この日は白に、帽子のリボンの色と合わせたロイヤルブルーのパンツで引き締め効果を狙ってみました。見えないけれど、インナーは白タートル。マント/Mikako Nakamura パンツ/インコテックス 帽子・靴/バーニーズ ニューヨーク

白=膨張色ということは知りつつも
白という色が大好きです。
ことに「冬の白」がもつ冴えた雰囲気と
ダークな色が増える街で際立つその効果は、
いくら膨張色でも見逃せません。
そこで白を選ぶときは、とにかくシルエットを重視。
アウターもパンツも細身であることはもちろん
写真のマントのようなボリューム感のあるアイテムは
落ち感のいい素材を選んで、着膨れしないように。
合わせるアイテムには締め色を選ぶと安心ですが、
せっかくの白を生かして
クリーミーな配色を楽しむときは、小物などに
エナメルやシルバーといった光沢素材を加え、
シャープな印象を出せるように意識します。

この着こなしで訪れたのは、
12月1日にリニューアルオープンした
「シャネル 銀座並木」の内見会でした。
プレタポルテがそろう4階の奥は
マドモアゼル シャネルの部屋に置かれていた
コロマンデル屏風をイメージしたという
黒とゴールドの装飾が、モダンかつラグジュアリー。
しかもこの“一見、壁”は、開けると服やバッグなどの
美しいディスプレイが内側に秘められています。
本国パリ以外では、初のトリートメント サロンも
併設されているなど、シャネルの世界観を
体中で感じることができる贅沢な空間でした。

左から/Mikako Nakamuraは、セミオーダーが基本のブランド。このマントも、身長に合わせて丈をカットしています。たたむとフラットになるデザインは、特に旅行のときに重宝。飛行機などでは、ひざ掛け替わりにもなってくれます。表がカシミア素材になった”ヘルノ”のダウンは、薄手でも暖かな優れもの。帽子、手袋、マフラーは、すべてセールで購入したもの。プロパーで買うのがためらわれる白やキレイ色は、セールで買うのも手ですよね。

あまりに「冬の白」を探し歩いていたので
おなじみのブティックでは、よく
「今年も探しているの?」と笑われたほどですが
その一部をご紹介したいと思います。

写真で着ているマントは、適度に重みのある
カシミア素材がポイント。
布地の量感があって、翻るとまさに
「冬の白」ならではの鮮やかさがあるのですが、
広がりすぎないのがポイントです。
ダウンは、ウエストがシェイプしたデザインのうえ
中のダウンも薄めなので、着膨れを回避できます。
パンツはどちらも細身のインコテックスのもの。
わずかにピンク味を感じる、すそがダブルのパンツは
グレージュとの相性が抜群です。
MY定番の白クロップドは、それこそ万能。
黒、グレー、ネイビー、ブラウンetc.
ありとあらゆるダークカラーを
明るい印象に導いてくれる、出番が多い一本です。
さらに手袋、帽子、ストール、あるいは時計などで
少量の白を差すと、
すっきり感がいっそう高まる気がします。
ちなみに今、いちばん欲しいのが、
白のレザースニーカー。バランスのよさを考慮し、
足だけがぼってり見えない細身のタイプを
絶賛、捜索中です!

(写真/エディターK&J 文/エディターJ)

【身長152cmの着こなし】シリーズはこちら

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。