気分が華やぐ春には、ラグジュアリーホテルのラウンジやレストランといった非日常的な空間の中で、優雅にアフタヌーンティーを楽しんでみませんか?

各ホテルでは、旬のいちごを使ったメニューや、美しい新緑を思わせるようなグリーンのアフタヌーンティーなど、春らしいメニューが多数登場しています。本記事では東京・関西を中心に、春のアフタヌーンティーメニューを5つピックアップしてご紹介します。

優雅な午後に!ラグジュアリーホテルの春のアフタヌーンティー5選

■1:サステナブルな食材を活かした緑のアフタヌーンティー/グランド ハイアット 東京

スイーツ_1,ティー_1,ホテル_1,サステナブル_1,東京_1
「森のグリーン アフタヌーンティー」平日 ¥5,720、土日祝(グラスシャンパン付)¥6,820(いずれも税込・サービス料別)

都会の喧騒にそびえ立つダイナミックなラグジュアリーホテル「グランド ハイアット 東京」の2Fオールデイ ダイニング「フレンチ キッチン」では、サステナブルな食材を積極的に使ったメニュー「森のグリーン アフタヌーンティー」が、2022年4月16日(土)〜6月30日(木)の期間、提供されます。

例えば、製造する過程でこれまでは廃棄されてきたカカオのフレッシュな実を捨てず、カカオ豆と一緒に生産されたチョコレート。そんなサステナブルな食材や、春らしいグリーンを感じさせるピスタチオや抹茶を使ったスイーツなどが並びます。

アフタヌーンティーの売上の一部が森林整備などの森づくりを中心に活動している「緑の募金」へ寄付され、SDGsへの貢献へと繋がっています。アフタヌーンティーを楽しむだけで社会貢献ができる、そんな素敵なメニューとなっていますよ。

提供時間は15:00〜17:00(ラストオーダー16:00)で、平日は2時間制、土日祝は90分制です。

問い合わせ先

グランド ハイアット 東京「フレンチキッチン」

TEL:03-4333-8781(直通)

スイーツ_2,ティー_2,ホテル_2,サステナブル_2,東京_2
「グリーン アフタヌーンセット」¥4,950(税込・サービス料別)

さらに、「グランド ハイアット 東京」の1Fイタリアン カフェ「フィオレンティーナ」でも、2022年4月1日(金)〜5月31日(火)の期間、スイーツとセイボリーがワンプレートで楽しめる「グリーン アフタヌーンセット」が登場します。

こちらも植物性由来の食材で作られた代替肉「オムニポーク」のポルペティーニや、責任ある供給源から仕入れた「タラのブランダードコロッケ」など、SDGsに貢献できるメニューです。

15:00〜17:00はコーヒーや紅茶などと楽しめる「グリーン アフタヌーンセット」、17:00〜20:00はワンプレートの軽食とともにスパークリングワインや赤・白ワインのフリーフローを楽しめる「グリーン アペリティーボプレート」(¥6,600)が提供されるなど、時間によっていろいろな楽しみ方ができるのも魅力です。

問い合わせ先

グランド ハイアット 東京「フィオレンティーナ」

TEL:03-4333-8713(直通)

■2:本格的な飲茶とスイーツが楽しめるチャイニーズ・アフタヌーンティー/ANAインターコンチネンタルホテル東京

スイーツ_3,ティー_3,ホテル_3,サステナブル_3,東京_3
「チャイニーズ・アフタヌーンティー」¥8,701(税・サービス料込)

東京・赤坂にある「ANAインターコンチネンタルホテル東京」にある中国料理「花梨」では、2022年5月29日(日)までの木金土日祝日限定で、本格的な飲茶メニューと合わせてスイーツを楽しめる「チャイニーズ・アフタヌーンティー」が提供されています。

ひとつひとつ皮から手作りされる蒸し餃子や小籠包、人気のごま団子など、全17品のメニューを、香りや味わいの異なる8種類の中国茶やコーヒー、紅茶とともに楽しめるアフタヌーンティーです。

それぞれ提供時間は第1部が11:30~、第2部が14:00~、第3部が17:30~(第3部は土日祝のみ)となっており、2時間制。3日前までの要予約となります。中国式のアフタヌーンティーを存分に満喫してくださいね。

問い合わせ先

ANAインターコンチネンタルホテル東京
中国料理「花梨」

TEL:03-3505-1185
(レストラン予約 9:00〜21:00)

■3:ニューヨークの5番街のファッションアイテムをモチーフに/「セント レジス ホテル 大阪」

スイーツ_4,ティー_4,ホテル_4,サステナブル_4,東京_4
ストロベリーアフタヌーンティー「フィフス・アベニュー・スプリングコレクション」¥7,000、グラスシャンパン付 ¥9,000(いずれも税・サービス料込)

大阪の中心街に位置するラグジュアリーホテル「セント レジス ホテル 大阪」では、2022年5月頃(終了時期未定)まで、ストロベリーアフタヌーンティー「フィフス・アベニュー・スプリングコレクション」が提供されています。

