【目次】

【基本】大人のポニーテール


■ボリュームUP&小顔効果のある「ポニーテール」のつくりかた

頭頂部にボリュームを、毛先に動きを
頭頂部にボリュームを、毛先に動きを

下準備をきちんとすれば、こなれたスタイルは思いのままに

暑さと湿気、ある程度髪を伸ばしている女性にとって、まとめ髪は死活問題。とはいえ、忙しい毎日のなかで「こなれた雰囲気に髪をまとめる」のは、なかなか難しいもの。「暑いから」「時間がないから」「パーティー風にしたいから」などの理由で、1パターンなまとめ髪になってしまっていませんか? 「こなれたまとめ髪」、ハードルが高そうに思える髪型もありますが、実はきちんと下準備さえしておけば、こなれた雰囲気をつくり出すのは簡単なんです。

今回は、逆毛でボリュームを出すことにより、年を重ねてペタンとしてしまった髪もアンチエイジング&小顔効果がある「大人の女性のための洗練されたポニーテール」のスタイリングのコツを、3つのステップでお伝えします。トップにボリュームを出し、毛先に艶と動きを出すことで、シンプルなポニーテールが、知的で清潔感が漂うスタイルにバージョンアップされます。きちんと下準備したぶん、髪をまとめるときは手グシでザクッとまとめることが、ラフさやこなれ感を生み出す秘訣です。

<STEP.1>前髪の後ろ~後頭部を3つにブロッキングし、逆毛を立てる
(手順は左から右へ)
(手順は左から右へ)
  1. まずは太めのヘアアイロンで、髪の中央から毛先にかけて、挟んでスッと引っ張るようにして毛先を軽くカールする。こうすることで、髪に艶が蘇ります。
  2. 前髪の後ろから後頭部までを3ブロックに分ける。根元から10cmくらいまでハードスプレーをかけ、上下に何度かコームを動かし、逆毛を立てていきます。
  3. 後ろから前のブロックへと順に逆毛を立てていき、いちばん後ろの3つめのブロックは逆毛を立てた状態です。こうすることでトップがふんわりとなります。
  4. 小指を小刻みに左右に動かしながら、ジグザグの分け目をつくる。分け目をはっきりさせないことで、無造作でこなれた雰囲気が生まれます。
<STEP.2>ボリュームを出した髪を、サイドからひとまとめに
(手順は左から右へ)
(手順は左から右へ)
  1. ふんわりとしたボリューム感を出すために、サイドや襟足の根元に、内側から全体にまぶすようにざっとハードスプレーをかけていきます。
  2. 髪をまとめる前の下準備が完了した状態。このくらい、立ち上がりやふんわりしたボリューム感を出すことが大前提です。
  3. 手指を大きく開き、手グシでサイドから後ろへザクッと髪をひとまとめにする。まとめる位置は、耳上の延長線上から指2本分上の位置がベストです。
  4. まとめた髪を片手で押さえながら、もう一方の手で、トップの毛束を上に引き上げボリュームを出す。形が決まったらゴムで結びましょう。
<STEP.3>前髪はキープ、トップの毛束を上に引き上げる
(手順は左から右へ)
(手順は左から右へ)
  1. 前髪を毛の流れを生かしながらサイドに流し、ハードスプレーでキープさせる。べったりとタイトにしないのが、 このスタイルのポイントです。
  2. もう一度、ゴムの結び目を押さえながらトップの毛束を少しつかんで上に引き上げる。高さが出ることで小顔効果も期待できます。
  3. 結んだ毛の上部から、少し毛束を取って、ゴムを隠すように根本にくるりと巻き付けていきます。
  4. アメリカピンを、ポニーテールの根元にグッと差し込むようにして、巻いた毛先を留め、ハードスプレーで固定する。ゴムが隠れることで洗練度がアップします。「洗練ポニーテール」の完成。

<まとめ髪の下準備のポイント3つ>

(手順は左から右へ)
(手順は左から右へ)
  1. トップに逆毛を立ててボリュームと高さを出す。
  2. 結ぶ位置は耳上から指2本分上が目安。
  3. 毛先をカールして艶とまとまり感を出す。

この3つの下準備ポイントをおさえるだけで、ただのひとつ結びとは洗練度が歴然と違う、大人の女性の風格がただようまとめ髪にすることができます。

以上、毛量が少なかったりぺたっとしてしまった髪の毛でも、ボリューム感と清潔感が両立し、小顔にも見えるポニーテールが完成しました。逆毛にすること、頭頂部を意識して引き上げること、毛先の艶を出すこと。ここを意識してスタイリングすると、知的で凛とした印象の女性になることができます。

簡単にできる「大人のポニーテール」のつくり方

【1】フェイスラインを引き締める、上品なポニーテール


■ウェーブヘアをまとめて首元すっきり!ルーズでアンニュイなポニーテール

\ZACC raffineの湯淺星悟さんがレクチャー!/

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

気温が高くなるこれからの季節。髪が長い女性は、まとめてポニーテールにする機会も多いのではないでしょうか? ただゴムで結ぶだけではつまらないポニーテールも、結ぶ位置や引き出す毛束の雰囲気によっては、ぐっとオシャレになります。今回は、ZACC raffine 店長の湯淺星悟さんに、40代以上の女性にふさわしい「上品なポニーテール」を教えていただきます。

湯淺さんよれば、大人の女性に似合うポニーテールは「髪を結ぶ位置は高すぎないのがベスト。高い位置にしてしまうと若づくりに見えてしまうこともあるので、落ち着いた大人の女性にはお勧めしません。耳の裏側くらいの位置で結ぶといいですよ」とのこと。

髪をまとめるときは、キッチリとした印象にならないように、工夫することも必要なのだとか。

「大人のポニーテールは、ルーズでアンニュイな印象に仕上げるのが基本です。顔を結んだら、毛束をつまんでしっかりと引き出してください。ベースの髪をアイロンで巻いておくと、引き出した髪にニュアンスが出てよりいい感じになります。とくに耳まわりのたるみは重要。耳に被せるようにたるませると、エレガントさが増します」(湯淺さん)

さらに、後れ毛も大人のポニーテールには必要なのだそう。

「前髪やサイドの後れ毛も大切なパーツです。フェイスラインに前髪や後れ毛があることで、毛先の動きがラフな印象になり、大人の余裕が生まれます。首元に陰影もできるので、小顔に見える効果も」(湯淺さん)

「毛束をしっかりと引き出すポニーテールなら、広がりやすい髪の癖をそのまま生かすことができます。癖が強い、うねるといった髪悩みの方にとくにお勧めですよ」(湯淺さん)

<アレンジ方法>

アレンジ前
アレンジ前
<STEP.1>襟足の髪を毛先から根元まで巻く
アイロンは25mmを使用。毛束を細く取って、内巻き、外巻きとランダムに巻いていく。
アイロンは25mmを使用。毛束を細く取って、内巻き、外巻きとランダムに巻いていく。
<STEP.2>髪の表面と前髪もランダムに巻く
根元から巻くことで頭頂部に高さを出す。
根元から巻くことで頭頂部に高さを出す。
<STEP.3>髪をひとつにまとめてポニーテールに
手グシで前髪と後れ毛以外の髪をざっくりとまとめ、ゴムで結ぶ。あまり高い位置で結ぶのはNG。耳の裏側くらいの低めを意識して。
手グシで前髪と後れ毛以外の髪をざっくりとまとめ、ゴムで結ぶ。あまり高い位置で結ぶのはNG。耳の裏側くらいの低めを意識して。
<STEP.4>ポニーテールからランダムに髪を引き出す
結んだところを抑えながら、毛束を少しずつ引き出す。ゴムを中心に360度全て引き出して。
結んだところを抑えながら、毛束を少しずつ引き出す。ゴムを中心に360度全て引き出して。
<STEP.5>襟足、耳まわりは念入りに引き出す
よりラフに仕上げるため、襟足をしっかりたるませる。耳まわりも同様に。耳の半分が隠れるくらいたるませる気持ちで
よりラフに仕上げるため、襟足をしっかりたるませる。耳まわりも同様に。耳の半分が隠れるくらいたるませる気持ちで
<STEP.6>毛束の長い毛をゴムに巻きつける
ゴムが見えないように巻きつければOK。
ゴムが見えないように巻きつければOK。
<STEP.7>巻きつけた髪をピンで止める
巻きつけた髪の毛先を崩れないようにピンで止める。ポニーテールの下に止めると、ピンがきれいに隠れる。
巻きつけた髪の毛先を崩れないようにピンで止める。ポニーテールの下に止めると、ピンがきれいに隠れる。

<40代のポニーテール アレンジのコツ>

「ボリュームの出にくい髪質の場合は、ドライヤーで髪を根元から立たせて。アイロンで巻くときは、毛束を細かく取り、根元までしっかりと巻きましょう」(湯淺さん)

ZACC raffine店長・湯淺星悟さん。いろいろなお店のクロワッサンを食べ歩いているという湯淺さん「とくにバター多めのクロワッサンが好きです」
ZACC raffine店長・湯淺星悟さん。いろいろなお店のクロワッサンを食べ歩いているという湯淺さん「とくにバター多めのクロワッサンが好きです」

ラフだけど上品に見える「40代からのポニーテール」なら、フェイスラインも引き締まる

【2】痛いオバ見えから脱却! 後れ毛を生かしたポニーテール


■ふんわりウェーブの後れ毛を効かせた技ありアレンジ

\apish AOYAMAの黒山慶司さんがレクチャー!/

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「大人のポニーテールと、おばさんの引っ詰め髪の違いは後れ毛にあります」と断言するのは、apish AOYAMA副店長の黒山慶司さん。

うねりを巻き込むようにこめかみ部分の髪をカールアイロンで巻き、頭頂部を根元から立ち上げたら、あとはこめかみともみあげ部分の髪を後れ毛として残し、ひとつに束ねるだけ。うねりもトップのボリューム不足も一気に解決できるアレンジなのです。

全体的にクセが強く、広がりやすい高橋さんの髪。「クセやうねりを伸ばすのではなく、そのまま生かしたアレンジにすると大人の可愛らしさもあるスタイルになります。そのためにもうねっている方向をカールアイロンで整える下準備が必要なんです」(黒山さん)

<アレンジ方法>

アレンジ前
アレンジ前
<STEP.1>頭頂部の髪の根元を起こすように、カールアイロンで毛先から根元に向かって巻く
毛束を垂直に持ち上げて根元を立たせるように、後頭部方向に巻くのがポイント。
毛束を垂直に持ち上げて根元を立たせるように、後頭部方向に巻くのがポイント。
<STEP.2>こめかみ部分の毛束をカールアイロンでフォワード巻きに
根元から毛先に向かって縦巻きになるように巻く。
根元から毛先に向かって縦巻きになるように巻く。
<STEP.3>こめかみから前にある髪ともみあげを残して1つに束ねる
襟足より少し上の位置にゴムがくるように束ねること。
襟足より少し上の位置にゴムがくるように束ねること。
<STEP.4>ひとつまみの毛束を取り、ゴムの上から巻き付ける
ゴムが隠れたら、アメピンでしっかり固定する。
ゴムが隠れたら、アメピンでしっかり固定する。
<STEP.5>結び目を押さえながら、ひとつまみずつ髪を引き出す
左右対称になるよう、バランスよく毛束を引き出し、トップをふんわりさせる。
左右対称になるよう、バランスよく毛束を引き出し、トップをふんわりさせる。

<40代のポニーテール アレンジのコツ>

「毛束の根元から髪をひとつまみずつ引き出すときは正面から鏡を見て、頭頂部をふんわりボリュームアップさせるようにしてください。後頭部に丸みも出せるので、全体的に柔らかな雰囲気のまとめ髪になるはずです」(黒山さん)

apish AOYAMA副店長・黒山慶司さん。自宅に帰るとウサギのラビ蔵が待っているとか。「ベタベタしない、ちょうどいい距離感がいいですね」
apish AOYAMA副店長・黒山慶司さん。自宅に帰るとウサギのラビ蔵が待っているとか。「ベタベタしない、ちょうどいい距離感がいいですね」

