マスクを取ったら「キュッとした締まり感とさりげない血色」が必要です! そこで『Precious』3月号の「賢者のコスメ」では、マスク時代の大人の顔を救う「最新チーク」をピックアップ。

マスクの影響でアイメイクにボリュームがあるぶん、色の力に頼らない「カラーレスチーク」に注目が集まっています。賢者が選んだ、血色感と光で骨格を引き立てる絶妙カラーの最新チークは必見です!

今回ご紹介するのは、ビューティ エディター・安倍佐和子さんがおすすめする、シャネルの「ボーム エサンシエル ロゼ」です。

【前回の記事はこちら】コスメデコルテの「パウダー ブラッシュ 301」

肌の内側から灯りをともすように血色感、立体艶を生む無敵チーク。シャネル「ボーム エサンシエル ロゼ」

チーク_1
ひと塗りでみずみずしい艶を生み出す、コーラルピンクのスティック。色よりも艶が前面に出て、しっとりとした光沢感が。乾燥によるちりめんジワが消えて、まるでエステ帰りのようなツヤツヤの血色肌に。シャネル ボーム エサンシエル ロゼ ¥5,500

年齢とともに失われていく艶と血色感。このどちらもが足りないと生き生きとした印象や幸福感から見放されたも同然、それが大人の肌の悲しい現実だと思っています。

だから「シャネル」『ボーム エサンシエル』を手にしたときの感動は言い尽くせないほど! なぜなら艶と血色感の両方をたった一品で叶えてくれるものだからです。

ソリッドとクリームのいいところだけを追求したテクスチャーは、美容成分と微粒子パールのおかげでしょうか、するんと肌に溶け込んで、内側から光を放つような艷が出現。ロゼの発色も繊細でやわらかく、肌そのものが染まっているかのよう。

クリームチークにはなじみがないという方も、定番ファンデーションがリキッドかクリームなら、自然な仕上がりはパウダーチーク以上。

マスクをはずしたときも艶と血色感が同居しているから、180度生き生きと幸福感で満たされたように見えるのです。(ビューティ エディター・安倍佐和子さん)

\シャネル「ボーム エサンシエル ロゼ」の使用感/

【つき具合】
ワックスによる艶が前面に出るタイプで、見た目の色よりもかなり薄づき。トントンと指でのせるとほんのりと赤みがのる程度に。

【質感】
ゴールド粒子入りだが、超微粒子でギラギラしない。たっぷり保湿ケアしたような艶仕上がりに。

【発色】
コーラルピンク

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

シャネル(カスタマーケア)

TEL:0120-525-519

この記事の執筆者
TEXT :
安倍佐和子さん ビューティエディター
BY :
『Precious3月号』小学館、2021年
化粧品会社、出版社勤務を経て独立。ビューティ・エディター、美容ジャーナリスト。女性誌や美容誌で編集・執筆活動を続けるほか広告、化粧品マーケティングなど幅広い分野で活躍。ホメオパスの資格を有し、フィトテラピーアドバイザーのスキルも。モード系メイクからサイエンス、ホリスティック系まで得意な分野は幅広い。著書に『人と比べない美人力の磨き方 美容エディター安倍佐和子のmy BEAUTY rules 』(講談社)がある。 好きなもの:ハワイ、海、サーフィン、Paris、旅、ダイヤモンド、ワイン、猫、草間彌生、パワースポット、天照大神、箱根神社、北欧デザイン、“イッタラ”、“ アラビア”、月美容、オーガニック、フィトテラピー、ADELE、桃、京都、温泉、赤倉観光リゾート&スパ
公式サイト:公式ブログ
PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)