【目次】

かごバッグをコーデに取り入れるコツ


 

40代、50代の大人がかごバッグコーディネートを楽しむとき、下記の3つのポイントを押さえておくと絵になるスタイルに仕上がります。

【1】きれいめを軸にして、外し役としてかごバッグを投入

ラフに傾きすぎないよう、きれいめなコーディネートを軸にしながら、かごバッグを外し役として投入するとちょうどいいバランスに仕上がります。

【2】困ったらモノトーン、ベーシックカラーが安心

かごバッグはナチュラルなカラーなので基本的に色合わせしやすいのが魅力ですが、配色に悩んだら大人らしくまとまるモノトーン、ベーシックカラーに頼ると安心です。

【3】クリーンな白合わせでかごバッグの清潔感アップ

涼感漂うクリーンな白合わせなら、かごバッグの清潔感がアップして、優雅で上品な装いに着地。

かごバッグはいつから持っていい?


 

春夏のイメージが強いかごバッグですが、秋冬に使用してももちろんOK。春夏なら季節感がアップ、秋冬なら重厚感のあるコーディネートに軽やかさがプラスされます。ファーがあしらわれた温かみのあるかごバッグもあるのでお気に入りを見つけてみてくださいね。

コーデ見本27選


ではさっそく、コーディネート実例をご紹介します。

適度な抜け感がたまらない!大人のフェミニンカジュアル

 

ふわっと広がる刺繍袖が華やかな白ブラウスに、ブルーデニムパンツとかごバッグを合わせ抜け感をプラス。ストレートシルエットのパンツとレザーハンドルのかごバッグなので、キレイなブラウスにしっかり馴染みます。スリングバッグのヌーディパンプスでレディを上乗せ。

小ぶりのかごバッグ投入して涼しげに

 

レフ板効果のある白シャツは、柔らかな素材を選んでリラックス。素足がしっかり見えるショートパンツも、優美なベージュとシャツ合わせなら凛とした面持ちに。スキンカラーに馴染むヒールサンダルとかごバッグをプラスすれば、涼しげな印象がぐっとアップします。

モノトーンコーデを親しみやすく

 

黒で統一したトップスとジャケット、サンダル、そして白のスカートというモノトーンコーディネートに、優しげなラウンド型のかごバッグを投入し親しみやすさを演出。バッグのベージュとスカートのクリームホワイトが相まって、柔らかさが添えられます。

フェミニンなワンピースを気負いなく着こなして

 

フレアスリーブやティアードなど、フェミニンなディテールのベージュワンピースは、かごバッグとフラットコンフォートサンダルで外し、気負いないムードを演出。全体をベージュカラーで統一し、柔和なオーラを放って。

大人ヘルシーな着こなしの作り方

 

Tシャツにデニムショートパンツ、そしてかごバッグを合わせたヘルシーなコーディネート。パンツのカラーとマッチするネイビーのツイードジャケットを投入すればカジュアルの中にもきちんとした印象が生まれます。さらに黒のサボサンダルで重厚感を足せば、洗練された佇まいに。

黒が入ったかごバッグでベージュコーデを程よく引き締め

 

白Tシャツとデニムのショートパンツのアクティブスタイルに、ベージュのオーバーサイズジャケットを重ねたテイストミックススタイル。ボディとハンドルに黒が使われているかごバッグなら、ナチュラルに傾きすぎず、引き締め効果もプラスできます。

スカーフアレンジで華やぎアップ

 

真っ白でキレの良い白のブラウスとスカートの上下に、トート型のかごバッグを合わせ清涼感たっぷりに。グリーンやブルーの花柄スカーフをバッグに添えれば、ナチュラルな配色の着こなしに華が添えられます。仕上げにストライプのレースアップエスパドリーユで、季節感を高めて。

淡いカラーとかごバッグが相まってクリーンな装いに

 

ベージュのパフスリーブブラウスに、同じカラートーンのブルーパンツを合わせニュアンスのある着こなしへ。さらにナチュラルなかごバッグを加えれば、クリーンな趣漂う着こなしが完成します。

洗練カーキの上下は小物で遊び心を加えて

 

大人のマチュアな魅力引き立つカーキのセットアップに、同じカーキが編まれたかごバッグを投入しアースカラーコーデをメイク。ロゴ入りのかごバッグや、カーキに馴染むネオングリーンのサンダルなら、遊び心が加わってキャッチーにまとまります。

端正な白黒コーデをリラックスさせる

 

ミニマルな美が光る白のブラウスに、黒のワイドパンツを合わせたシックなコーディネート。バッグは存在感のある、やや大きめサイズのラウンドかごバッグを選ぶと、端正な着こなしに抜け感を授けることができこなれて見えます。

全体にゆとりを持たせ主役級ワンピースを身近に

 

チェック柄、そして赤と青のバイカラーが主役級の存在感を放つワンピースは、ゆとりがあるのでナチュラルに着こなすことができます。そこにかごバッグ、フラットサンダルを合わせ力を抜けば、アーバンリラックスな装いが完成。

繊細な手仕事のかごバッグで装いをクラスアップ

 

