ダークスーツを選ぶ上で決して忘れてはならないのは、あくまでその最大の魅力が「上品さ」にあるということだ。ただお洒落に見せたいからといって、奇抜なデザインに走るのは本末転倒。徹頭徹尾こだわるべきは、エレガントなシルエットとディテールなのである。

若さと威厳の両立がダークスーツの美学!

 そんな観点に立てば、やはり肩ひじ張らない軽やかな仕立てと、若々しいコンパクトなシルエットは必須。かつてはモードブランドにしかなかったすそ幅19.5cmのパンツは、もはや王道と呼んでも差し支えない。そしてもともとスリムシルエットのパンツを好んでいたイタリア伊達男たちの間では、もはやすそ幅18cmの「スーパースリム」だって珍しくないのだ!

 しかしコンパクトなサイズ感は、行きすぎると子供っぽく見えてしまう。よってジャケットの着丈はヒップが隠れる程度のほどよい短丈具合をキープするとともに、男らしさを最もアピールできるポイント、ラペル幅は広めのものを選びたい。

 そう、若々しいサイズ感と大人の威厳あるディテールとの組み合わせこそ、ダークスーツを着る上で最善のバランスなのである。

ジャケットの見極めポイント

1.男らしい幅広ラペル
2.グラマラスなウエストシェイプ
3.気どらないアンコンショルダー
4.エレガントな段返りラペル
5.軽快なショート丈

ダークスーツにおける、モダンなジャケットの条件をひと言で表現するなら、「軽やかさ」に尽きる。肩パッドを省くか、最小限に抑えた「ナチュラルショルダー」に加え、全体的にコンパクトなシルエットこそが正解だ。ただし、大人のスタイルとして決して譲ってはならないのが「男らしさ」。8.5cm以上の大ぶりのラペルやメリハリの利いたシェイプで、ちまたの若造たちを圧倒する「格」を主張するのだ。(ビームス F<ラルディーニ>)※参考商品

パンツの見極めポイント

1.精悍なほどよいローライズ
2.美しきシェイプされたひざ幅
3.若々しい極細パンツ

スーツスタイルの時代性が最も象徴されるのがパンツ。もう10年は続いている傾向だが、やはりここは細身のシルエットが正解。その目安となるすそ幅は、19~19.5㎝が基準。20~21㎝ならより大人っぽく、18㎝ならより若々しい印象に舵を切る。股上も浅く太もももタイトに設定した、全体的に細身のパンツがトレンドの王道だが、近年はタックを入れたゆとりのあるものも再登場。洒落っ気を主張したいならこれもあり!(ビームス F<ラルディーニ>)※参考商品

 モダンなダークスーツをつくっているのが、ラルディーニだ。すそ幅19cmと軽快かつカジュアルタイトなシルエットをベースにしながらも、ラペル幅などのディテールで大人の男としての品格は堅持している。着ればだれもが格好よく見えると評判だ。8つのポイントを抑えつつダークスーツ選びの参考にしてほしい。

この記事の執筆者
TEXT :
山下英介 MEN'S Preciousファッションディレクター
BY :
MEN'S Precious2013年秋号 ダークスーツの、 完璧なるバランス美学に刮目せよ!より
MEN'S Preciousファッションディレクター。幼少期からの洋服好き、雑誌好きが高じてファッション編集者の道へ。男性ファッション誌編集部員、フリーエディターを経て、現在は『MEN'S Precious』にてファッションディレクターを務める。趣味は買い物と昭和な喫茶店めぐり。
クレジット :
撮影/小池紀行(静物/パイルドライバー) スタイリスト/村上忠正 ヘア&メーク/MASAYUKI (the VOICE) モデル/Cuba  構成/山下英介(本誌)
TAGS: