最新!冬の黒ニットコーデ


黒ニット×カシミヤアウター×ファースニーカー

黒ニット×カシミアアウター×ファースニーカー
[Precious12月号 108ページ] 撮影/生田昌士(まきうらオフィス)
カシミヤアウター¥215,000(edit & co.〈YURI PARK artigiano〉)、ファー付きスニーカー[サントーニ トーキョー限定]¥110,000(リエート〈サントーニ〉)、タートルネックニット¥74,000(クルチアーニ 銀座店)、パンツ¥23,000(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、サングラス¥29,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バッグ¥138,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、バングル¥21,000(バーニーズ ニューヨーク〈サヤカ デイヴィス〉)

カシミヤアウターをはおる休日のジャケット&パンツコーデに小粋な表情を演出するのは、モードなファースニーカー。全身をコンパクトな洗練シルエットでまとめて、モードな小物を主張して楽しみたい。

黒ニット×ライダース×ジャカードスカート

黒ニット×ライダース×ジャカードスカート
[Precious1月号 152ページ] 撮影/唐澤光也・宗高聡子(パイルドライバー)
ライダースジャケット¥180,000(アストラット 青山店〈アストラット〉)、ニット¥35,000・スカート¥130,000(ブラミンク〈ブラミンク〉)、バッグ¥219,000(トッズ・ジャパン)、ネックレス[シルバー×フレッシュウォーターパール]¥177,000・バッグに付けたブローチ 右/[web限定商品]¥39,000・下/¥46,000・左/¥92,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴¥66,000(ストラスブルゴ〈ニナ リッチ〉)

ロング丈のジャカードスカートに、黒のライダースを合わせた甘辛MIXコーディネート。ライダースとジャカードスカート、それぞれのインパクトに負けないように、仕上げのネックレスアレンジで華やぎをプラス。パールのネックレスの輝きで、ドレスアップするのが着こなしのポイントです。バッグに付けたブローチ使いもセンスのいいアプローチに。

黒ニット×黒ジャケット×英国調パンツ

黒ニット×黒ジャケット×英国調パンツ
[Precious11月号 90ページ] 撮影/熊澤 透
パンツ¥63,000(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ジャケット¥83,000(バイ マレーネ ビルガーGINZA SIX〈バイ マレーネ ビルガー〉)、ニット¥69,000(IZA〈ロッセーラ ヤルディーニ〉)、ピアス¥63,000(TOMORROWLAND〈シャーロット・シェネ〉)、バッグ¥275,000(キートン)、靴¥95,000(セルジオ ロッシ)

シックな風合いのツイードに、ダブル裾が特徴的な英国調パンツは、ワイドな裾幅と8分丈のシルエットが新鮮です。メンズライクなジャケットも、ベルテッドでウエスト位置を明確にすれば、スタイルアップ効果も。全体をダークトーンで統一し、縦ラインをつなげることもすっきり見せるコツです。

黒ニット×ジャケット×デニムパンツ

黒ニット×ジャケット×デニムパンツ
[Precious11月号 93ページ] 撮影/小池紀行(パイルドライバー)、
ジャケット¥205,000(アオイ〈マントゥ〉)、ニット¥38,000(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ¥27,000(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー¥278,000(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ¥241,000(JIMMY CHOO)、靴¥90,000(ブラミンク〈J.M WESTON〉)

ゴージャスなスモーキングジャケットを合わせた、粋なデニムスタイル。主役のジャケットはウエストが程よくシェイプされた、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた、王道のデザインです。ツヤのあるレザーバッグやシルバーのフラットシューズで輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。

黒ニット×アニマル柄スカート

黒ニット×アニマル柄スカート
[Precious11月号 102ページ] 撮影/熊澤 透
スカート¥120,000(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、ブルゾン¥99,000(ウールン商会〈ブルーガール〉)、ニット¥25,000(オルドス ファッションジャパン)、ブレスレット[太]¥37,000・[細]¥33,000(showroom SESSION〈サヤカ デイヴィス〉)、バッグ¥236,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴¥107,000(ピエール アルディ 東京)

重く見えがちな上下黒アイテムを使ったコーディネートも、片方を柄にすることで、軽やかさが加わります。主役のスカートは、起毛感のある素材がアニマル柄をまろやかに演出。シンプルなボックスプリーツだから、応用力も高く着こなしやすいのが特徴です。インパクトのあるスカートの柄を生かすには、レザーブルゾンを合わせて、シンプルにまとめて。

黒ニット×スカーフ

黒ニット×スカーフ
[Precious11月号 128ページ] 撮影/熊澤 透
ストール[142.5×142.5㎝]¥183,000・ケープ¥610,000・ニット¥72,000・パンツ¥176,000・バッグ¥355,000(ルイ・ヴィトン)

印象がクールになりすぎそうな黒で統一した着こなしは、ファー使いのストールでリッチなメリハリを演出すると、和らいだ表情に。ストール中央のファー部分が後ろ襟にくるように巻くと、フードのように見え、大人かわいいリッチ感が香り立ちます。

黒ニット×赤パンツ

黒ニット×赤パンツ
[Precious12月号 234ページ] 撮影/佐藤 彩
バッグ[縦20×横26×マチ13㎝]¥226,000(グッチジャパン)、その他/私物

おしゃれ談義を楽しむ友人との気軽なディナーに持っていきたい旬のバッグは、モダンアートのようなデザインのものを。エレガントな要素は控えめに、赤のパンツで切れのいい遊び心を表現すると、遠目にも 「ファッション通!」 とわかる存在感を放ちます。

黒タートルニット×ファージレ

黒タートルニット×ファージレ
[Precious11月号 108ページ] 撮影/石倉和夫
タートルニット¥72,000・ジレ¥416,000・リング¥54,000・ブレスレット¥76,000(ルイ・ヴィトン)

旬のファージレは黒タートルと組み合わせると、ますますその魅力が倍増! 黒タートルニットは、ボディにしなやかに沿うハイゲージの細身シルエットを選ぶのが鉄則。さらにリブのピッチに変化をつけることで、華奢で女らしい黒タートルニットスタイルが手に入ります。ファージレはボリュームがあるので、インナーやボトムを同系色でつなぐなど、重たく見せない工夫が必要です。

黒ニット×黒ジャケット×スカーフ

黒ニット×黒ジャケット×スカーフ
[Precious11月号 106ページ] 撮影/石倉和夫
タートルニット¥40,000(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ベスト¥69,000(コロネット〈エアロン〉)、スカート¥115,000( アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ¥52,000(エルメスジャポン)、ピアス¥25,000・リング¥127,000(ティファニー・ アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

計算されたメリハリで地味に陥りがちな黒を、かっこいい黒に刷新! 黒タートルニットはジレやジャケットのインナーに着てももたつかない、コンパクトなハイゲージタイプ。難易度の高い黒のワントーンは、素材で変化をつければ黒に奥行きが増して、エレガントであか抜けた印象になります。

タートル黒ニット×ねじりストール

タートル黒ニット×ねじりストール
[Precious12月号 280ページ] 撮影/浅井佳代子
ストール¥221,000・コート¥820,000・ニット¥197,000(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)

ロロ・ピアーナのコートとざっくりしたタートルニットに、微妙に異なる4色のブルーが特徴的なストールを巻いたコーディネートです。ストールは、くるくると細くねじったら、タートルニットに沿うように二重巻きにしてさらに前で固定。余った端はバラバラにほぐし遊ばせれば、洗練かつ新鮮なスタイルが完成します。