暖かい部屋から外へ出かけるときや、冷え切った外から空調の効いた店に入るとき。そんな当たり前の日常の中でも、肌は日々ダメージを受けているといいます。そんな環境下にさらされた肌に働きかけてくれるのが、「熱ショック」に着目したクラランスのスキンケアライン。美容液に加え、肌状態やテクスチャーの好み、気分に合わせて選べる5つの保湿アイテムが登場します。

肌には自ら水分を保つ機能が備わっていて、肌表面から適切な水分蒸発や角質層での水分保持を担うことで、肌のうるおいを守っています。ところが、毎日の生活で直面する気温や湿度の変化が水分バランスに影響し、その働きを乱し、肌の乾燥を招くということをクラランスの研究チームが発表しました。

温度が高いときには、熱を下げるために発汗し、表皮の水分蒸散量が高くなることによって肌表面は水分不足になります。逆に、温度が低いときは熱を体内に保つために通常の真皮から角質層への水の流れが低下し、肌表面は水分不足の状態に陥ってしまうといいます。

肌と類似点を持つキー成分「セイロンベンケイ」

保水力のバランスが崩れた肌の水分量を保つためのキー成分として、クラランスが着目したのは「セイロンベンケイ」という多肉植物の一種。セイロンベンケイは、マダガスカル原産の多肉生性の多年草で、生命力の象徴として「Leaf of life(生命の葉)」とも呼ばれています。たとえ葉が折れても、そこからいくつもの芽を出してさらに成長をするといいます。さらに、樹液がたっぷりと詰まった多肉多汁の葉は、水分を持った葉汁のおかげで、乾燥した周りの環境に順応することができます。こうしたセイロンベンケイの保水システムは、外膜、表皮、柔組織の3層から構成。これは、角質層、表皮、真皮からなる皮膚の保水システムに非常に似た構造を持ち、皮膚のそれぞれの層に働きかけます。肌の水分を保持する「スポンジ分子」の合成を促すことで、保水性を回復。肌が自らうるおう力を高めるのです。

キー成分となる「セイロンベンケイ」

真冬こそ取り入れたい、充実の保湿ラインナップ

肌本来の水分保持機能を高めることに着目した、新スキンケア。美容液と、保湿力と仕上がりの好みで選べるクリームやエマルジョンがラインナップします。アイテムのすべてにセイロンベンケイのほか、肌のバリア機能を高める有用成分を配合しています。

イドラ エッセンシャル インテンシヴ セラム 30ml ¥7,200(2018年1月1日発売)

美容液「イドラ エッセンシャル インテンシヴ セラム」は、濃密オイルとうるおいウォーターの2層で肌のうるおいを保つ保湿セラム。即効的に肌のふっくら感を感じられる仕上がりです。

イドラ エッセンシャル クリーム50g ¥6,200(2018年1月1日発売)
イドラ エッセンシャル ライトクリーム50g ¥6,200(2018年1月1日発売)

「イドラ エッセンシャル クリーム」は、リッチなテクスチャーのクリーム。必須脂肪酸オメガ3を豊富に含むほか、保湿効果の高いシソを配合し、もっちりとした肌へ導きます。「イドラ エッセンシャル ライトクリーム」は、フレッシュな使用感。ウォーターベースのテクスチャーで、軽やかながらも内側から満たされた肌に仕上げます。

イドラ エッセンシャル エマルジョン50g ¥6,200(2018年1月1日発売)

「イドラ エッセンシャル エマルジョン」は、シルキーテクスチャーの乳液。とろけるように肌になじみ、上質なシア脂が肌を守ります。

イドラ エッセンシャル ジェル 50g ¥6,200(2018年4月27日発売)

「イドラ エッセンシャル ジェル」は、シャーベットのようなフレッシュな使用感が特徴です。うるおいながら肌を引き締めるので、ベタつきやメイク崩れの気になる春夏のシーンに活躍必至。また、グリーンアップルの香りから始まり、ジャスミンとバラの香りにウッド、バニラの、ムスクのニュアンスを掛け合わせたグリーンフルーティの香りが、使うたびに心をリフレッシュしてくれます。

新しいラインナップは、すっと背筋が伸びるような爽やかなブルーのパッケージも印象的。新しい一年の始まりにぴったりです。寒さや乾燥といった過酷な状況にも負けない、健やかな肌に導いてくれる頼もしいラインナップ。ぜひ、肌で体験してみてはいかがでしょうか?

※掲載した商品の価格は、すべて税抜きです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
八木由希乃