『Precious』5月号では、新しい時代にフォーカスした、3つのシーンで映えるおしゃれの決定打を、コーディネート単位で3人のスタイリストがご提案します。

装いがカジュアル方向へと流れている今、Specialな予定がある日のドレスアップは、エレガンスを見つめ直し、おしゃれを進化させる大切な機会。

カフェやレストランのテラス席が心地よい季節になり、友人やパートナーとお出かけする日にまといたいのは「ほんのり透けるワンピース」や「ノースリーブトップス」。爽やかな大人の肌見せを意識したクールな華やぎスタイルを、押田比呂美さんが提案します!

 
押田 比呂美さん
スタイリスト
(おしだ ひろみ)女らしくドラマティックなスタイリングで本誌のエレガンスを象徴。「Special」では、すぐに実践できそうなおしゃれの法則を披露して。

たまにはレストランや劇場といった非日常の空間で、いつもと違うおしゃれを楽しみたい。そんな日は「女らしい肌魅せが、なによりの華やぎ。透ける素材で軽やかに、またボトムさえ端正に引き締めればトップスで大胆に遊んでも安心です」と押田さん。

今回は、ほんのり透けワンピースが上品さと軽やかさを演出する、特別な日のおでかけスタイルをご紹介します。

レース使いのワンピースは辛口小物でシャープ感をプラス! ほんのり透けワンピース │ その2

【「ほんのり透けワンピースコーデ」その1はこちら

Specialな予定のある日に頼りたいのはやっぱり、一枚で様になるワンピースのドレスアップ力。なかでも押田さんが注目するのはオーガンジーやレースなど透ける素材のもの。

「特に袖や肩など、部分的に『ほんのり』透けるデザインがおすすめです。控えめな肌見せで、上品な女らしさが醸し出されるだけでなく、年齢を重ねた大人の肌にも優しいのです。見せ場はあくまで透け感なので、アクセサリーはシンプルに、チェーンバッグなどで軽やかに効かせて」と押田さん。

■1:クラシックな女らしさがふんわりと香り立つチュールレースドレス

春コーデ_1,大人コーデ_1,ワンピース_1,ブレスレット_1,バッグ_1,靴_1
ベルト付きワンピース¥204,600(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、バングル¥44,000(日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ¥196,900(JIMMY CHOO)、靴¥97,900(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

ピッチの異なるベージュのチュールレースをふんわりとあしらった、バレリーナのようにロマンティックなティアードドレス。

黒の細ベルトひとつで、都会的な印象に。風をはらむ繊細なチュールレースでふんわりと。

ダークカラーの細ベルトでウエストマークして、クラシックで甘い雰囲気を都会的なシャープさへと導いて。

■2:アシメトリーな裾でモード感を添える気品溢れる白レース

春コーデ_2,大人コーデ_2,ワンピース_2,イヤリング_1,バッグ_2,靴_2
ワンピース¥214,500(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、イヤリング¥27,500(日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ¥308,000(ブルガリ ジャパン)、靴¥97,900(JIMMY CHOO)

白のロングスリーブでノーブルに肌を包みながら、細くあしらったカットワークレースからのぞく肌見せ具合が絶妙に女らしい一着。アシメトリーな裾で、モードに仕上げるバランス感覚もかっこいい。

足元はヌーディなサンダルで軽やかにまといたい。チェーンバッグがスパイシィなアクセントに。

※掲載した商品は、すべて税込みです。

問い合わせ先

PHOTO :
生田昌士(hannah)
STYLIST :
押田比呂美
HAIR MAKE :
飯嶋恵太(モッズ・ヘア)
MODEL :
石川亜沙美
EDIT&WRITING :
藤田由美