寒さも和らぎ、ファッションはすでに春モードです。明るい色の服を着たくなってくるこの季節、大人の春を彩る最旬コーデを紹介します。

【目次】

【2018年】最新レディース春コーデ


【1】ニット×ピンクパンツ×スカーフ

【1】ニット×ピンクパンツ×スカーフ
スカーフ・ピアス・ブレスレット(エルメスジャポン)、ニット(ブラミンク)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ピンクをリズミカルに重ねてつくる軽快さの際立ったパンツスタイル。90㎝四方のカレ(スカーフ)を首元にあしらえば、装いがとたんにドラマティックに変化します。エルメスのカレの記念すべき第1号の柄がグラフィカルにアップデートされた新作は、ピンクでも辛口な仕上がり。黒ニットでなく、ネイビーとの合わせにシフトすると爽やかさが高まって春らしい印象になります。

【2】ピンクカーディガン×Tシャツ×パンツ×ストール

【2】ピンクカーディガン×Tシャツ×パンツ×ストール
カーディガン・Tシャツ・ストール(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴[オーダー価格](J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

上質なカシミヤウールのやわらかさを表現するのに最適なのがペールピンクです。麻と綿のシャリ感のあるパンツを合わせ、今春のリラックスした雰囲気に仕上げましょう。甘いピンク×涼しげなブルーで色味とテイストをミックスさせて、こなれた余裕を感じさせて。

【3】ベージュコート×ブラウス×パンツ

【3】ベージュコート×ブラウス×パンツ
マックスマーラのコート・ブラウス・パンツ・スポーツマックスの靴(マックスマーラジャパン)、バッグ(ロエベ ジャパン)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

グローブに用いられるほど、薄手のスエードで仕立てられたコート。内側はナッパ加工を施した凝ったつくりで、素材が奏でる美しいコントラストに魅了されます。白のコットンパンツを合わせてクリアな印象に。太陽のように鮮やかなキャンバスバッグが、淡色コーディネートのカンフル剤になってくれます。

【4】ベージュレザーコート×パンツ

【4】ベージュレザーコート×パンツ
コート(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、パンツ(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、バッグ(ラピーヌ〈エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

こっくりとしたベージュと、肌に吸い付くなめらかなラムレザーがリッチな雰囲気を醸し出すコート。比翼仕立てのフロントやメタルボタン付きのベルトなど、ハンサムなディテール使いが粋です。レザーコートのスリムなシルエットを生かすように、ベルトを締めてかっこよく着こなしましょう。センタープレス入りのパンツもベージュを選び、品よくまとめたぶん、レザーのバックパックは可憐な色を効かせて、溌剌と!

【5】白ジャケット×ニット×パンツ

【5】白ジャケット×ニット×パンツ
ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェースジャケット。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情になります。春には少々重めなネイビートーンでも、ジャケットのクリアな白がワントーン明るく見せてくれるのです。あえて細身のスティックパンツに合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディラインを華奢に見せるテクニック。

【6】フラワービジューコート×ブラウス

【6】フラワービジューコート×ブラウス
コート・バッグ・ブラウス(グッチジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

主役のコートは、思わず笑顔を誘うような春らしいミントグリーンと、パールビーズやスパンコールを立体的にあしらったフラワービジューの組み合わせが、なんともキュート! ウォーム感のあるウールのダブルフェース素材です。クラシカルなバンブーバッグがモダンに進化した心浮き立つバッグを合わせると、きれい色のレトロなコートに、ピュアなホワイト×クリアなグリーンハンドルが映え渡ります。

【7】ピンクスエードコート×シャツ×タイトスカート

【7】ピンクスエードコート×シャツ×タイトスカート
コート・バッグ・シャツ・スカート・ネックレス(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

コートの注目すべき点は、肩の部分に手作業で染料をスプレーし、オフホワイトからピンクへとニュアンスをつけた美しいグラデーション。さらに、裾と袖にメタルアイレットなどの装飾を配し、個性あふれる一着に仕上げています。しなやかなカーフスエードならではの素材感を生かして、さっとはおる感覚で着こなしましょう。

【8】ラップコート×ニット×グリーンパンツ

【8】ラップコート×ニット×グリーンパンツ
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

むだな装飾をいっさい施さず、シンプルを極めたラップコート。アニオナの定番素材ともいうべきウールのダブルフェースで、軽やかに仕上がっています。サイドスリットを深く入れているため、歩くたびに裾が翻り、春のウキウキした気分を後押ししてくれそう。鮮やかなグリーンとネイビーとの配色も爽快です。

【9】ターコイズカーディガン×ニット×パンツ

【9】ターコイズカーディガン×ニット×パンツ
パンツ(REYC)、カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

センタープレス入りのパンツは、シルクシャンタンを思わせる光沢が美しい、ベーシックでもニュアンスのある一着。万能の黒パンツは、きれい色と相思相愛で、鮮やか色もシックに楽しめます。

【10】白ジャケット×ニット×パンツ×ストール

【10】白ジャケット×ニット×パンツ×ストール
ジャケット・ストール(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ニット(エンフォルド)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(TOMORROWLAND〈TOMORROWLAND〉)、サングラス(バーバリー アイウェア)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

成熟した女性のジャケットスタイルは、一歩間違えると相手を圧倒してしまう威圧感が悩みの種。むしろ女らしさを意識したほうが好印象を与えます。しなやかなラインをつくるよう、ジャケットもボトムも、とろみのある素材や、流れるようなシルエットを選ぶと効果的。足元は女度を上げるヒールがお約束です。襟元から前立てにかけて、黒×白のステッチがアクセントになった端正な一ジャケット。レーヨン混のとろみのある生地と、サイドスリットのおかげで軽快な着心地が魅力です。小物までモノトーンでまとめて凛とした女性像を意識して。

【11】ピンクブルゾン×Tシャツ×フレアスカート

【11】ピンクブルゾン×Tシャツ×フレアスカート
ドゥロワーのブルゾン・ドラゴンのバッグ(ドゥロワー 丸の内店)、アバティのTシャツ・エリザベス アンド ジェームスのスカート(コロネット)、時計(ブライトリング・ジャパン)、靴(ebure〈アルムナエ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

今春、ぜひ取り入れたいのが大人のスポーツテイスト。ブルゾンはパワフルなピンクを選択。その迫力に負けないようにたっぷりしたフレアスカートで女力ある華やぎを加味しましょう。端正なアイボリーカラーとなら、軽快さも十分です。

【12】白ジャケット×ブラウス×白パンツ

【12】白ジャケット×ブラウス×白パンツ
エス マックスマーラのジャケット・マックスマーラのブラウス・パンツ・バッグ・ストラップ(マックスマーラ ジャパン)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレスとして使用したブレスレット[チャーム付き]・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ジャケットはアンゴラ混ウール地のダブルフェースで、低めのスタンドカラーがスタイリッシュな印象。ジャケットの着丈が長いぶん、ハイウエストを意識すればすっきりとまとまります。

春の白スカートコーデ


【1】白スカート×レースブラウス

【1】白スカート×レースブラウス
プルオーバーブラウス[キャミソール付き](ウールン商会〈フィロソフィ ディ ロレンツォセラフィニ〉)、山羊革のスカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ペンダント・リング(ナガホリ〈ロビンソン ペラム〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

優雅なフルレースのブラウスも、デザイン性の高いレースなら愛らしさも感じられます。オフホワイトでまとめて、上品なインパクトを全身から放って。

【2】白スカート×ブルゾン×スカーフ

【2】白スカート×ブルゾン×スカーフ
ブルゾン(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

わずか3㎜と紙のように薄くなめされたゴートスエードのフーデッドブルゾン。驚くほど軽いうえ、まるでベルベットのようなソフトな肌触りも魅力です。淡色グラデーションにまとめたスタイルに、爽やかなブルーのシルクスカーフをひと巻き。顔周りがパッと華やぎ、女性らしい優しさが生まれます。

【3】白スカート×白ジャケット×ニット

【3】白スカート×白ジャケット×ニット
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、着こなしをフレッシュに彩ってくれます。

【4】白スカート×コート×白ニット

【4】白スカート×コート×白ニット
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット・スカート(アキコオガワ インターナショナル〈アキコオガワ ランジェリー〉)、バッグ(ADORE)、サングラス(ミラリ ジャパン〈マイケル・コース〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

清潔感のある配色とフェミニンテイストの掛け合わせは好感度バツグン。ネイビーをリンクさせたバッグと靴は、チェーン付きやポインテッドトウを選ぶと、大人っぽくキレ味よくまとまります。

【5】白スカート×ネイビーコート×カットソー

【5】白スカート×ネイビーコート×カットソー
コート(ナイツブリッジ・インターナショナル〈オールド イングランド〉)、トップス(レナウン プレスポート〈レステラ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ウノアエレのネックレス・ワンエーアールバイウノアエレのバングル(ウノアエレ ジャパン)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ハリのあるネイビーのコートは、だれからも愛される上品さが魅力。学生風にならないように、艶や動きのある華アイテムを合わせましょう。裾フリンジのトップスと艶めくプリーツスカートで知的なネイビー×ベージュを優美に演出して。

【6】白スカート×コート×レザーブルゾン

【6】白スカート×コート×レザーブルゾン
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ブルゾン(エリオポール銀座〈チンクワンタ〉)、トップス(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、スカート(コロネット〈J.W.ブライン〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト〈ロベルタ ディ カメリーノ〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ゴム引き素材で仕立てたゆったりシルエットのトレンチは、小粋なカーキ色が今年らしさの決め手に。インナーとスカートで白を配して、すっきりとまとめた上品スタイルです。

【7】白スカート×白ブラウス

【7】白スカート×白ブラウス
ブラウス・スカート・ピアス・バッグ※日本橋三越限定(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一見、ごくシンプルな着こなしのように見え、深めのネックラインやオーバーサイズなど、計算し尽くされたシルクブラウス。歩くたびにひらりと揺れるラップスカートも同色でそろえたら、仕上げにクロコダイルのバッグでキレ味を出して。ていねいに染め上げたブルーグラデーションの色調がワントーンスタイルの洗練度をぐっと上げてくれます。

春のネイビースカートコーデ


【1】ネイビースカート×キャメルコート×カットソー

【1】ネイビースカート×キャメルコート×カットソー
コート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、トップス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ピアス・バングル各(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

こっくりとしたキャメル色を、ローブのようにまとうエレガントなトレンチコートが主役。黒との強いコントラストが、キレのいい華やぎを表現してくれます。

【2】ネイビースカート×ブルゾン×カーディガン×シャツ

【2】ネイビースカート×ブルゾン×カーディガン×シャツ
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、アリュードのカーディガン・イレブンティのスカーフ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ウィッスルズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス(GALERIE VIE 丸の内店〈MODERN WEAVING〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン) バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ビシッと決めたジャケパンにあえてラフなミリタリーブルゾンを重ねるところがオシャレ。程よくボディにフィットするニットのタイトスカートを合わせて、きちんと感とキレのある女らしさをアピールしましょう。白シャツの襟でキリッと引き締め、小紋柄スカーフとの合わせワザでかっこよくまとめて。

春のカーキスカートコーデ


【1】カーキスカート×白シャツ×スカーフ

【1】カーキスカート×白シャツ×スカーフ
シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、スカート(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、シルクスカーフ『マハラニの庭』[90×90㎝]・バングル(エルメスジャポン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ラフに巻いたスカーフや少しビッグサイズへとアップデートした白シャツ…「上品なくずし」が絶妙な装いへと導いてくれます。ベーシック派こそ、今っぽさには敏感でありましょう。

【2】カーキスカート×コットンブラウス

【2】カーキスカート×コットンブラウス
ブラウス(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、バッグ(PredPR〈プロエンザ スクーラー〉)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フルレースのコットンブラウスは、カットワークの柄も、五分袖のボリュームスリーブも清楚な女らしさが魅力です。トレンドのシックカラー・カーキでまとめれば、こなれ感も生まれて、ただならぬ存在感と上級センスが漂う着こなしになります。

春の黒スカートコーデ


【1】黒スカート×ピンクジャケット×ニット

【1】黒スカート×ピンクジャケット×ニット
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

装飾を省いた極めてミニマルなデザインながら、大きめテーラードカラーのデザインが豊かで女らしい表情を引き出してくれるジャケット。驚くほど軽いファブリックは触り心地なめらかなカシミヤ100%です。タートルニット×タイトスカートは最愛のブラックでまとめ、小物は知的なスクエア形で統一してクールな印象に。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立ててくれます。

【2】黒スカート×ロングジャケット×ブラウス

【2】黒スカート×ロングジャケット×ブラウス
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス( フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ジャケットの着丈はヒップラインを覆う72㎝。ダブルブレストの本格サルトリアルジャケットながら、スパンコールで描かれたウィンドーペンやコットンリネンのさらっとした着心地がジャケット特有の堅さを払拭してくれます。メンズライクなロングジャケット×とろみスカートの新鮮なコンビネーションの足元は、ヒールで女らしくまとめるのが正解です。

【3】黒スカート×黒ニット

【3】黒スカート×黒ニット
ケイトのニット・リカのスカート(ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

プレーンな黒を組み合わせる着こなしは、異なる素材をミックスし、アクセントを効かせましょう。スカートのゴールドボタンやサングラス、ジュエリーでリッチ感もアップさせて。

【4】黒スカート×トレンチコート×カットソー

【4】黒スカート×トレンチコート×カットソー
コート・トップス・スカート(アクネストゥディオズ アオヤマ)、サングラス(サラディストリビュージョン東京〈エナロイド〉)、バングル(ジョージ ジェンセン ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

生地の心地よい重みと、とろみのある素材感で、流れるようなドレープが堪能できるトレンチコート。オールブラックの装いにフォレストグリーンの発色のよさが際立ちます。

【1】ベージュスカート×ピンクブラウス

【1】ベージュスカート×ピンクブラウス
ブラウス(ブラミンク)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子(ドゥロワー 丸の内店〈アルバータス・スワンポエル〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

身につけると気分が高まる鮮やかピンクなら美人度が上昇。今季新鮮さが漂うピンクの筆頭は、目の覚めるようなフューシャピンクです。顔映りもよく若々しい色のパワーを味方につけて、クラス感を演出しましょう。

【2】ベージュスカート×ベージュブラウス

【2】ベージュスカート×ベージュブラウス
共布ベルト付きブラウス・共布ベルト付きスカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモンアルカンタラ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

肌になじむベージュのワントーンは、深みのある赤のバッグをアクセントに。素材は伸縮するので着やすさも抜群です。

【3】ベージュスカート×グリーンシャツ

【3】ベージュスカート×グリーンシャツ
シャツ(マディソンブルー ヘッドストア〈 マディソンブルー〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈 シクラス〉)、ディオール ファイン ジュエリーのリング『マイ ディオール』・ディオール タイムピーシズの時計(クリスチャン ディオール)、 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

アースカラーの濃淡の着こなしに、ゴールドのリングを加えただけで、表情まで華やかに。