冬のコート選び、進んでいますか? 寒くなるとつい頼りたくなるのが「ダウンコート」の存在ですが、今年は一風変わった「モードなダウン」が登場していると話題になっています。

一般的には「機能性重視のアウター」として見られがちなアイテムですが、オシャレな海外セレブの間では、「オーバーサイズ」や「極彩色」など、プレイフルなデザインのダウンが流行っている模様。シンプルなダウンは、お手頃プライスのブランドで手に入れている。なら、次はデザイナーブランドやラグジュアリーブランドで「大胆なダウン選び」をしてみると、おしゃれの幅がぐっと広がります。

モードに昇華するダウンジャケットのコーディネート3選

■オーバーサイズすぎるMA-1型ダウン

スタイルを確立するの「大胆なサイズ選び」が鍵

ストリートスポーティの定番、MA-1を絶妙に着崩すなら、中綿で大きさが強調された「オーバーサイズすぎる」サイズ感の、ダウンコートタイプがオシャレ! 中身はブラックワントーンでまとめ、ハードなパテント素材やプリントTシャツなど、主張あるアイテムを組み合わせることで、独自の個性を引き出すことができます。

■スタイルアップを狙った「極彩色」ダウン

脚長効果ある「ショート丈」コートの重要性

どこから見ても目を引く「極彩色」も、海外のストリートでは人気のもよう。こちらのマダムの「赤」を効果的にちりばめた、「計算しつくされたトータルコーディネート力」は表彰ものです。目線が上にいくよう、ショート丈のダウンを選ぶあたりも、プロ級。傘選びまで手抜きしない、完璧なスタイルはさすがです!

■メリハリあるオールブラックの艶ダウン

黄金バランスの鍵は「ウエストマーク」術

お得意の「オールブラック」でモダンシックなダウンスタイルを確立したのは、世界中にファンをもつファッションエディター、エマニュエル・アルト。ボリュームあるダウンコートをウエストでぎゅっと絞って、女性らしいメリハリあるボディラインを意識している様子。パリジェンヌの冬の美スタイルを叶える着こなしテクニックは、ベルト使いにあるようです。

個性的に「ダウン」を着こなすファッション玄人たち

今回は、海外のおしゃれマダムたちが注目する「ダウンコート」トレンドの実態を検証しました。どうやら、「ダウン=機能性重視」という、世の常識を覆すようなモードな着こなしが進出しているようです。サイズ感や色選びで独自のスタイルを生み出している彼女たちの着こなしを、マンネリする冬アウタースタイルのお手本にしてみましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