フォロワー数11万人を誇る「インフルニャンサー」ぐっぴーが話題!

おしゃれな写真をながめて気分を上げる。話題のスポットなどの情報収集として。ちょっとしたスキマ時間を埋めるため。インスタを活用する理由はさまざまですが、「動物のかわいい写真や動画を見て癒される」という人も少なくないはず。今回は、フォロワー数11万人以上を誇るインスタ界のスーパースター、「ぐっぴー」を紹介します!

人気の秘密は「ぽちゃボディ」と「おっさんのような生態」?

ぐっぴーは、体長90cm、体重7.6kgというなかなかの「ぽちゃボディ」。そんな立派なボディなのに、黒豆みたいなタレ目の困り顔。そのギャップがたまりません(グラビアモデルでいうところの“童顔巨乳”みたいなもの)。
見る人全部をトリコにしてしまうくらいのかわいさなのに、玄関で転がっていたり、爪とぎをひじ掛けにしたり、トイレが大好きだったりと生態はとてもユーモラス! 思わず、「中におっさんが入ってる?」と思ってしまうくらいです。

ぐっぴーは、体長90cm、体重7.6kgという「ぽちゃボディ」
爪とぎをひじ掛けにするユーモラスな生態は「おっさん」のよう

今やビッグボディに成長しましたが、飼い主のさきさんとの出会いは5年前の12月。さきさんの家の近くの駐車場で、瀕死の状態でうずくまっていたぐっぴー。以前、12kgの茶トラ猫「茶ッピー」を飼っていたさきさんは、同じ茶トラ柄の子猫を放っておくことができず、ポケットに入れて動物病院を探して街をさまよったのだとか。

さきさんの愛情をたっぷり受けたぐっぴーはみるみる大きく育ち、もうひとりの飼い主・ともさんが合流して、今は3人暮らし。なんとなくで始めたインスタですが、愛くるしいぐっぴーのルックスやちょっとシニカルなタグ、さきともさんのこまめな返信で人気急上昇。今や世界中に多数のフォロワーを持つ「インフルニャンサー」になっています。

黒豆みたいなタレ目の困り顔もチャームポイント

大人気すぎて書籍『ぐぴ本』が発売、イベントも開催!

そんなぐっぴーが初の書籍『ぐぴ本』を刊行しました。ぐっぴーの全身大解剖、ぐっぴーの歴史、ぐっぴーの好きなもの嫌いなもの、ぐっぴーかるた、ぐっぴー妄想美術館…と多岐にわたる内容は、インスタだけではカバーしきれないぐっぴーの魅力がぎっしり詰まった内容に! しかもシールやお面など、うれしいおまけ付き。見てよし、読んでよし、遊んでよしの濃い一冊です。

『お太りさま猫 ぐっぴー ぐぴ本』¥1,300(小学館刊/税別)

刊行記念として、2018年1月20日(土)には、イベントの開催も決定しています。ぐっぴーの来場はありませんが、さきともさんのトークショー、ぐっぴーVR体験、かるた大会、おみくじ、クイズ大会、グッズ販売と盛りだくさん! ぐっぴーを知っている方もそうでない方も楽しめるイベント、ぜひ足を運んでぐっぴーの魅力に触れてみては。

イベント詳細:ぐぴフェス 2018新春@小学館

 
ぐっぴー
元ホームレス猫、インフルニャンサー
誕生日:2012年11月2日(推定) 年齢:5歳 性別:たぶん男子(去勢済) 
出身:東京都足立区 特技:人の話を聞くこと 苦手なもの:掃除機
好きなタイプ:貝殻ビキニの武田久美子
Instagram:@gupitaro Twitter:@Gupitaro1102
Ameba公式トップブロガー:http://ameblo.jp/gupitaro/
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
斉藤裕子
TAGS: