【目次】

冬のベージュパンツコーデ


【1】ベージュパンツ×ローゲージニット

【1】ベージュパンツ×ローゲージニット
カシミヤのケーブルニット・カシミヤのローゲージストール(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(アオイ〈マルゴン〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious12月号】小学館、2017年

カジュアルニットに差す端正バッグで大人のピンクをあしらいましょう。白ニット×ピンクのバッグ・・・本来なら甘く見えがちな組み合わせも、旬のローゲージニットやストールの無造作な巻き方に、クラシックなトップハンドルバッグを合わせる外しワザが、断然こなれてかっこよくなります。

【2】ベージュパンツ×ブラウス×ストール

【2】ベージュパンツ×ブラウス×ストール
ストール【140×140㎝】・ブラウス・パンツ・ピアス・ブレスレット・リング・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2017年

端正パンツスタイルには躍動感のある華やぎで大人の余裕と遊びを表現。ボウブラウス+端正パンツの定番スタイルにこなれ感を授けるのが大人の流儀です。ストールは洋服に映える華やかな一枚を選択。アシンメトリーな巻き方で外すのがポイントです。

【3】ベージュパンツ×キャメルニット

【3】ベージュパンツ×キャメルニット
ニット(オンワード樫山 〈ジョゼフ〉)、ブラウス (コロネット〈ミリー〉)、ネックレス・バングル (ティファニー・アンド・カンパニ ー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、 靴(JIMMY CHOO) 撮影/川田有二 BY :『Precious4月号』小学館、2016年

タック入りのベージュのコットンパンツにキャメルニットを合わせたコーディネート。キャメルとベージュの上品な組み合わせは、大人の女性の黄金配色のひとつです。

冬のベージュワイドパンツコーデ


【1】ベージュワイドパンツ×白ニット

【1】ベージュワイドパンツ×白ニット
大判カシミヤストール【147×183㎝】(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、カシミヤニット・パンツ(ブラミンク)、ボールチェーン・ホワイトアゲートのペンダントトップ・右手中央のブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、右手のブレスレット/手首側・奥のダイヤモンド(ケイテン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious12月号』小学館、2017年

オフ白にベージュをていねいに重ねてトラッドなかっこよさを! この冬、大活躍しそうなベージュのワイドパンツには、程よいフィット感のクルーネックセーターを、ぜひとも華やかな「白」で取り入れて。靴もクラシックな白の男靴を選ぶと、清潔感のある大人のトラッドが完成します。

【2】ベージュワイドパンツ×スヌード

【2】ベージュワイドパンツ×ファーのスヌード
マックスマーラのスヌード・パンツ・バッグ・エス マックスマーラのカーディガン[共布ベルト付き]・ニット(マックスマーラ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious10月号』小学館、2017年

ベージュワイドパンツにニットとカーディガンを合わせた淡色コーディネート。温かみを演出するならスヌードで肩まで覆い、ファーの量を強調したのが着こなしのポイントです。

【3】ベージュワイドパンツ×ファーマフラー

【3】ベージュワイドパンツ×ファーのスヌード
パンツ(サポートサーフェス)、トップス(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ファースヌード(ADORE)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ネックレス[ロング]・[タッセル付き](ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious1月号』小学館、2017年

ベージュワイドパンツに同系色のトップスを合わせ、ファーマフラーを巻いて首元だけにボリュームをもたせたコーディネート。エレガントな装いに仕上げるのにファーマフラーはおすすめです。

【4】ベージュワイドパンツ×デザインニット

【4】ベージュワイドパンツ×デザインニット
パンツ・ニット(wb〈wb×T.O.N.O,S〉)、ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY :『Precious11月号』小学館、2016年

薄手のシンプルなシルエットのデザインニットに、ボリュームのあるワイドパンツを合わせてバランスをとったコーディネート。ロングチェーンのネックレスなどのアクセントを意識して、さらに優美なコーディネートに仕上がります。

冬のベージュコーデュロイパンツコーデ


【1】ベージュコーデュロイパンツ×ロングジレ

【1】ベージュコーデュロイパンツ×ロングジレ
カシミヤのロングジレ(三喜商事〈アニオナ〉)、コーデュロイパンツ(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious12月号』小学館、2017年

