【目次】

トートバッグを合わせたい冬のレディースコーデ


【1】マックスマーラのトートバッグ×ニット×スカート

【1】マックスマーラのトートバック×ニット×スカート
ニット・スカート・バッグ・ストール(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉)
[Precious11月号 小学館 2017年] 撮影/熊澤 透

温もりのあるウールカシミヤのケーブルニットに、ベビーキャメルのフレアスカートを合わせて、大人の愛らしさが漂う着こなしに。着脱可能なムートンファーがあしらわれた大きめトートバッグを携えて、季節を楽しむ散策へ。遠目にも伝わるリッチな素材感と、トーンをそろえたキャメルベージュが洗練度をアップしてくれます。

【2】マルベリーのトートバッグ×ニット×パンツ×コート

【2】マルベリーのトートバック×ニット×パンツ×コート
コート・ニット・手袋(キートン)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、バッグ(マルベリージャパン)、靴[オーダー価格](J.M. WESTON 青山店)
[Precious2月号 小学館 2018年] 撮影/熊澤 透

グレージュからくすみイエローへの変化がなんともリッチ! くすみを帯びたペールイエローは、グレージュになじみがよく、表情を明るく華やいで見せる注目色です。カシミヤを贅沢に使ったダブルフェースコートやケーブルニットの豊かな素材感が奥行きのある装いへと導いてくれる。マットゴールドのトートバッグやスエードのオックスフォードシューズなどの端正な小物を効かせた、軽快なカジュアルスタイルです。

【3】ブルネロクチネリのトートバッグ×ニット×パンツ×コート

【3】ブルネロクチネリのトートバック×ニット×パンツ×コート
カシミヤのコート・ハイネックのカットソー・パンツ・バッグ・ブローチ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)
[Precious12月号 小学館 2017年] 撮影/熊澤 透

キャリアの冬アウターとして欠かせないカシミヤのチェスターコートも、オフショルダーのややリラックス感のあるフォルムにアップデートするのが旬。ニットのように軽くしなやかなカシミヤ素材なので、細身ながら、絶妙なメリハリのある美シルエットがかないます。新たなベーシックカラーのカーキも、上品な質感で、くだけすぎない印象に好感がもてます。

【4】J&M デヴィッドソンのトートバッグ×パンツ×ニット×ジレ

【4】J&M デヴィッドソンのトートバック×パンツ×ニット×ジレ
ファージレ(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(Theory〈Theory〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)
[Precious1月号 小学館 2017年] 撮影/生田昌士(まきうらオフィス)

大人の白ファーは、甘くなりすぎず、媚びのないスタイルを導く一着を厳選したいところ。自然にカールしたランダムな質感がニュアンスを生むファージレは、チベットの高地に生息するチベタンラムとカシミヤゴートをかけ合わせたユニークなもの。スポーティー感漂うシルエットも、程よい抜け感を演出してくれます。

【5】マックスマーラのトートバッグ×パンツ×コート

【5】マックスマーラのトートバック×パンツ×コート
スポーツマックスのパンツ・グローブ[参考商品]・マックスマーラのコート・バッグ(マックスマーラ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)
[Precious11月号 小学館 2017年] 撮影/浅井佳代子

遠目からも、周囲の視線を惹きつける、オーラ漂う佇い…。それは、ラグジュアリーなボリュームコートのせいだけでなく、黒の細身パンツ~ショートブーツにかけて端正なフォルムにこだわった美意識によるもの。ふわふわキャメルのファーバッグが、全体に温かみをプラスしてくれます。

【6】ヴァレクストラのトートバッグ×ガウンコート

【6】ヴァレクストラのトートバック×ガウンコート
コート(サン・フレール〈エルマンノエルマンノ シェルヴィーノ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、手袋(ebure〈GALA GLOVES〉)
[Precious11月号 小学館 2017年] 撮影/熊澤 透

キャメルベージュと黒のミックスツイードで旬のグレンチェック柄を浮かび上がらせたガウンコート。毛足の長いフォックスファーを白×黒×茶のミックスカラーで用いた個性的なポケットが、アクセサリーいらずの華やかさを表現します。しなやかなシルエットで、共布のベルトでウエストマークしてもすっきりと決まるのも魅力。存在感十分のコートを、端正なフォルムのバッグや、シンプルなパンプスでキレ味よくまとめましょう。

【7】バリーのトートバッグ×ワンピース×ブルゾン

【8】バリーのトートバック×ワンピース×ブルゾン
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ジャケット(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス(ストラスブルゴ)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパンカスタマーサービス〈ポメラート〉)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(セルジオ ロッシ)
[Precious11月号 小学館 2017年] 撮影/小池紀行(パイルドライバー)

