年齢を重ねるとともに顔の造型は変化していく。20代の頃は逆三角形でシャープな顔立ちを保っていても、40代、50代と時間が経過するとともに、顔にたるみが目立ち始め、やがて逆三角形がラグビーボールのように面長へ変化する。肉体同様、顔も重力に抗うことができず、たれさがっていくのだ。だが、顔がたるんでしまうと、見た目印象に締まりがなくなる。たとえ上質でエレガントなスーツを着用したとしても、顔のたるみがスーツの凜々しさや緊張感を奪ってしまうからだ。

老化には抗えない。とはいえ、フェイスラインはなるべく引き締まった状態を維持するのが理想的。俳優でいえば、ジュード・ロウの顔立ちがそうだ。

エレガントな印象は引き締まった横顔で完成する

ジュード・ロウの精悍に引き締まった小顔を手に入れよ!

イギリス・ロンドン出身。俳優。『太陽がいっぱい』のリメイク、『リプリー』(1999年)で英国アカデミー賞助演男優賞を受賞。ほか、『A.I.』、『コールドマウンテン』、『シャーロック・ホームズ』、『グランド・ブダペスト・ホテル』などヒット作に出演。今後も『シャーロック・ホームズ3』、『アーサー王』などがある。

2004年に米ピープル誌にて、「最もセクシーな男性」に選出された彼の魅力は、そのシャープな横顔にある。顔の輪郭から頰にかけて、余分なぜい肉がなく鋭角的。あごや首のラインにもゆるみがないため、正面顔はもちろん、横から見ても美しい。横顔は自分で見ることはほとんどないが、他人からは意外に見られている角度。この美しく凜々しい横顔が、ディオールやダンヒルなど、多くのファッションブランドが彼をイメージモデルとして起用している要因のひとつであるはずだ。

では、われわれがそんなムダのない横顔を目ざすにはどうすればいいか。その答えとなるアイテムが、ドゥ・ラ・メールの最高峰コレクション、『ジェネサンス ドゥ・ラ・メール』から発売される贅沢な美容液、『ザ・セラム エッセンス』だ。

セレブリティ御用達の高級美容液

ドゥ・ラ・メール『ジェネサンス ドゥ・ラ・メール ザ・セラム エッセンス

ドゥ・ラ・メールの最高峰コレクション、『ジェネサンス ドゥ・ラ・メール』の最初の製品として登場する美容液。独自成分であるクリスタル ミラクルブロス、海洋由来の原料、そして最新のテクノロジーを組み合わせて完成させた、ラグジュアリーな美容液。保湿成分を角質層の奥まで届け、やわらかでハリのある肌へと導く。また、パッケージにはシャンパンゴールドの小瓶を採用。ワイン醸造家がテイスティングのために使うピペットからインスピレーションを得て、1滴ずつ、正確にすくい出せるよう設計されている。●30ml¥70,000(ドゥ・ラ・メールお客様相談室)

ドゥ・ラ・メールはハリウッドセレブにも愛用されるなど、高級コスメの代名詞として知られているが、こちらは「短時間で多くの肌効果がほしい」というセレブリティの期待にも応える、ブランド渾身の一作。ハリウッドの役者たちは多忙であるがゆえに、われわれが思うほど、肌のメンテナンスのためにスパやエステには行っていない。ただ、どんな配役にも応えられるように、肌を健康な状態に保たなければならず、自宅でどれだけ上質なグルーミングケアができるかが、スキンケアのカギとなる。この美容液はブランドの集大成と言えるだけあり、単にシワやくすみに効く、というシンプルな肌効果をかなえるだけに留まらない。濃密なハリを与えたり、毛穴を目立たなくしたりと、肌そのものを強くしながら、顔立ちさえも整えていくシステムを採用しているのだ。

その点が、ジュード・ロウのような引き締まった肌をかなえるポイント。肌悩み別に、化粧品を何品も使いたくないというセレブリティのために、小ジワやシミ、くすみやがさつきなど、それらの細かい肌トラブルを解消しながら、顔を引き締めていくというアプローチで挑んでいるのだ。

そのため肌への効果は高く、一晩使っただけで、なめらかさへの手応えがわかる。しかも、使い続けていくと、まるでホテルのスパでフェイシャルケアを受けた後のような力強いハリを実感。顔立ちが引き締まっていく手応えを得られるはずだ。

ハイブランドの最高峰コレクションだからこそ、その期待に恥じない満足感を得られる一本。ハリウッドの伊達男たちが心酔するエッセンスで、ぜひ横顔ケアを実践してほしい。

※価格は税抜です。※2016年春号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
加藤智一 美容ジャーナリスト
BY :
MEN'S Precious2016年春号男の肌の曲がり角は50歳! その前に伊達男のすべきことは…ジェントルマン的・顔と体のエイジング道より
美容ジャーナリスト。男性誌・女性誌をはじめ、美容記事を執筆。著書に、男性のエイジングケアについて執筆した『お洒落以前の身だしなみの常識』(講談社)など。
クレジット :
撮影/小寺浩之(ノーチラス)  スタイリング/石川英治(tablerockstudio)  構成/加藤智一
TAGS: