【目次】

【1】大人におすすめなパーカの「色」ごとの印象とは?


パーカを使って大人らしい印象に仕上げるには、最初の「色選び」が肝心です。大人に似合う、かつ着回し力を備えたベーシックカラーの他、おすすめのカラーパーカもご紹介します。

「黒」でカジュアルになりすぎるのを防止

 

大人らしい印象に直結する「黒」を使って、カジュアルなパーカをぐっと引き締め。同じくカジュアルアイテムの代表であるデニムパンツ合わせも、黒の力を使えばシャープな印象も確保できます。

「白」でクリーンなムードを醸して

 

どんな色ともマッチする「白」を使って、クリーンさ際立てれば好印象に決まること間違いなし。混じり気のないクリアホワイトなら、切れ味が加わり都会的にきまります。顔色がアップするのも、嬉しいポイントですね。

「グレー」の知的さを頼りにスタイリッシュに導く

 

洗練された印象を持つ「グレー」を使えば、パーカでもスタイリッシュにきめることができます。見本のような鮮烈カラーのパンツを合わせられるのも、無彩色であるグレーならでは。

「ベージュ」は上品にしたい時にぴったり

 

カジュアルだけど、きちんと上品。そんな真逆の二つを使ったミックス&マッチが今のムードにマッチするので、ベージュパーカも取り入れていきたいです。表情を柔らかく、女性らしく見せてくれます。

「カラー」であえて主張を強くする

 

マインドが高まりそうなカラーパーカを使うのもおすすめです。カジュアル感が余計強くなるのでは? と思いがちですが、あえて強調することでモード感が加わり小洒落て見えるのです。合わせるアイテムは、きれいめなものを選ぶのが大人らしく導くコツ。

【2】インナーを「あえて見せる」と「着ない」で表情を変える


パーカを着る時には、インナーを「見せる」方法と「着ない」方法があります。インナーとのレイヤードコーディネート見本と、パーカ1枚で様になるコーディネート見本をお届けします。

インナーを「見せる」着こなし

白シャツを挟んできちんと感を高める

 

グレーパーカ×黒スキニーではやや味気ないところ、正統派な白シャツを挟んだりきれいめ小物のチョイスでこなれた装いへ着地します。モノトーンスタイルに映える赤のサテンパンプスと、スキニーと繋いだメッシュタイツがカジュアルを女っぽく昇華します。

3箇所から白を覗かせて間延びをなくす

 

黒でリンクさせたパーカときれいめパンツの組み合わせに、白シャツをレイヤード。首、手首、裾の3箇所から白を覗かせれば、黒の上下が間延びせず全体が立体的に整います。赤のチェーンバッグで華やかさをトッピングして、きれいめカジュアルをコンプリート。

黒ハイネックで甘いピンクを引き締め

 

チェック柄やピンクパーカといった心躍る組み合わせを、シックな黒を使って引き締め。ボトムだけでなく、ハイネックとして首元からちらりと見せたり、レザーグローブを足すことで奥行きアップに成功しています。

赤の差し色で映えるパーカコーデに

 

肌色に馴染むベージュパーカを軸に、柄や色を使って気持ちが高まるような自由なコーディネートを堪能。ブルーのチェックパンツと赤のインナー、ヘッドアクセサリーのプレイフルな配色を、黒ジャケットが互いをうまくマッチさせてくれます。

インナーを「着ない」着こなし

異素材合わせでうまくいくオールブラックスタイル

 

ワンカラーコーディネート、かつインナーを仕込まない着こなしでも、異なる素材を組み合わせればぼんやりしません。パーカのプリントや、スニーカーのシューレース、そしてゆらゆら揺れるスウィングピアスもポイントに。

裾のあしらいで変化をつける大人のワンマイルコーデ

 

薄手のニットパーカなら、裾をボトムにインしたりと使い勝手が良いので、一つ持っておくと便利です。リラックス感のある柄パンツに少し裾をインすることで、こなれたバランスへ。淡い配色を黒小物で引き締め、カジュアルをクラスアップ。

レディなアイテムをパーカでドレスダウン

 

レオパードスカートやきれいめ黒小物のレディな組み合わせを、パーカを使ってカジュアルダウン。オーバーサイズを選ぶことで、今っぽいシルエットに整います。パーカが白なので、品の良さはそのまま。

アウターを重ねてメリハリを演出

 