ワンピースはしなやかな落ち感がエレガント。ウエスト部分はゴムになっているので、着心地も抜群です。ノーカラーのレザージャケットをはおって、やや辛口に仕上げたスタイルも、ネイビーのワンピース&バッグに女性らしさが香り立ちます。

【8】アルマーニーのトートバッグ×スカート×ブルゾン

【8】アルマーニーのトートバック×スカート×ブルゾン
ブルゾン(ウィム ガゼット青山店〈KATHARINE E HAMNETTAT YMC〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(コロネット〈ミリー〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店)
[Precious2月号 小学館 2017年] 撮影/唐澤光也

ブルゾン×スカートのカジュアルなスタイルでも上質なパンプスやバッグなどの小物を合わせれば、エレガントな大人の装いがかないます。

【9】ジャンニ キアリーニのトートバッグ×パンツ×ジャケット

【9】ジャンニ キアリーニのトートバック×パンツ×ジャケット
ジャケット・パンツ(レリアン)、ブラウス(エストネーション)、ネックレス・ブレスレット(バーニーズ ニューヨーク〈サス キア ディアス〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ)、靴(アマン〈ペリーコ〉)
[Precious10月号 小学館 2016年] 撮影/水田学(NOSTY)

ホワイトのショートジャケット×ワイドパンツのシンプルな着こなし。地味になりがちなトラッドなチェック柄のパンツも、明るい茶色のレザートートバッグを合わせれば、華やかに着こなせます。

【10】マックスマーラのトートバッグ×パンツ×カーディガン

【10】マックスマーラのトートバック×パンツ×カーディガン
マックスマーラのスヌード・パンツ・バッグ・エス マックスマーラのカーディガン[共布ベルト付き]・ニット(マックスマーラ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)
[Precious10月号 小学館 2017年] 撮影/熊澤 透

白に近いオフグレージュ?ライトグレージュでまとめたロング&リーンシルエットのワイドパンツスタイル。そこに、顔映えするミンクスヌードでエレガントな美人オーラを授けて。ファースヌードは肩下まで覆うほどたっぷりと幅があるのでアウター感覚で活躍してくれます。

【11】モワナのトートバッグ×パンツ×ファーベスト

【11】モアナのトートバック×パンツ×ファーベスト
ジレ(MOGA)、ニット(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈チノ〉)、パンツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、サングラス(ブリンク・ベース〈ティエリー ラスリー〉) 、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)、靴(ガリャルダガランテ 表参道店〈ペアズ イン パリス〉)
[Precious12月号 小学館 2016年] 撮影/佐藤 彩

トップスを華やかにするファージレを合わせるなら、ワイドパンツやインナーはカラートーンを統一。色をそろえることで、ファージレを強調させることができます。ゆったりしたシルエットの休日スタイルに合わせるバッグはトートバッグがぴったり。

【12】ジミーチュウのトートバッグ×パンツ×チェスターコート

【12】ジミーチュウのトートバック×パンツ×チェスターコート
コート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ニット・パンツ(Theory)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)
[Precious12月号 小学館 2016年] 撮影/水田 学(NOSTY)

クールなチェスターコートには、ピンクベージュのアイテムを合わせて品のある女性のスタイルに。ベージュ系の配色でまとめると、やわらかい印象にまとまります。ヒールを覆うほど長いワイドパンツを合わせると、縦長ラインを強調する、優雅で風格漂うスタイルに。トートバッグの女性らしい色味を着こなしのアクセントに効かせましょう。

【13】ボルボネーゼのトートバッグ×パンツ×ファー付きカーディガン

【13】ボルボネーゼのトートバック×パンツ×ファー付きカーディガン
ファー付きカーディガン・靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ニット(三崎商事〈マロ〉)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈アネック ドート〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)
[Precious2月号 小学館 2017年] 撮影/水田 学(NOSTY)

優雅なスタイルをつくるロングカーディガン。ワイドパンツを合わせることで、カーデの裾がキレイに広がりをみせます。配色は同系色でまとめて、Iラインを崩さないようにすると綺麗なスタイルが実現。バッグは小さめトートを選んで、脇役になるように工夫するといっそう効果的です。

【14】ボッテガ・ヴェネタのトートバッグ×パンツ×ニット

【14】ボッテガ・ヴェネタのトートバック×パンツ×ニット
コート・ニット・パンツ・バッグ・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)
[Precious10月号 小学館 2017年] 撮影/熊澤 透

体を締め付けないニットとワイドパンツの組み合わせは、きちんと見えてノーストレス。長時間のお買い物でも疲れ知らずのスタイルです。バッグも同系色のトートがリラックスできてぴったり。

