【目次】

最新!冬の白ワイドパンツコーデ


白ワイドパンツ×ダブルフェースコート×スヌード

白ワイドパンツ×ダブルフェースコート×スヌード
カシミヤのコート¥350,000(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ウールのニット¥103,000(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、パンツ¥54,000(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スヌード¥49,000(ステディ スタディ〈イヴ サロモン〉)、バッグ¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴¥72,000(JIMMY CHOO)
[Precious12月号91ページ] 撮影/熊澤 透

ほのかなベージュに美シルエットが映えるダブルフェースのコートは、オフ白の細見えIラインにより、淡色が引き締まります。濃色スヌードも高い位置に巻くことでスタイルアップ効果が。淡色コーディネートでもぼんやり見えないスタイルアップを実現します!

白ワイドパンツ×カシミヤマント×フード付きストール

白ワイドパンツ×カシミアマント×フード付きストール
マックスマーラのカシミヤマント¥216,000・フード付きストール¥61,000・パンツ¥57,000・サングラス¥27,000・エス マックスマーラのカシミヤニットチュニック¥89,000(マックスマーラ ジャパン)、パールネックレス¥90,000(チェルキ〈ミッレ〉)、時計¥3,250,000(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ¥373,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴¥77,000(セルジオ ロッシ)
[Precious12月号92ページ] 撮影/佐藤 彩

フリンジ付きのカシミヤマントは、シンプルな装いにさらりとはおるだけで、センスアップできる一枚。色も質感もこっくりと重ねながら、足元にはヒールパンプスで、程よい緊張感を。揺れるマントと艶めき小物で、優雅な女らしさを強調しましょう!

白ワイドパンツ×ムートンファージャケット

白ワイドパンツ×ムートンファージャケット
カシミヤパンツ¥284,000・ムートンファージャケット¥868,000・バッグ¥402,000・靴¥107,000(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)
[Precious12月号107ページ] 撮影/生田昌士(まきうらオフィス)

極上の素材だけが出せる繊細なトーンのリュクスなミルキーホワイト。Aラインシルエットに愛らしさが漂う手の込んだシアリングファーのムートンジャケットに、ワイドシルエットに大人の余裕が香るベビーカシミヤニットパンツを合わせて。スニーカーまで美しいホワイトでまとめた装いに、グレージュバッグのシックな差し色が映えます。

白ワイドパンツ×白ブラウス×ファーストール

白ワイドパンツ×白ブラウス×ファーストール
トップス¥26,000・パンツ¥26,000(エンフォルド)、帽子¥46,000(ADORE 六本木ヒルズ店〈スーパードゥーパーハッツ〉)、ファーストール¥98,000(ADORE)、ネックレス¥177,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ¥277,000(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴¥92,000(JIMMY CHOO)
[Precious12月号146ページ] 撮影/水田 学(NOSTY)

澄んだ空気に包まれながら、シャンパンブランチを堪能。そんな気分にフィットするのが、クリーミートーンをていねいに重ねたリッチ・カジュアル。白~グレージュのまろやかな色味が安心感を生み出してくれます。ハリのあるウールのセットアップをベースに、帽子から靴まで小物はすべてグレージュに統一することで、ここまで洗練された雰囲気に。

白ワイドパンツ×ブラウス×ロングジレ

白ワイドパンツ×ブラウス×ロングジレ
パンツ¥26,000(エンフォルド)、ジレ¥283,000(アオイ〈マルゴン〉)、ブラウス¥108,000(キートン)、ヒロタカのピアス¥78,000・マリハのリング¥155,000(showroom SESSION)、バッグ¥179,000(アオイ〈マウロ ゴヴェルナ〉)、靴¥110,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)
[Precious11月号91ページ] 撮影/熊澤 透

主役のパンツはドレープ性に優れた暖かみあるウール素材。股上が深く、ウエストは高位置で、タックがなくすっきりしています。グリーンのラインがアクセントとなった、シアリングファーのジレとハイウエストのボトムスで、全体をロング&リーンなシルエットに。グレーグラデーションの装いにミルキーホワイトのパンツが華やかなこなれ感を生む洗練スタイルです。

