一生もの買いをするならば、やはり何かの記念として。2014年は第二子を出産し、仕事も無事復帰。そろそろ何か…の欲望が芽生え始めています。候補はファッションプロの間でも定評のある『ポートフィノ・クロノグラフ』。男前なビッグフェースのなかに、シルエットの繊細さが際立っていて。つけるイメージは、白シャツ×デニムのカジュアルスタイル。笑いジワを美しく刻み、ノーメークでも「人間力」で輝ける。そんなナチュラルな女性の手元にも美しくなじむと思うんです。

時計『ポートフィノ・クロノグラフ』[ステンレススチール/ケースサイズ直径42㎜/自動巻き]¥700,000(税抜)

■クラシックな革ベルトのほか、女性の華奢な手首にもしなやかにフィットする、ミラネーゼ・メッシュ・ブレスレットなども多彩にラインナップ。

問い合わせ先

※この情報は2015年6月1日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

この記事の執筆者
TEXT :
高杉しのぶさん スタイリスト
BY :
『Domani6月号』小学館、2015年 / 2017.8.25 更新
1977生まれ。スタイリスト徳原文子氏に師事。4年間のアシスタント期間を経て独立。ベーシックに今っぽさをほどよく取り入れたカジュアルなスタイリングが得意。5歳と1歳の男の子のママ。
クレジット :
撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) スタイリスト/三好 彩(ファッション)、西﨑弥沙(プロップ) 文/岩谷知美