世界で活躍する紳士たちは、理想の紳士に近づくために、どんな装いや名品を手にしているのだろうか。彼らが選ぶ「洒落モノ」を知ることで、我々もまた、見果てぬ夢を追いつづけることができる。そこで、12月6日発売のMEN'S Precious冬号では、日本を含む9か国45人の伊達男にモノ選びの基準や具体的なアイテムを指南してもらった。

大人になってはじめてわかる名品の味

MEN'S Precious冬号大特集「世界紳士の絶対名品」より

 若い頃は今ひとつピンとこなかったアートや文学も、年をとるにつれて、自ずと理解を深められるようになる。モノも同様で、ただ知識を詰め込むだけでなく、人生経験を重ねることで、自分の身の丈に合ったものを選び、使い込んでいく。そうして名品は出来上がるのだ。

「名品モノ語りマガジン」が自信をもっておすすめする新スタンダード

本当の名品を手に入れるなら、まずはメンズプレシャス秋号(2017年10月6日発売)を手に取るべし!

 宣伝文句としての「名品」が氾濫している今、創刊から一貫して本物の名品と、それにふさわしい紳士の生き方を紹介してきた「名品モノ語りマガジン」、MEN'S Preciousは、大人の人生を豊かにしてくれる新スタンダードを世界9か国、45人の伊達男から徹底取材。詳しくは、12月6日から書店に並ぶ冬号の大特集をご覧いただきたい!

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク