髭剃りや髪の手入れをはじめとするメンズグルーミングは、紳士のたしなみとしてイギリスで成熟した経緯がある。それは世界最古の理髪店であるトゥルフィット&ヒルが1805年にロンドンで創業したことや、それと時を同じくして、イギリス中部の工業都市、シェフィールドでナイフやフォークなどの刃物産業が発展し、理髪店で上質な剃刀が使われるようになった影響が大きい。

髭剃りを発展させた、英国の刃物産業

 剃刀は、取り扱いにも研ぎ出しにも、熟練した技術が必要だったため、当時、髭を剃ることはホームケアではなく、理髪店で行うことが一般的だった。そのため、理髪店では髭剃り後に保湿ケアを施して、肌のコンディションを整えたり、さらには爪のケアまで行うようになり、それらすべてが伊達男の身だしなみとして定着したのである。

 英国紳士が豊かな髭を蓄えつつも、清潔感が損なわれない理由はここにある。

 映画『007』シリーズで初代ジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリーは、まさにそのロールモデルだろう。

ショーン・コネリーの気高い顔立ち

スコットランド エディンバラ出身。1962年の『007/ドクター・ノオ』のジェームズ・ボンド役で、世界的な人気を博した後、数々の映画に出演。1987年の『アンタッチャブル』でアカデミー助演男優賞を獲得。2000年にはナイトの称号も得ている。

 理髪店で整えられた髭は、どの角度から見ても凜々しくサマになっている。しかも、その髭の下には、なめらかでツヤのある素肌がのぞいており、その抜かりなきグルーミング感が、彼の気品や威厳を十分に醸し出している。

豊かな髭の下にはなめらかな肌がのぞく

 そんなショーン・コネリーのような髭顔を仕立てるには、実践するべき手順がある。

 まず、ひとつ目は肌をなめらかに保つために、乳液やクリーム状のエイジングケアを使うこと。

 メンズプレシャス世代は加齢や乾燥によって、肌が硬くごわついた印象になりがちだ。そこへ髭剃りや日やけによるダメージが重なると、肌色が鈍くくすんだり、キメが粗く見えてしまう場合がある。そんな悩みに応えてくれるのが、こっくりとした濃厚なテクスチャーのエイジングケアだ。乾燥や疲労感による肌トラブルを修復して、やわらかな見た目へと整えてくれる。肌の滋養強壮ケアといってよいだろう。

 それに加えて、髭を剃る際の肌ダメージを最小限に抑えることも大事なポイント。

 剃刀負けや炎症を防ぐために、髭剃り前にはシェービングクリームやローションを活用してほしい。これらは、トゥルフィット&ヒルやサンタ・マリア・ノヴェッラなど、多くの老舗ブランドからも発売されているように、古くから伊達男たちに愛されてきたグルーミングケアだ。髭剃り前に塗布することで、剃刀やシェーバーのすべりを格段に向上させるため、深剃りができるようになり、髭の剃り残しがなくなるのだ。さらに、クリームの厚みが、肌を剃刀から保護することから、髭剃り後のひりつきを予防することもできる。また、外気の乾燥が進んでしまう秋冬には、髭剃りをした後に、ポストシェーブで肌の保湿や修復を促すのもいい。ダメージを受けた肌を速やかに回復できるほか、その後に使うエイジングケアのなじみも向上する。

揺るぎのない、ノーブルな髭顔をつくる8選

 なめらかでハリのある肌をつくるエイジングケアと、洗練された髭顔をつくるシェービングアイテムを厳選。これら名品とともに、気高い顔立ちを育んでいこう。

肌にうるおいを与え、ハリのある素肌を取り戻す

左からラボ シリーズ『エイジ R+ ウオーター ジェル』●50ml ¥7,500 (ラボ シリーズお客様相談室) クラランス メン『フェルムテ バーム』●50g ¥7,400(クラランス) シスレー『シスレイオム』●50ml ¥25,000(シスレージャパン) SK‒Ⅱ『R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ』●50g ¥11,500 編集部調べ(マックス ファクター)

快適な髭剃りをサポートするシェービングケア

左からサンタ・マリア・ノヴェッラ『プレ&アフターシェービングクリーム』●100ml ¥7,600(サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座) トゥルフィット&ヒル『アルティメイトコンフォート シェービングクリーム』●100ml ¥4,300(FMS ltd.〈トゥルフィット&ヒル〉)  モルトンブラウン『ポストシェイブ リカバリーバーム』●75㎖ ¥3,800(モルトンブラウン ジャパン) イソップ 『ポストシェーブ ローション 43』●60ml ¥4,700(イソップ・ジャパン)

 エイジングケアやシェービングクリームを活用することで、肌にうるおいを蓄えておけば、たとえ無精髭を生やしたとしても格好よく見える。ラフでゆるい印象ではなく、端正でありながら色気もある、そんなジェントルマンらしい髭スタイルに仕上がるのだ。

※価格はすべて税抜です。※2015年秋号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
加藤智一 美容ジャーナリスト
BY :
MEN'S Precious2015年秋号ジェントルマン的・顔と体のエイジング道より
美容ジャーナリスト。男性誌・女性誌をはじめ、美容記事を執筆。著書に、男性のエイジングケアについて執筆した『お洒落以前の身だしなみの常識』(講談社)など。
クレジット :
撮影/小寺浩之(ノーチラス) スタイリスト/石川英治(tablerockstudio)  イラスト/須藤 俊(HUESPACE) 構成/加藤智一
TAGS: