司_4,東京_4,日本橋_4
「肉寿司 6貫」¥1,500

精肉卸しの専門会社が運営する、肉惣菜専門店「博多 肉の壱丁田」。プロが吟味した素材を使用し、職人の手でおいしく調理された料理を提供しているお店です。

博多 肉の壱丁田の一番人気は、とろける赤身肉のおいしさが楽しめると評判の「肉寿司 6貫」。九州産黒毛和牛のステーキ肉を柚子胡椒で、低温調理した赤身肉をわさびで、それぞれ相性抜群の特製醤油につけていただけます。

お肉のとろける食感が、ひと口食べるごとに幸せな気分にしてくれる商品です。

■5:家族で楽しむお食事にも「大山どり焼鳥詰合せ 18本入り」/築地 なが田

肉_5,寿司_5,東京_5,日本橋_5
「大山どり焼鳥詰合せ 18本入り」¥3,000

創業60余年の魚惣菜のお店「築地 なが田」で取り扱っている、「大山どり焼鳥詰合せ」です。うま味たっぷりの銘柄鶏「大山どり」を、特製のたれでじっくりと焼きあげています。

湯煎や電子レンジで温めるだけで食べられる焼鳥は、肉厚で弾力もあり、和酒に合わせるおつまみとしても好適です。また本数が多いため、家族みんなでいただくお食事にもぴったりですよ。

こちらは三越限定での販売です。また、2021年1月初旬から同月末までは、オンラインストアでの配送も承りますので、詳しくはお店にお問い合わせくださいね。


日本橋三越本店の人気グルメは、家族団らんのお食事や、年始のお祝い、お酒のおつまみなどにもおすすめしたいものばかり。今回ご紹介したグルメのほかにも、日本橋三越本店限定の商品、期間限定商品、オンラインショップから気軽に買える商品など、気になる商品が目白押しです。ぜひ、みなさんもチェックしてみてくださいね。

※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

  • 日本橋三越本店
  • 営業時間/10:00~19:00(本館・新館1階、地下階は19:30まで営業)
  • TEL:03-3241-3311(大代表)
  • 住所/東京都中央区日本橋室町1-4-1

この記事の執筆者
フリーランスの編集者・ライター。システムエンジニア、プログラマ経験を経た後、2015年にフリーランスの編集者・ライターとして、大きく仕事を転向。その後、子育てメディアのコラム執筆や、グルメやスイーツ、ライフスタイルの記事執筆・編集を中心として活動している。二児の母。茨城県民。好きなもの:激辛の食べ物、麺類、インターネットとゲーム。苦手なものは虫。
Twitter へのリンク
EDIT :
小林麻美