オバ見え引っ詰め髪から脱却!後れ毛プラスの大人ポニーテールの作り方

【3】仕事のときも決まる、かっこいいポニーテール


■上品で優雅、女性らしさも高めてくれる、大人のためのアップスタイル

\Joemi by Un amiの赤井希望さんがレクチャー!/

 
完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ポニーテールは若づくり?」この疑問に答えてくれたのは、新宿三丁目にある美容院Joemi by Un amiトップスタイリストの赤井希望さん。

「そんなことありません。ポニーテールにすることでフェイスラインがキュッと引き締まった印象になりますし、毛束をしっかりと引き出すことで髪の豊かさや、ボリューム感をアピールすることもできます。髪の悩みが多くなる40代以降の方にこそ、オススメのアレンジ術です」(赤井さん)

40代に似合うポニーテールについて赤井さんは、「結ぶ位置」と「耳周りのボリューム感」が、「若づくりに見えないポニーテール」のポイントだと言います。

「長めのミディアムヘアの場合、結ぶ位置は耳半分の上部分くらいが理想。結ぶ位置を下げすぎるとフェイスラインが野暮ったく見えたり、疲れた印象、おばさん見えに直結します。〝少し高めで元気に見える〟くらいの位置が若づくりに見えない、ギリギリのラインです。あとは、耳周りのボリューム感も大事。耳上が寂しいと、一気に貧相な印象になってしまいます。耳上にボリュームが欲しいときは、毛束をねじるのが一番。その方法をご紹介します」(赤井さん)

<アレンジ方法>

アレンジ前
アレンジ前
<STEP.1>耳前と耳後ろで髪を分ける
逆サイドも同様に分ける。
逆サイドも同様に分ける。
<STEP.2>耳後ろの髪をひとつ結びにする
位置は耳半分の上部分くらいがベスト。後れ毛は作らず、すべて結んで。
位置は耳半分の上部分くらいがベスト。後れ毛は作らず、すべて結んで。
<STEP.3>耳前の髪をねじりながら後ろへ持っていき、毛先をゴムに巻きつける
ねじりがゆるいとボワっとした印象になるので、しっかりとねじって。
ねじりがゆるいとボワっとした印象になるので、しっかりとねじって。
<STEP.4>巻きつけたらピンで留める
ピンはゴムの根元に固定するイメージで。逆サイドも同様に。
ピンはゴムの根元に固定するイメージで。逆サイドも同様に。
<STEP.5>後頭部の毛束を引き出す
ゴム付近を持ちながら後頭部の髪を引き出す。高さを出したいので、しっかりと引き出してOK。ボリューム感が足りないときは、引き出した両隣の毛束も同様に引き出して。
ゴム付近を持ちながら後頭部の髪を引き出す。高さを出したいので、しっかりと引き出してOK。ボリューム感が足りないときは、引き出した両隣の毛束も同様に引き出して。
<STEP.6>ねじった毛束もゆるっと引き出す
耳にゆるっとかかるくらいを目安にねじった毛束からも、髪を引き出して。出しすぎると疲れて見えるので、耳が透けて見えるくらいを意識すると◎。
耳にゆるっとかかるくらいを目安にねじった毛束からも、髪を引き出して。出しすぎると疲れて見えるので、耳が透けて見えるくらいを意識すると◎。
<STEP.7>前髪を外巻きにする
前髪を外巻きにすることで華やかさが加わる。
前髪を外巻きにすることで華やかさが加わる。

<40代のポニーテール アレンジのコツ>

「髪の豊かさ、若々しさを叶えているのが、後頭部の丸いフォルムです。毛束を思い切り引き出して高めにつくるのがポイントです。あとは前髪をリバースすることで、肌の露出が増えて、上品さ、色っぽさも際立ちます。襟足の後れ毛は老け見えの根源なので、不要! 絶対につくらないでください」(赤井さん)

Joemi by Un amiトップスタイリスト・赤井希望さん。小柄な赤井さんですが、実は登山が好きで富士山にも登るというツワモノ!「富士山には毎年登っています。体を動かすことが好きで、ゴルフにも最近ハマっています」
Joemi by Un amiトップスタイリスト・赤井希望さん。小柄な赤井さんですが、実は登山が好きで富士山にも登るというツワモノ!「富士山には毎年登っています。体を動かすことが好きで、ゴルフにも最近ハマっています」