インナーではなく、アウターを重ねることでパーカを立体的にアップデート。ツヤのある黒の上下に馴染むよう、パーカはニュートラルなグレーをセレクト。

【3】「大人らしく」着こなしたコーディネート見本


カジュアルな印象の強いパーカですが、きれいめアイテムとの組み合わせで大人顔に。また、このカジュアル×きれいめのテイストミックスが今のトレンドにマッチして、装いを旬顔に仕上げることができます。

スーツ×カジュアルアイテムが抜群に今っぽい

 

きちんとしたシーンに欠かせない黒のスーツに、あえてカジュアルなアイテムをミックス。パーカなら、その形で黒に立体感を授けることができます。足元もスニーカーで外しつつ、手元にはモノトーンに映えるパステルイエローのバッグをオン。

スリムなパンツと華奢サンダルでメリハリシルエットに

 

身体が少し泳ぐシルエットの白パーカに、ベージュのスリムなパンツを合わせて抑揚を意識。華奢ストラップの黒サンダルやミニバッグで程よく引き締めれば、大人の余裕感漂うエフォートレスルックが完成です。

オレンジのパーカを外し役に投入

 

グレーのチェックジャケット、黒のスラックスときれいめ小物という正統派な着こなしも、鮮やかなオレンジパーカを組み合わせるだけで鮮度たっぷりに。

フードを黒コーデのポイントに活用

 

全身黒で統一したストイックな着こなしも、パーカのフードを覗かせることで親しみやすさを加味。かっこよさはキープしたいので、パーカはグレーが好都合です。

ロングファーコートにはカジュアルアイテムがお似合い

 

合わせるアイテムによっては、迫力が出過ぎてしまうファーコート。そんな時こそカジュアルアイテムをミックスすれば、こなれたバランスへと導くことができます。ライトグレーのパーカで黒とのメリハリを、アンクル丈のデニムパンツ×甲浅のパンプスで肌見せして抜け感を演出。

たおやかなベージュコートで上品に見せる

 

黒パーカにきれいめなスラックスを合わせ、大人らしいバランスを意識。そこに仕立ての良いベージュのコートをプラスすれば、パーカでも品の良い着こなしが叶います。

今っぽさを融合させたトラッドスタイル

 

チェック柄トレンチコートとグレーのクロップドパンツという正統派な着こなしを、パーカを使って今っぽくブラッシュアップ。そんなバランスにマッチするスニーカーは、真っ白を選ぶことできちんと感は損ないません。

【4】「大人可愛い」の絶妙バランスが叶うコーディネート例


親しみやすいパーカを有効活用すれば、やりすぎない「大人可愛い」バランスを手に入れることができます。フェミニンも叶うパーカの振り幅の広さをチェックしてみましょう。

大人がトライしたいミニスカートコーディネート

 

やや気負いがちなミニフレアスカートも、カジュアルなパーカとモードなロングブーツ合わせなら洒落感たっぷりに着こなせます。ラフにまとめたヘアスタイルが、こなれ感を助長。

白のニットパーカでさりげなく愛らしさを

 

白パーカ×黒スキニーパンツのシンプルな上下も、ふわふわとしたニット素材のパーカを選ぶことでほんのり甘さを演出。チェーンバッグや、きりっとした黒のレースアップブーツが大人見えに貢献します。

糖度高めなスカートもパーカにお任せあれ

 

甘さのある白地のドットスカートですが、黒のパーカを合わせれば糖度が中和され垢抜けた表情に。重厚感のある黒ブーツと、軽やかなクリアビーズバッグという小物の軽重バランスも参考にしたいですね。

シックな黒×愛らしいボアが大人可愛いを体現

 

それ一枚ではやや甘すぎたり幼く見えてしまうベージュのボアパーカですが、エレガントな黒サテンスカートでツヤを足すことで、旬のテイストミックススタイルに。小物もきれいめな黒でまとめると好バランスです。

黒パーカをレイヤードしてドッキングデザイン風に

 

イノセントな白のプリーツワンピースは、ビッグサイズの黒パーカを重ねることでドッキング風な着こなしへ。レイヤード術でワンピースをドレスダウンすれば「ちょうど良いフェミニン」が叶います。

くすみピンクパーカ投入で優しげに

 

グレーのチェック柄チェスターコートと黒パンツの端正な着こなしも、くすみピンクのパーカを合わせることでほんのり甘さをプラス。モノトーンスタイルにぬくもりが灯り、好印象です。

可愛らしいブラウンファーコートを黒パーカで今っぽく

 

見た目にもあたたかで、可愛らしい印象のブラウンファーコートは、黒アイテムの組み合わせで引き締め。パーカならカジュアルさが加わり、今っぽいバランスも同時に手に入れることができます。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
Getty Images
EDIT&WRITING :
阿部芙美香