お歳暮として贈ったり、いただいたりする”もの”は、昔からの習わしである食料品が一般的。食料品は、贈る相手の好みが分からなくても選びやすいジャンルの品物です。とはいえ、せっかくなら相手がより喜ぶものを選びたいもの。さらには定番で人気の商品はもちろん、最近の傾向などお歳暮の流行もおさえておきたい!

そこで今回はお歳暮市場の代表的存在、伊勢丹新宿本店 食品・レストラン統括部のギフト担当マネージャーに、最新のお歳暮事情についてうかがいます。

贈る商品の価格帯はどうする?

いくらくらいのものを贈るか、その予算設定は相手との関係によって決めることが多いものです。「御歳暮」は毎年贈るものなので、その年によって予算を変えないのが基本。¥3,000から¥5,000のものが主流です。

「御歳暮」を贈りそびれて「寒中御伺」で贈る際も、「御歳暮」と同じ金額と考えるといいそう。一方「御年賀」は、ご挨拶に伺うのが一番の主旨のため、年始のご挨拶を玄関先で失礼するような方(ご近所など)への予算は¥1,000〜¥3,000、目上の方のお宅(本家・親族・恩師など)を訪ねる場合は¥3,000~¥5,000くらいと予算に幅があります。

三越伊勢丹の人気お歳暮ランキング

気になるのがお歳暮の人気ランキング。今回は1~5位まで紹介いただきました。

・1位:洋菓子
・2位:ビール
・3位:ハム
・4位:佃煮
・5位:ジュース

やはりすべてが食料品で占められ、1位から3位は不動の人気ジャンル。4位、5位は入れ替わることもありますが、常に人気の品物なのだとか。

各ジャンルで特に人気の品を聞いてみました。

■人気1位:見た目が鮮やかな「洋菓子」

E-ZEY JAPAN(イーゼイ ジャパン)ウインターショコラ&クッキー¥3,240(税込)

「桜の花を模した見た目のかわいいチョコレートとショコラバー、クッキーといった焼菓子の詰め合わせ。希少糖を使ったショコラバーは食感も楽しく、おすすめです」

■人気2位:デザインに高級感がある「ビール」

東京国立博物館 限定ギフト サントリー 吉原 不二の沼浮島か原 ザ・プレミアム・モルツダブルセット(ザ プレミアム モルツ×8缶、ザ プレミアム モルツ香るエール×4缶、各350ml)¥3,240(税込)

「プレミアム感のあるビジュアルで毎回人気のビールです。こちらは東京国立博物館限定ギフトで、缶に施されているのは歌川広重の作品『吉原 不二の沼浮島か原』。数多くの東海道の揃物を手がけた広重が、最後に描いた東海道のシリーズです」

■人気3位:パッケージが豪華な「ハム」

東京国立博物館 限定ギフト 鎌倉ハム富岡商会 檜図屏風(ひのきずびょうぶ) 熟成布包みロースハム(国産豚肉使用)¥5,400(税込)

「定番商品のハムでも限定の商品は人気。国宝絵画をあしらった箱入りの、鎌倉ハム富岡商会 東京国立博物館 限定ギフトは見た目の豪華さも◎」

■人気4位:小分けで食べやすい「佃煮」

浅草今半 あさくさつぼ味¥3,240(税込)

「牛肉佃煮の元祖として知られる今半のお惣菜が、6種類詰められた贅沢な品物。上品なその味はもちろんのこと、ひとつひとつの惣菜が、食べ切りサイズの小分けパックになっているのも便利です」 

■人気5位:果実100%の「ジュース」

E-ZEY JAPAN(イーゼイ ジャパン)日本の桃ストレートジュース¥3,240(税込)

「国産ならではの品質にこだわったストレート果汁のジュースは、お子様のいるご家庭に贈る品としても人気です」。「あかつき」「黄金桃」「川中島白桃」の3種類の桃を、飲み比べて楽しめるのもうれしいですね。

伊勢丹オンラインストアでの購入も年々増加傾向

オンラインでの購入割合は、なんと毎年2ケタ増! 忙しい年末、百貨店に足を運ぶ時間がないという人や、遠方に住む人による利用が増えているのだそう。さらに、最近の人気の傾向はズバリ「SNS映えする商品」。こちらはお歳暮に限らず、パーソナルギフトや自分用として買う人が増えているのだとか。

「お歳暮の購入者は40~50代のお客さまが中心ですが、儀礼ギフトだけでなくパーソナルギフトをお買い求めになる方に向け、“インスタ映え”する商品を増やしているので、30代の購入者も年々増加しています」

お歳暮はお世話になった方への、一年の締めのご挨拶ギフト。受け取った方により喜んでもらえる、気の利いた品を差し上げたいものです。お歳暮や年末年始のご挨拶のセレクトの、参考にしていただければ幸いです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
松崎愛香
EDIT :
青山 梓(東京通信社)