レクサスが、ついにというかんじで、ピュアEV「レクサスUX300e」を送り出した。発表は2019年秋、発売は20年。でもようやく生産が軌道に乗るのは、21年春から。試乗のチャンスも、21年3月にようやく提供された。ナチュラルで、操縦しやすいクルマ、というのが総じての印象で、待った甲斐があったといえる。

トルクよりも運転の楽しさを追求

全長×全幅×全高 4495×1840×1540mmで寸法は従来からのUXシリーズとおなじ。
全長×全幅×全高 4495×1840×1540mmで寸法は従来からのUXシリーズとおなじ。
最高出力150kW、最大トルク300Nmのモーターで前輪を駆動。
最高出力150kW、最大トルク300Nmのモーターで前輪を駆動。

UXシリーズは、すでにガソリン車とハイブリッド車が発売されている。そこにモーターで前輪を駆動する、今回のピュアEV仕様が加わった。EVといえば、つねに意識してしまうのは走行距離である。いっぽう、UX300eは、ドライブの楽しさを追求している。ここにも、EVならではの特徴があるのだ。

EVといえば、ドイツのプレミアムEVはだいたい、パワフルさを強調している傾向にある。乗ったことがあるかたはご存知のように、軽くアクセルペダルを踏んだだけで、どんっと大トルクでもって発進。電気モーターはエンジンと違って、いきなり最大トルクを出すので、その特性を前面に押しだした設定が多い。

UX300eは、それに対して、ずっと自然な印象だ。加速フィールは、”どんっ”ではなく”すーっ”。発進からして、のけぞるようなトルク感を抑え、アクセルペダルをちょっと乱暴にオンオフしても、車体がギクシャクと動くこともない。これが開発陣のねらいだそうだ。「すっきりと奥深い」というレクサスのクルマづくりのポリシーに合致させようとした、と聞くと、なるほどと思う出来だ。

ステアリングホイールを切ったときの動きも、気持ちよい。すいすいと動くように設計されている。重いバッテリーは床下におさめて重心高を低くするとともに、エンジンより軽いモーターのおかげで、重量物が車体の隅に配置されず、結果としてドライバ−を中心に車両が動く感覚を作りだしている。車体が動くときに、操縦者との一体感があるので、コーナリングやレーンチェンジが期待いじょうにスムーズなのも特筆点といっていいだろう。

駆動用バッテリーの容量は54.5キロワット時。70キロワット時を超えるモデルが多いプレミアムEVほど大きくないものの、加速性能はじゅうぶんだ。走行距離367キロは、とても長いとはいえないものの、「それ以上だと重くなるし、(価格が)高くなる」というレクサスの言葉にもうなずける部分がある。

EVらしさを誇張しないのは戦略か

長時間充電(バッテリーにはこのほうがよい)だと満充電に約14時間。
長時間充電(バッテリーにはこのほうがよい)だと満充電に約14時間。
ホワイトアッシュというオフホワイトのインテリアは居心地がよい。
ホワイトアッシュというオフホワイトのインテリアは居心地がよい。

そもそもUXシリーズは「アーバンクロスオーバー」なるコンセプトで登場しただけあって、車体は全長4.5メートルに抑えられ、どちらかというと、2名乗車で市街地を走りまわるのに向いているモデルだ。今回のUX300eはそのコンセプトにうまく合致したEVといってもいいだろう。

スタイリングはほとんど従来のUXシリーズと変わらない。ボディ側面に「Electric」と入っているぐらいだ。「バージョンC」だとタイヤとホイールが空力的なデザインの専用のものとなるいっぽう、上級グレードの「バージョンL」ではちがいを見つけるのがむずかしい。ひょっとしたらコストセーブの目的があったかもしれないものの、なかなか奥ゆかしい。

作っているひとたちはどう考えているか知らないものの、都会派のSUVであるUXじたいのコンセプトを評価して、そのうえで、エンジンかハイブリッドか電気か、どのパワートレインにするかは、ユーザーの選択にまかせるのは、じつに今っぽいではないか。

ドイツのメーカーのように、AR(仮想現実)をどんどん採り入れるなど、さらに新しい方向へと進むのも、EVのひとつのありかただろう。いっぽう、ナチュラルに生活に溶け込むUX300eのありかたもまた、あたらしいEVのかたちなのだと思う。

UX300eは、バッテリー容量もモーター出力も駆動方式も一つだけ。タイヤサイズを含めた装備に応じて、「version C」(580万円)と、「version L」(635万円)の2グレード構成だ。ピュアEVには環境省や経産省、それに、自治体から補助金がでる。充電環境が自宅など周囲にあるひとなら、試す価値のあるクルマだ。

UX300eでは荷室の床がフラットになり使い勝手が大きく向上。
UX300eでは荷室の床がフラットになり使い勝手が大きく向上。

問い合わせ先

レクサス

TEL:0800-500-5577

この記事の執筆者
自動車誌やグルメ誌の編集長経験をもつフリーランス。守備範囲はほかにもホテル、旅、プロダクト全般、インタビューなど。ライフスタイル誌やウェブメディアなどで活躍中。
TAGS: