素朴さと新しさを兼ね備えた「シュークリーム&エクレア」

雑誌編集者は、取材先や関係者からの差し入れなど、さまざまな場面でスイーツを口にする機会が豊富。そんな「スイーツ通」ともいえる編集者を代表し、雑誌『Precious』編集部のお気に入り、そして、手土産にもぴったりなスイーツを厳選しました。 ご紹介するのは、どこか懐かしい印象のスイーツである、シュークリームとエクレア。ノスタルジックな定番品から、味やデザインが斬新な「進化形」まで、5つの名品がそろいました。

左上から反時計回りに/1:シュクリムシュクリの「シューシュクリ」¥269(税別)、2:アンダーズ 東京 ペストリーショップの「エクレア(スモール)」¥220 (税別)、3:クレーム デ ラ クレームの「バトンシュー 京の白味噌」¥388(税込)、4:ルコントの「スウリー」¥454(税込)、5:欧風菓子 クドウの「シュークリーム」¥248(税込)、すべて取り寄せ不可・日持ち/当日限り

■1:シュクリムシュクリの「シューシュクリ」

「シューシュクリ」¥269(税別)

2015年、池袋にオープンした行列の絶えないシュークリーム専門店「シュクリムシュクリ」。3層の生地を使用しており、表面はマカロン生地、真ん中に企業秘密のもちもち生地、その下にはシュー生地を使用しています。レアチーズのようなさわやかな酸味のクリームも美味。「サクッ&もちっ」が特徴の、新食感のシュークリームです。

問い合わせ先

■2:アンダーズ 東京 ペストリーショップの「エクレア」

エクレア(スモール)」¥220(税別)

約6cmのひと口サイズで、差し入れにもぴったりな、「アンダーズ 東京」の看板スイーツ。ラズベリー&ローズやピスタチオなど、旬の素材を使ったエクレアが常時約9種類そろいます。12cmほどのラージサイズもあるので、用途に合わせてセレクトできるところも魅力。3日前までの予約で、「誕生日おめでとう」などのメッセージを書いてもらうこともできます。

問い合わせ先

■3:クレーム デ ラ クレームの「バトンシュー 京の白味噌」

「バトンシュー 京の白味噌」¥388(税込)

「クレーム デ ラ クレーム」は、そばぼうろなどの焼き菓子の老舗「石田老舗」がプロデュースしたお店。クリームには「御幸町 関東屋」の特注白みそを使用し、餅をイメージして入れられた粟麸(あわぶ)は「半兵衛麸」のもの。3つの京都の老舗がコラボレーションした、「京のお雑煮」を思わせるお味のシュークリームです。

問い合わせ先

■4:ルコントの「スウリー」

「スウリー」¥454(税込)

1968年創業、本格的なフランス菓子を日本に広めた名店「ルコント」の定番スイーツ。シューの中には、バニラの香りが豊かな濃厚カスタードクリームがたっぷりと詰まっています。「スウリー」とはフランス語で「ねずみ」という意味で、その姿を耳はアーモンド、目と尻尾はチョコレートで表現。食べるのがもったいなくなるほどのキュートな姿に、大人の女性もノックアウトされること間違いなし!

問い合わせ先

  • ルコント
  • 営業時間/9:00~19:00(平日)、10:30~19:00(土・日・祝)
    TEL:03-3447-7600
    住所/東京都港区南麻布5-16-13

■5:欧風菓子 クドウの「シュークリーム」

「シュークリーム」¥248(税込)

創業45年、神奈川県に本店を構える洋菓子店の人気商品。高温ですばやく焼き上げるシュー生地は、驚くほど軽くやわらか。ひと口食べると、中からカスタードクリームがとろりとあふれます。ほのかにブランデーが効いた、大人の味のシュークリームです。

問い合わせ先

定番商品から、モダンな味やデザインのものまで、個性あふれるシュークリームとエクレア。だれもが幼いころから慣れ親しんだ定番スイーツなので、「外さない」アイテムでもあります。受け取った相手の笑顔が浮かぶ、このうえなく愛らしい手土産です。

※この情報は一部、2015年12月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

PHOTO :
鍋島徳恭
STYLIST :
肱岡香子
EDIT&WRITING :
田中美保・赤木さと子(スタッフ・オン)、世古京子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