シルクの白い艶でマニッシュベージュに優雅さを印象づける着こなし。この冬、流行のロングジレは、上質素材で洗練に差をつけたい。インナーにも光沢のあるシルクブラウスを選び、着くずしすぎないことが重要。旬のカジュアルが一気に華やぎます。

【2】ベージュコーデュロイパンツ×メランジュニット

【2】ベージュコーデュロイパンツ×メランジュニット
ニット・パンツ・ストール・ブーツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、帽子(ボルサリーノ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY :『Precious11月号』小学館、2017年

メランジュニットにコーデュロイパンツという、冬の定番アイテムをほっこり重ねた着こなし。冬の定番服は、素材そのものにスタイルがあるから、コーディネートしやすく、表情も豊かになります。ローゲージならではのメランジュニットや、コーデュロイパンツなどもその例。ほんのり赤みを差したメランジュ編みの味わい深さ、そして、ボーイッシュなかわいさのあるコーデュロイパンツが、上級センスの要になります。

ベージュパンツ×スニーカーコーデ


【1】ベージュパンツ×スニーカー

【1】ベージュコーデュロイパンツ×スニーカー
カシミヤカーディガン(三喜商事〈アニオナ〉)、プルオーバーニット(ブラミンク)、ペグパンツ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious3月号』小学館、2017年

ベージュパンツにカシミヤのカーディガンを合わせたコーディネート。足元にボリューム感のあるスニーカーを合わせて、リラックスしたい休日コーデのできあがりです。

ベージュパンツに合う靴の色


【1】華やぎカラー

【1】華やぎカラー
ニット(マディソンブルーヘッドストア〈マディソンブルー〉)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、スカーフ(レキップ)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(デッカーズジャパン〈アグ?〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY :『Precious2月号』小学館、2017年

ベージュパンツにオフホワイトのニットを合わせた定番のベージュグラデーションの着こなしに、華やぎカラーの靴を差し色にしたリラックスカジュアルコーデ。お出かけにぴったりの着こなしです。

【2】ベージュ系

【2】ベージュ
ジャケット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年

セミワイドのベージュパンツにハンサムなカーキのジャケットを合わせたコーディネート。足元には同系色のパンプスがおすすめです。お仕事シーンにもぴったりな信頼感を与えるキャリアスタイルに仕上がります。

ベージュのパンツ×コートコーデ


【1】ベージュワイドパンツ×ロングコート

【1】ベージュワイドパンツ×ロングコート
コート(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、ニット(三喜商事〈アリュード〉)、パンツ(プルミエ アロンディスモン)、手袋(アマン〈アルポ〉)、イヤリング・リング(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(オンワードグローバルファッション〈マルベリー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉)  撮影/熊澤 透 BY :『Precious11月号』小学館、2017年

深いカーキが印象的な襟元のボリュームファーで視線を上に集める着こなし。主役のパンツは深めタックのワイドシルエットで、スカートのような優雅さを実現してくれます。ロング丈のコートも足首見せですっきり。ボリュームあるポケットと襟元のファーで視線を上に逃すテクニックも参考になります。

【2】ベージュワイドパンツ×トレンチコート

【2】ベージュワイドパンツ×トレンチコート
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『パスマントリー・カドリ』(エルメスジャポン)、ブラウス・パンツ(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、時計(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious3月号』小学館、2017年

ベージュのワイドパンツにベージュのトレンチコートを合わせたグラデーションコーデ。華やぎカラーのスカーフを差し色にすれば、気映えする通勤コーディネートに仕上がります。

【3】ベージュパンツ×スエードのフーデッドコート

【3】ベージュパンツ×スエードのフーデッドコート
スエードのフーデッドコート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、プルオーバーニット(ブラミンク)、ペグパンツ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious3月号』小学館、2017年

ベージュのパンツに、白ニットを合わせて、ベージュのフーデッドコートを羽織ったコーディネート。ヌーディーなトーンが休日コーデにぴったり。カジュアルになりすぎないよう、贅沢なシルバーの靴を選んだのが着こなしのポイントです。