「10年間は愛し、使い続けたい」 「収納力があり、着こなしにもぴったりと合う」。大人の女性がラグジュアリーなバッグに求める理想を体現したバッグをひとつ、ご紹介します。竹を用いた斬新なデザインで知られるグッチの名品バッグ『バンブー』の、エレガントなホワイト・オーストリッチモデルです。

澄んだオーラで迫力と気品を抱く「ホワイト・オーストリッチ」

ファーやカシミヤなど、高級感のある素材のお洋服がたびたび着こなしの主役になる日が増える、冬。たたずまいを重く見せず、別格のエレガンスを表現してくれる。特別なバッグの素材は…?

その答えのひとつが、オーストリッチ(ダチョウの皮)。ピュアホワイトのオーストリッチが使われたグッチの『バンブー クラシック』は、その好例。遠目には清らかな気品を放ちながら、近づくと濃密な華やぎを演出してくれます。しかも同素材のストラップに加えて、鮮やかな配色の「ウェブ ストライプ」のストラップ(下写真左下)も付属。ありきたりでないラグジュアリー・バッグは、やはりグッチにありました。

バッグ『バンブー クラシック』¥890,000・ジャケット¥465,000・スカート¥150,000・ピアス¥83,000(グッチ ジャパン)

襟やポケットなどにエッジィな遊びがきいた、ブークレーツイードのベージュスーツ。そこにスムースレザーバッグではなく、あえて質感のあるホワイト・オーストリッチバッグを合わせてみましょう。これこそが、ラグジュアリーを愛する大人の流儀です。

2種類のストラップが付属し、斬新なテイストミックスを楽しめる

バッグ『バンブー クラシック』素材:オーストリッチ、サイズ:縦18×横27×マチ6cm¥890,000

同素材の細幅タイプと、斬新なテイストミックスを楽しめるネイビー×レッド配色の「ウェブ ストライプ」の幅広タイプという、2種類のストラップを付属。「本物」や「定番」を知り尽くした今だからこそ、この遊び心が響きます。その日の気分や着こなしに合わせ、贅沢素材との組み合わせを存分に楽しんでみてください。

 ​※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
熊澤 透(人物)、唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
富岡百合子
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
高橋里奈(Precious専属)
EDIT&WRITING :
川村有布子、岡本治子、川口夏希、望月琴海・遠藤智子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