やはり、決め手は安心感。目上の方へ敬意を伝える、伝統と信頼の老舗の名品

さまざまな場面で、手土産を用意する機会の多い新年。特に、目上の方への手土産には、「ありきたりではなく」、「外さない」というふたつのポイントをおさえたいですよね。そこで、「お遣い物」のプロが選りすぐった、とっておきの逸品を雑誌『Precious』から厳選。ご紹介するのは、伝統と信頼に裏打ちされた老舗の4つの名品です。

■1:廚 菓子 くろぎの「まゆら」

¥4,000(税込)取り寄せ不可・日持ち/2日

ギフトコンシェルジュ・真野知子さんのおすすめは、予約がとれない日本料理店「くろぎ」が手がける和菓子店の「まゆら」。端正な桐箱の中に、美しい瓶入りでおさめられたわらびもちは、優しい味が決め手です。

「抹茶味と黒みつ味の2種入りで、しっかりとした弾力は希少な本蕨粉ならでは。甘さ控えめに仕上げてあるので、セットになったきな粉、青えんどう豆と抹茶を合わせた鶯粉の味が引き立ちます」

問い合わせ先

  • 廚 菓子 くろぎ 
  • 営業時間/9:00〜19:00
  • TEL:03-5802-5577
  • 住所/東京都文京区本郷7-3-1 国立大学法人 東京大学 本郷キャンパス春日門側 ダイワユビキタス学術研究館1階

  •  

■2:廣尾瓢月堂の「六瓢息災」

20個 ¥3,000 取り寄せ可・日持ち/30日

ファッションブランドPR・平塚ユカリさんのおすすめは、しょうがやナッツなど滋養満点の素材をタルト生地でサンドした手づくりの焼き菓子、「六瓢息災(むびょうそくさい)」。心遣いをさりげなく伝えられる、心憎いネーミングも魅力です。

「もともとは母が手土産としてよく利用していたもの。無病息災にかけたネーミング、箱に描かれた瓢箪の絵も縁起がよく、プラスαの気持ちが伝わります。個包装で日持ちがするのもポイントです」

問い合わせ先

■3:銀座うち山の「焼きごま豆腐」

3個 ¥1,800 取り寄せ可・日持ち/冷蔵庫で1週間

ファッションデザイナー・八巻多鶴子さんのおすすめは、香り豊かなごまをじっくりと煎り、吉野葛と合わせてつくる、銀座うち山の「焼きごま豆腐」。ミシュラン1ツ星の味を自宅で手軽に楽しめる、知る人ぞ知る名品です。

「手間ひまかけた、なめらかで優しい味で、外側はカリッと香ばしく、中はとろりとした食感はこちらならでは。意外と迷う、ご夫婦ふたり暮らしの方への贈り物に重宝します。温めるだけですぐにいただけるのも人気の秘密です」

問い合わせ先

  • 銀座うち山
  • 営業時間/11:30〜15:00、18:00〜23:00(日・祝〜22:00) 
  • 定休日/祝日の月曜日、最終日曜日の夜 
  • TEL:03-3541-6720
  • 住所/東京都中央区銀座2-12-3 ライトビルB1

■4:銀座ハプスブルク・ファイルヒェンの「テーベッカライグロース」

¥5,000 取り寄せ可・日持ち/1週間

クリエイティブディレクター・佐藤可士和さん率いるクリエイティブスタジオ「SAMURAI」マネージャーの佐藤悦子さんのおすすめは、銀座ハプスブルク・ファイルヒェンのクッキー詰め合わせ、「テーベッカライグロース」。誠実さと温かみが感じられる、折り目正しいスイーツです。

「目上の方には流行に左右されない王道のものでありながら、まだあまり知られていない新定番の品を贈ります。オーストリアの伝統的なクッキーの詰め合わせは、上品な味と見た目で、きちんとした空気が必要なときにも応えてくれる、頼もしい一品です」

問い合わせ先

長きにわたって多くの人に愛されてきただけあり、贈る側の私たちも安心感のある老舗の名品。相手にさりげなく敬意をお伝えできるものでもあるので、日ごろから尊敬している上司や取引先の方など、目上の方への手土産にふさわしい逸品なのです。

※掲載した商品は一部を除きすべて税抜です。
※この情報は2015年12月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

PHOTO :
鍋島徳恭
STYLIST :
肱岡香子
EDIT&WRITING :
田中美保・赤木さと子(スタッフ・オン)、世古京子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