ライダーズ/beautiful people ニット/グッチ スカート/ATON バッグ/ロエベ

背が低いくせに、なぜかロングスカートが好きです。
高校生のころに買った真っ白なコットンの一着を
未だに夏になると、引っぱり出して着ているほど。
タイトやミニほど女っぽくないから、
パンツ派でも、気恥ずかしくないのかもしれません。
特にフルレングスの場合は、パンツと同じ丈と思えば
コーディネートが想像しやすくなります。
ただボリュームのあるシルエットのときは
より上半身を小さく、コンパクトにまとめて
バランスよく見えるように心がけています。
この日のスカートは腰まではフィットして、
すそに向かってフレアが入ったデザインですが
素材に適度な重量感があるから、
広がりすぎないのも着やすいポイント。
上半身をさらに小さく見せるために
ニットもスカートにINで着て、
首回りにはマフラーを小さく巻いて
視線を上に集める工夫もしてみました。
全身をモノトーンでまとめたのも、
よりスラリと見えるかな? という狙いです。

左から、千鳥格子のパンツはインコテックス。 私にとっては定番のクロップド丈。ヘリンボーンのスカートはアニエスb。ウエストが太めのリブで、締め付けない着心地もお気に入り。千鳥格子のストールは、メンズブランドTOKITO。ダブルのジャケットはストラスブルゴのセミオーダーでつくりました。ヘリンボーンという無骨な織り柄ながら、軽くやわらかいロロ・ピアーナ社のカシミア素材を選びました。同じくヘリンボーンのコートはドルチェ&ガッバーナ。ファーの襟が取り外せるのも優秀です。

背の低さをカバーするためには、
ほっそり、すっきり、スラリと見えることも大切。
自ずと黒の引き締め効果に頼ることが多くなります。
でも年齢を重ねるほどに、黒という色の強さが
しんどく感じられるようになってきました。
そんなときに選ぶようにしているのが、
ヘリンボーンや千鳥格子、写真のスカートの
グレンチェックなど、モノトーンの織り柄素材。
遠目には無地感覚で着こなしやすく、
引き締めカラーだけれど、黒ほどキツくありません。
そのうえ黒と合わせたときの表情になって
コーディネートが寂しくならないのです。

ちなみに若いころは、ただ背が低いというだけで
幼く見られがちなのが気になっていました。
花柄などのプリティな持ち味の服よりも
辛口の色柄を好んで着るようになったのも
少しでもきりっと、大人っぽく見られたいという
願望の表れだったのかもしれません。
もはや小柄だからといって、若くもかわいくも
見てもらえない年齢になりましたが(笑)、
相も変わらず、つい買ってしまう素材なのです。

(写真/エディターH&J 文/エディターJ)

【身長152cmの着こなし】シリーズはこちら

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。