1904年に創業された「セント レジス ニューヨーク」の位置するニューヨーク5番街の煌めくショーウィンドウに並ぶファッションアイテムをモチーフに、カラフルでインスピレーションにあふれるスイーツとセイボリーが並びます。

スイーツ_5,ティー_5,ホテル_5,サステナブル_5,東京_5
ニューヨーク5番街のファッションアイテムがモチーフ

スイーツでは、インパクトのあるギンガムチェック柄をまとった「ライムと苺のマカロン」や、バケットバックをモチーフにした「苺とチョコレートバスケット」など、各メゾンから続々とラインナップされたトレンドを反映したアイテムが勢揃い。

上質ないちごや春野菜など、旬のトレンドとおいしさを両方楽しめるアフタヌーンティーに仕上げられていますよ。

場所は12F「セントレジスバー」、時間は12:00、12:15、12:30、14:30、14:45、15:00それぞれスタートで、2時間制、90分ラストオーダーとなります。

問い合わせ先

セント レジス ホテル 大阪「セントレジスバー」

TEL:06-6105-5659
(レストラン予約 10:00~19:00)

■4:赤と白をテーマとしたアフタヌーンティーが登場/リーガロイヤルホテル東京

スイーツ_6,ティー_6,ホテル_6,サステナブル_6,東京_6
「苺のアフタヌーンティー “エメ・ブラン”」¥5,000(税・サービス料込)

ヨーロピアン・クラシックに統一されたインテリアの中、くつろぎの時間を過ごせる「リーガロイヤルホテル東京」では、2022年4月30日(土)まで、「赤と白」をテーマにしたアフタヌーンティー「苺のアフタヌーンティー “エメ・ブラン”」が提供されています。

タイトルの「エメ・ブラン」は、いちごの花言葉である「尊重と愛情」より、フランス語で「愛情」を意味する「aimer(エメ)」と白を意味する「blanc(ブラン)」を組み合わせた造語なのだそう。

人気の高いいちごのショートケーキやタルト、マカロンなどがラインナップされており、軽食にもいちごを使ったフリットなどが用意されています。ひとり1杯限定で楽しむことができる「Empereur de l'aube ~アンプルール ド ローブ~」は、トニックウォーターとアマレットのシロップに、いちごを丸々3粒使用したノンアルコールカクテルです。

場所は「ガーデンラウンジ」にて。14:00〜17:00の間の2時間制で、事前予約が必要となります。期間中「いちご柄」の洋服や小物などを持参した方には、ホテル特製の焼き菓子のプレゼントもありますよ。ぜひいちごモチーフのアイテムとともに、アフタヌーンティーを楽しんでくださいね。

問い合わせ先

リーガロイヤルホテル東京「ガーデンラウンジ」

TEL:03-5285-1121

■5:ハンガリーの名窯「ヘレンド」社とのコラボレーションアフタヌーンティー/JWマリオット・ホテル奈良

スイーツ_7,ティー_7,ホテル_7,サステナブル_7,東京_7
「ヘレンド・アフタヌーンティー」¥5,800、グラスシャンパーニュ付 ¥8,800(いずれも税・サービス料込)

「JWマリオット・ホテル奈良」のラウンジバー「フライングスタッグ」では、2022年5月31日(火)まで、ハンガリーのブランドとして世界的に知られる名窯「ヘレンド」社とのコラボレーションによる、「ヘレンド アフタヌーンティー」が提供されています。

「ヘレンド」創業の地であるハンガリーと、その名を一躍有名にした英国からインスピレーションを得た10種類のメニュー(セイボリー5種類、スイーツ5種類)と焼き立てのスコーンからなるアフタヌーンティー。メニューは、ヘレンド社のプレートやカップ&ソーサーで提供されます。

店内には「ヘレンド」社のオーナメントアイテムやクロック、フィギュリンなど、普段は目にすることのできない貴重なコレクションも展示されています。「ヘレンド」の世界観を、室内全体でご堪能ください。

平日は14:00〜17:00、土日祝日は12:00〜17:00の時間で提供されます。

問い合わせ先

JWマリオット・ホテル奈良「フライングスタッグ」

TEL:0742-36-6000(営業時間10:00~19:00)


ホテルごとに趣向が凝らされた春のアフタヌーンティーメニュー。気になるアフタヌーンティーは見つかりましたか? ぜひ、この春はラグジュアリーホテルのアフタヌーンティーで、心安らげるひとときをお過ごしください。

※外出時には新型コロナウィルスの感染対策を十分に講じ、最新情報は公式HPなどでご確認ください。
この記事の執筆者
フリーランスの編集者・ライター。システムエンジニア、プログラマ経験を経た後、2015年にフリーランスの編集者・ライターとして、大きく仕事を転向。その後、子育てメディアのコラム執筆や、グルメやスイーツ、ライフスタイルの記事執筆・編集を中心として活動している。二児の母。茨城県民。好きなもの:激辛の食べ物、麺類、インターネットとゲーム。苦手なものは虫。
Twitter へのリンク
EDIT :
小林麻美