【15】ニナ リッチのトートバッグ×スカート×ライダース

【15】ニナ リッチのトートバック×スカート×ライダース
エルマンノ シェルヴィーノのジャケット・エリザベス アンド ジェームスのスカート・ニナ リッチのバッグ(コロネット)、ニット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ルヴェルソーノアール〉)、グローブ(アングローバルショップ表参道〈デミ クラブ〉)
[Precious1月号 小学館 2016年] 撮影/水田 学(NOSTY)

辛口ライダースにニットのタイトスカートというハンサムなファッションには、センシュアルな赤いトートバッグで女性らしさをアップさせるのが正解です。

【16】ファビオ ルスコーニのトートバッグ×パンツ×ニットポンチョ

【16】ファビオ ルスコーニのトートバック×パンツ×ニットポンチョ
ニットパンツ(MOGA)、ニットポンチョ(haunt代官山〈バルバジェイダ〉)、ニットプルオーバー(VINCE表参道店)、グローブ(クルチアーニ 東京ミッドタウン店)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)、靴(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ANTHOLOGY〉)
[Precious2月号 小学館 2016年] 撮影/川田有二

ニットonニットは個性が光るレザーフリンジ付きポンチョで、都会的で洗練された着こなしに。ローゲージの手編みニットは今っぽいビッグシルエットを楽しんで。バッグも同系色のトートタイプがおすすめです。

冬のコーデに合わせたいブランドトートバッグ


【1】犬をモチーフにしたグッチのトートバッグ

犬をモチーフにしたグッチのトートバック
ボストンテリアがモチーフのミニトートバッグ【縦22×横27.5×マチ11㎝】¥138,000(グッチ ジャパン)
[Precious11月号67ページ] 撮影/小池紀行(パイルドライバー)

ファッション・デザイナーには昔から犬好きが多く、オートクチュールのアトリエに自由に出入りしてデザイナーに寄り添い、顧客の相手をしたり…。犬は、デザイナーにとって、孤高のクリエイティブワークに安らぎを与える大きな存在。最近では、トム・ブラウン、マーク・ジェイコブス、そして、ルイ・ヴィトンのキム・ジョーンズ、グッチのアレッサンドロ・ミケーレなども犬好きとして有名。個人のインスタグラムにはかわいい犬の画像が掲載され、作品のモチーフになった犬もいて、要チェックです!

【2】ボッテガ・ヴェネタのトートバッグ「カバ」

ボッテガ・ヴェネタのトートバッグ『カバ』
左から/バッグ「カバ」素材:ベビーカーフ×クロコダイル 【縦25×横40×マチ16cm】¥1,600,000・チェーンウォレット 素材:ベビーカーフ  【縦10.5×横21×マチ3cm】¥128,000(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)
[Precious9月号 小学館 2017年] 撮影/唐澤光也、宗髙聡子(パイルドライバー)

トレンドとラグジュアリーを両立した、ボッテガ・ヴェネタの名品「カバ」。ゴールドレザーの編みとクロコダイルハンドルという「美貌」のコンビには、卓越した高度な職人技が光ります。このうえない美しさと贅沢さを、ぜひあなたの手元で輝かせてみては。

【3】J&M デヴィッドソンのレザートートバッグ

【3】J&M デヴィッドソンのレザートートバッグ
バッグ「ベル」【縦24× 横43×マチ23㎝】¥160,000(J&M デヴィッドソン 青山店)
[Precious2月号 小学館 2018年] 撮影/小池紀行(パイルドライバー)

エッジが効いて華やかなスタッズ使いが人気の、一枚革のトートバッグ。グレー味を強くし、赤みをやや抑えたグレージュの色味が、やわらかさや優しさに加え、凛とした美しさも漂わせます。

【4】アクリスのシルバートートバッグ

【4】アクリスのシルバートートバッ
左/「アイ スモール メッセンジャー」¥196,000、右/「アレックス スモール」¥170,000
[Precious2月号 小学館 2018年] 撮影/小池紀行(パイルドライバー)

アクリスのアイコンともいえる三角型バッグ「アイ スモール ショルダー」と「アイ スモール メッセンジャー」は、センターのベルトを外すとトートバッグに変身。その日の荷物によって、異なる表情を楽しめる2WAY仕様なのが人気です。

【5】プラダの新しいアイコンバッグ「プラダ エティケット」

プラダの新しいアイコンバッグ「プラダ エティケット」
バッグ 各「プラダ エティケット」【縦29.5×横34×マチ15㎝】¥230,000(すべて予定価格)

PRADA(プラダ)の新アイコンバッグとして登場した「プラダ エティケット」は、メゾンの歴史をともに構築してきたウエアのインサイドラベルを、バッグの表面にあしらうという大胆なアプローチが話題に。何色にも染まれるシンプルなトートバッグは、荷物の多いキャリア女性にも最適です。