【40代×ポニーテール】若づくりに見えない!こなれ感のあるポニーテールのやり方7ステップ

【4】ピンで留めるだけでこなれる、ツイストポニーテール


■程よい束感と軽やかに動く毛先が好印象。ニュアンスの効いたラフな仕上がり

\ZACC vieの宮川勇人さんがレクチャー!/

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

簡単で手間もかからず、さっとまとめるだけのポニーテールですが、普通にまとめるだけでは引っ詰めた感じになり、「老け見え」「古臭い印象」に直結してしまいます。

この問題を解決してくれるのは、40代の髪悩みをアレンジで解決するスペシャリスト、ZACC vieのスタイリスト・宮川勇人さん。今回宮川さんが教えてくれるのは、巻かなくてもニュアンスが出せるラフなポニーテールの方法。

「40代以降はきっちりまとめ過ぎると実年齢よりも老けて見えたり、疲れた印象になってしまうことも。ポニーテールをする時は、ニュアンスがとにかく大切。下準備としてバームなどのスタイリング剤をなじませておいたり、手グシで髪をざっくりまとめるだけでも、自然な束感、ニュアンスを出すことができます」(宮川さん)

スタイリング剤は髪の表面だけでなく、根元からまんべんなくつけるのがコツなのだそう。「生え際、後れ毛にもしっかりなじませると、落ちてきた毛束にニュアンスが生まれ仕上がりに差が出ます。いつもは疲れた印象に見えていた後れ毛が、こなれ感のある印象になりますよ」(宮川さん)

それではニュアンスを活かした大人のポニーテールの方法をご覧ください。

<アレンジ方法>

「毛束を中央で分けるとツイストした時に後頭部がくぼんでしまいますが、斜めに分けてツイストさせることで、後頭部の毛束が盛り上がり、自然と高さが生まれます。結ぶ位置は盆の窪のちょっと下を意識すると頭の型が綺麗に見えます」(宮川さん)

アレンジ前
アレンジ前
<STEP.1>耳上の毛束を斜めに分ける
耳上の髪を二つに分ける。分ける際に分け目が斜めになるように分けるのがコツ。
耳上の髪を二つに分ける。分ける際に分け目が斜めになるように分けるのがコツ。
<STEP.2>左右に分けた毛束をツイストさせる
2回くらいツイストさせればOK。
2回くらいツイストさせればOK。
<STEP.3>ツイストさせた毛束をひとつにまとめる
毛束をひとつにまとめてゴムで結ぶ。位置は盆の窪のちょっと下。
毛束をひとつにまとめてゴムで結ぶ。位置は盆の窪のちょっと下。
<STEP.4>襟足の毛束をねじってゴム付近にピンで留める
襟足の毛束を左右に分けたら、右の毛束をねじる。ねじりながら持ち上げてゴム付近にピンで留める。
襟足の毛束を左右に分けたら、右の毛束をねじる。ねじりながら持ち上げてゴム付近にピンで留める。
逆サイドも同様に。
逆サイドも同様に。

<40代のポニーテール アレンジのコツ>

「少し下めにまとめているので、髪の内側の白髪が目立ちにくく、40代以降の方にオススメです。後れ毛はあえて出さないのが大人のルール。自然と落ちる毛束だけで十分ニュアンスが出ます」(宮川さん)

ZACC vieスタイリスト・宮川勇人さん。最近、韓国ドラマをよくみているのだそう。「韓国ドラマが好きなお客様が多いので、影響を受けてみるようになりました。ヘアスタイルやアレンジの参考にすることもあります」
ZACC vieスタイリスト・宮川勇人さん。最近、韓国ドラマをよくみているのだそう。「韓国ドラマが好きなお客様が多いので、影響を受けてみるようになりました。ヘアスタイルやアレンジの参考にすることもあります」

ツイストしてピンで留めるだけ!老け見えしない「ポニーテール」の作り方

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。