ヘルシーなアメリカンスリーブの白タンクトップ、ワイドなベージュパンツ、ビッグサイズのテラコッタブラウンのシャツを羽織ったリラックスコーディネート。ゆったりながらも洗練されて見えるのは、手仕事の繊細さが宿る優美なかごバッグがあるからこそ。

きれいめワンピーススタイルに少しの外しを加えて

 

フリル裾がフェミニンな淡いオレンジのワンピースに、白の華奢ストラップヒールサンダルを合わせきれいめスタイルを堪能。かごバッグで程よく抜け感をプラスすれば、きめすぎにならないちょうどいいバランスに着地します。

ナチュラルにまとめレイドバックな趣を演出

 

洗いざらしのリネンワンピースは、真っ白を選んで初夏の太陽を味方につけて。そこにさっと肩にかけられるかごバッグを合わせ、ナチュラルなコーディネートへ。仕上げに黒のサンダルで小さく引き締めれば、美バランスに整います。

爽やかボーダーはベージュ×白でしなやかに

 

ボーダーとかごバッグを合わせた爽やかなコーディネートは、ベージュと白を基調とすることで大人ならではのしなやかな着こなしへ。クロップド丈のパンツが涼感をアップさせています。

黒の上下をかごバッグで軽快に導く

 

黒で統一したキャミソールとパンツの組み合わせは、ドット柄で華やかさを確保。そこにかごバッグを加えれば、黒がみるみる軽やかな印象に。レザーのフラップとハンドルのデザインなので、黒の端正さをそのままキープすることができます。

繊細なレースとナチュラルなかごバッグの共演

 

優美なレースのセットアップは、クリームホワイトで柔らかな印象へ。そこにベージュのかごバッグ、パンプスをプラスしニュアンス配色にすれば、優雅さが引き上がります。かごバッグは凛とした台形型、レザーフラップで上品さを確保しています。

クールな上下に柔らかさを足して

 

黒のタンクトップとブルーデニムパンツ、スポーツサンダルを合わせたクールな着こなしに、ナチュラルなかごバッグを合わせ柔らかさをひと匙。トップスとシューズと同じ黒が入ったバッグなので、調和が生まれます。

カラフルかごバッグで生き生きと

 

白Tシャツとデニムパンツの定番カジュアルは、鮮やかグリーンのパンツを選ぶことで無難を脱却。そこにカラフルなかごバッグをプラスしプレイフルに仕上げて。気負いないTシャツの存在で、カラーを散りばめてもトゥーマッチになりません。

白とペールグリーンで冷涼感のある着こなしへ

 

白のタックインスリーブトップスに、リゾートライクなペールグリーンのパンツを合わせたリラックススタイル。かごバッグを足せば、冷涼感がアップして夏に映えるコーディネートが出来上がります。

明るい色の小物でコントラストをたっぷりつける

 

スクエアネックやパフスリーブがアクセントの黒ワンピースに、白ハンドルのかごバッグ、サンダル、パールネックレスを合わせ色の抑揚が効いたコーディネートをメイク。シンプルな着こなしに、大きめサイズのバッグがよく映えます。

大きめかごバッグで爽やかさが際立つ

 

白を基調としたコーディネートに、ネイビーのキャップを効かせ爽やかな着こなしをメイク。そこに大きめかごバッグを投入し、軽やかさを引き立ててればパーフェクト。

淡いニュアンスカラーに奥行きをつけて

 

クリーンなブルーのシャツに、アイボリーのニットトップスとスカートを合わせ柔らかなニュアンスカラーコーディネートへ。編み目の出るかごバッグを加えれば、ベージュやアイボリーといった柔らかな着こなしに奥行きが生まれ、立体的に整います。

季節の間に役立つ初秋コーディネート

 

赤ロゴがアクセントの白Tシャツに、ブルーデニムパンツを合わせた夏カジュアルに、ネイビーのジャケットとロゴカラーを拾った赤ブーツを合わせ初秋の装いへとアップデート。スカーフをあしらった円柱かごバッグが、抜け感役を担います。

ダークトーンの着こなしを明るく整えて

 

秋らしいスウェード調のジャケットに、黒パンツとローファーを合わせ落ち着いた大人らしい表情へ。クロップド丈のパンツで足首周りを覗かせつつ、かごバッグを加えれば全体がトーンアップされ、メリハリ高くまとまります。

ブルーを調和させ良バランスへ導く

 

コート、ブーツを使った冬の着こなしにかごバッグを効かせたコーディネートは、バッグのハンドルをブルー、それ以外も同じカラーにこだわってバランスの取れた着こなしへ。ナチュラルなかごバッグが、重く見えがちな冬の装いに軽やかさを添えています。

かごバッグで完成させる秋冬のフレンチカジュアル

 

白カットソーとブルーデニムパンツのカジュアルワンツーに、チェック柄のロングチェスターコートを合わせトラッドに。ころんとしたかごバッグを投入すれば、フレンチカジュアルな趣が加わった、絵になる秋冬コーディネートが出来上がります。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2022.6.14 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
Getty Images
EDIT&WRITING :
阿部芙美香