冬のコーデュロイ白ワイドパンツコーデ


コーデュロイ白ワイドパンツ×メランジュニット

コーデュロイ白ワイドパンツ×メランジュニット
ニット¥183,000・パンツ¥169,000・ストール¥60,000・ブーツ¥281,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)、帽子¥55,000(ボルサリーノ ジャパン)
[Precious11月号65ページ] 撮影/浅井佳代子

冬の定番服は、素材そのものにスタイルがあるから、コーディネートしやすく、表情も豊かに。ローゲージならではのメランジュニットや、コーデュロイパンツなどもその例。ほんのり赤みを差したメランジュ編みの味わい深さ、そして、ボーイッシュなかわいさのあるコーデュロイパンツが、上級センスの要になります。

白ワイドパンツに合わせたい冬のアウターコーデ


ファー付きダブルフェースコート

ファー付きダブルフェースコート
ファー付きダブルフェースカシミヤのコート¥1,298,000・カシミヤのニット/参考商品・パンツ¥133,000・ピアス¥61,000・バッグ¥447,000(フェンディ ジャパン)
[Precious12月号72ページ] 撮影/熊澤 透

無意識のうちに撫でてしまう、フォックスファーのふわふわ、すべすべの肌触り、そしてとろけるようなカシミヤ。極上素材同士の組み合わせが、はおるたびにこのうえない高揚感をもたらします。上品なバニラグラデーションの装いは、ピュアな白パンツでクリアに、グレージュのバッグでシャープさも添えて。そして、バニラ色のニュアンスが贅沢素材のもつ幸福感を女らしく後押ししてくれます!

ファー付きカシミヤコート

ファー付きカシミアコート
ロシアンセーブルのファー付きカシミヤコート¥2,750,000(CHIE IMAI)、ブラウス¥24,000(Theory luxe)、パンツ¥32,000(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、ペンダントトップ¥320,000・チェーン¥270,000(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バッグ¥220,000(マルベリージャパン)、サングラス¥50,000(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)
[Precious12月号94ページ] 撮影/熊澤 透

淡いきれい色に使われる上質カシミヤ特有のなめらかな肌触りを、ふっくらとしたファーの感触とともに贅沢に味わえる至福のコート。この美色を生かすのは、オフ白がベスト。上質カシミヤだからこその発色の美しさを生かしてとびきりゴージャスにまとめましょう!

ファージレ

ファージレ
カシミヤのニット¥158,000・フォックスファーのジレ¥1,800,000・パンツ¥106,000・バッグ¥298,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)
[Precious12月号95ページ] 撮影/熊澤 透

淡いピンクからチャコールグレーへと、美しく移ろうグラデーションファーのジレ。ブラウスやドレス、ジャケットの上にも映える「攻め」のおしゃれが楽しめる旬の一着を、あえてカシミヤのシンプルニットとカジュアルパンツに合わせ、抜群に粋なコーディネートを。清潔感のあるバニラ色に重ねて、ピンクが溶けるように淡くまとめるのが、上級センスの決め手になります。

ファーブルゾン

ファーブルゾン
ファーブルゾン¥1,000,000・ニット¥36,000・パンツ¥85,000(ブラミンク〈ブラミンク〉)、サングラス¥29,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ[参考色]¥138,900(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリューアンダーソン〉)、グローブ¥27,000(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、リング¥45,000(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)
[Precious1月号119ページ] 撮影/生田昌士(まきうらオフィス)

カジュアルなファーアウターを、白に合わせてリッチに装うのが大人流。軽さを出すため、上質なミンクのやわらかい部分だけを使用したブルゾンには、大げさにならない贅沢さが宿ります。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious11月号』2017年・『Precious12月号』2017年・『Precious1月号』2018年・『Precious2月号』2018年、小学館
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。