寒さも和らぎ、ファッションも冬から春へと華やいできています。そこで、30代~40代におすすめしたいこの春の最旬コーディネートを集めてみました。

【目次】

春ファッション【スカートコーデ】


【1】プリーツスカート×イエローニット

【1】プリーツスカート×イエローニット
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローの爽やかさが際立って、スタイリッシュになります。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。

【2】フレアスカート×ピンクブルゾン×Tシャツ

【2】フレアスカート×ピンクブルゾン×Tシャツ
ドゥロワーのブルゾン・ドラゴンのバッグ(ドゥロワー 丸の内店)、アバティのTシャツ・エリザベス アンド ジェームスのスカート(コロネット)、時計(ブライトリング・ジャパン)、靴(ebure〈アルムナエ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

今春、ぜひ取り入れたいのが大人のスポーツテイスト。ブルゾンはパワフルなピンクを選択。その迫力に負けないようにたっぷりしたフレアスカートで女力ある華やぎを加味しましょう。端正なアイボリーカラーとなら、軽快さも十分です。

【3】タイトスカート×ピンクジャケット×ニット

【3】タイトスカート×ピンクジャケット×ニット
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

装飾を省いた極めてミニマルなデザインながら、大きめテーラードカラーのデザインが豊かで女らしい表情を引き出してくれるジャケット。驚くほど軽いファブリックは触り心地なめらかなカシミヤ100%です。タートルニット×タイトスカートは最愛のブラックでまとめ、小物は知的なスクエア形で統一してクールな印象に。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立ててくれます。

【4】ロングスカート×ピンクブラウス

【4】ロングスカート×ピンクブラウス
ブラウス(ブラミンク)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子(ドゥロワー 丸の内店〈アルバータス・スワンポエル〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

身につけると気分が高まる鮮やかピンクなら美人度が上昇。今季新鮮さが漂うピンクの筆頭は、目の覚めるようなフューシャピンクです。顔映りもよく若々しい色のパワーを味方につけて、クラス感を演出しましょう。

【5】タイトスカート×ピンクコート×シャツ

【5】タイトスカート×ピンクコート×シャツ
コート・バッグ・シャツ・スカート・ネックレス(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

コートの注目すべき点は、肩の部分に手作業で染料をスプレーし、オフホワイトからピンクへとニュアンスをつけた美しいグラデーション。さらに、裾と袖にメタルアイレットなどの装飾を配し、個性あふれる一着に仕上げています。しなやかなカーフスエードならではの素材感を生かして、さっとはおる感覚で着こなしましょう。

【6】ロングスカート×ベージュブルゾン

【6】ロングスカート×ベージュブルゾン
ブルゾン(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

わずか3㎜と紙のように薄くなめされたゴートスエードのフーデッドブルゾン。驚くほど軽いうえ、まるでベルベットのようなソフトな肌触りも魅力です。淡色グラデーションにまとめたスタイルに、爽やかなブルーのシルクスカーフをひと巻き。顔周りがパッと華やぎ、女性らしい優しさが生まれます。

【7】タイトスカート×ネイビーブルゾン×ニット

【7】タイトスカート×ネイビーブルゾン×ニット
ブルゾン(ボウルズ〈ハイク〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈エンリスト〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(IWC)、バッグ(CPR TOKYO〈フリン〉)靴¥9,800(ebure〈スペルガ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

'60年代に一世を風靡した「US ARMY M51フィールドジャケット」のディテールを踏襲したメンズライクなブルゾン。地厚なコットンを裏地なしで仕立てることで、軽やかさを追求しています。深いネイビーのブルゾンには、春色のボーダースカートが小粋に映えます。

【8】ロングスカート×黒カットソー

【8】ロングスカート×黒カットソー
スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、カットソー・リング・ブレスレット(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴¥9,500(コンバース) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

たっぷりとした分量感ながら、ふわっと軽やかなチュールスカート。足元に白スニーカーを合わせてカジュアルに仕上げ、軽やかなドレスアップを楽しみましょう。

【9】白スカート×ジャケット×ニット

【9】白スカート×ジャケット×ニット
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、着こなしをフレッシュに彩ってくれます。

【10】レーススカート×レースカットソー

【10】レーススカート×レースカットソー
トップス・スカート(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

どこまでも続く花畑に囲まれているような、夢見心地へと誘う、上質なピンクのレース。ヴァレンティノが誇る定番の「ヘビーレース」は、網目を多くもたず、花々のモチーフの輪郭を繊細につなげているのが特徴です。イタリアの伝統的な製法により紡ぎ出されたレースならば、淡いピンクの色調でも甘いだけに終わらず、特別な存在感を放ってくれます。

【11】カーキスカート×シャツ×スカーフ

【11】カーキスカート×シャツ×スカーフ
シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、スカート(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、シルクスカーフ『マハラニの庭』[90×90㎝]・バングル(エルメスジャポン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ラフに巻いたスカーフや少しビッグサイズへとアップデートした白シャツ…「上品なくずし」が絶妙な装いへと導いてくれます。ベーシック派こそ、今っぽさには敏感でありましょう。

【12】ロングスカート×ブルゾン×カットソー

【12】ロングスカート×ブルゾン×カットソー
ブルゾン(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、トップス(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ファビアナ フィリッピ)、ネックレス・ブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

はおるだけで上級センスが宿るMA-1風ブルゾンを主役に。カジュアルなブルゾンを仕事シーンでさりげなく着こなすには、知的なライトグレーでなじませることが大切です。さらに、艶や透け感など、素材の違いを明確にすれば、全体がぼやけず奥行きのある着こなしが完成。コクのあるグレージュバッグが引き締め役になってくれます。

【13】ミモレ丈スカート×グレーブラウス

【13】ミモレ丈スカート×グレーブラウス
シルクブラウス(ウィム ガゼット〈ロバート フリードマン〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

いつもならシックな黒やベージュに合わせていたグレージュのシルクブラウスも、ボトムをきれい色に変えるだけで、表情まで生き生きと新鮮になります。合わせたきれい色は…しっとりとやわらかな質感を生かしたミモレ丈のフレアスカート。深みのあるオレンジだから華美になりすぎず上品。トップスをインして、共布のベルトでウエストマークすれば、スタイルアップ効果も狙えます。

【14】イエロースカート×カーディガン

【14】イエロースカート×カーディガン
カーディガン(ビームス ハウス 丸の内〈ルトロワ×デミルクス ビームス〉)、スカート・ブレスレット(エディション・デコ 阪急百貨店 阪急うめだ本店〈ミリアム・ハスケル〉)、バッグ(アオイ〈カパフ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

黄色は身につけるだけで元気になれるビタミンカラー。ただし、膨張色であるために、着こなしにメリハリをつけることが大切です。トップスは黒のVカーディガンをあえてコンパクトにまとめ、ふんわりとしたスカートとの絶妙なバランスで、大人のかわいさを実現させましょう。

【15】ピンクスカート×黒ニット

【15】ピンクスカート×黒ニット
ニット・スカート(ブラミンク)、ネックレス・チャーム(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ザ ライト〈マックス ピティオン〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フューシャピンクのスカートは、優雅に揺れる流麗なシルエットが特徴。そんなフェミニンなボトムには、黒のシンプルニットで、スポーツテイストをプラスしましょう。サングラスや斜めがけバッグなどの黒を効かせた辛口小物も効果的です。

【16】ミモレ丈スカート×黒ニット

【16】ミモレ丈スカート×黒ニット
ニット(ルシェルブルーカスタマーサービス〈アイレネ〉)、スカート(wb)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈タタボレロ〉)、バッグ(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈ペラン〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

きゅっと絞ったウエストからランダムに入れたタックでボリュームを加えたスカートは、ふくらはぎにかかるくらいのミモレ丈。情熱的な朱赤を落ち着いて見せるメリハリある配色も、黒の分量を控えめに、また全身にちりばめることで、優しく親しみやすい雰囲気になります。

【17】グリーンスカート×ジャケット×カットソー

【17】グリーンスカート×ジャケット×カットソー
ライトグレーのジャケット(クルチアーニ銀座店)、ネイビーのVネック半袖コットントップス(コロネット〈アバティ〉)、グリーンのフレアスカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレスチャーム・ネックレスチェーン(ウノアエレ ジャパン)時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ミラノリブジャケットは、程よい地厚加減によるサポート力と、ニットの軽やかさが相まって、気負わない今の気分にぴったり。短め丈に、春色のふんわりスカートがバランスよく映えます。

【18】オレンジスカート×赤ニット

【18】オレンジスカート×赤ニット
トップス・レザースカート[ベルト付き]・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

顔の表情をぱっと明るく見せる鮮やか色のトップスは、素肌がほんのりのぞく、透け感のあるポロ襟ニット。カジュアルなアイテムながら、素材感や襟の開き具合でさりげなく女らしさを感じさせるところが、今の気持ちにぴったりです。お気に入りのギャラリーを訪れる休日なら、ボトムまでワントーンでまとめて華やかに。

【19】白スカート×グリーンニット

【19】白スカート×グリーンニット
ニット・スカート・バッグ[メンズ]・イヤリング・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

往年のジャッキースタイルを彷彿させる、タートルネックニットとAラインスカートの着こなし。スカートにあしらわれたダブルGのバックルは、グッチの新時代のステートメント。グリーン×白のビビッドな配色を品格漂うスタイルで楽しみましょう。

春ファッション【ワンピースコーデ】


【1】グレーワンピース×ブルゾン

【1】グレーワンピース×ブルゾン
ブルゾン・ワンピース・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろはラムレザースエード、後ろ身ごろはジャージー素材と、異素材を組み合わせたジップアップブルゾン。スポーティーアイテムならではの、快適な着心地と軽快なフォルムをもちながら、端正で上品な印象です。その理由は、澄んだアイスグレーに染め上げたしなやかなスエードが、リッチ感を演出してくれるから。同仕様のワンピースとセットアップで着こなして、繊細な女性らしさをアピールしましょう。

【2】白ワンピース×コート

【2】白ワンピース×コート
コート[ベルト付き]・バッグ『ディオールアディクト』・ストラップ・ワンピース・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

コンパクトな上半身に対し、裾に向かって優雅に広がる構築的なフォルムが圧巻。ディオールならではのエレガントな仕立てが、黒コートに備わった気品をより確かなものにしてくれます。ウール、アンゴラ混紡の軽やかな素材も魅力です。

【3】チェックワンピース×コート

【3】チェックワンピース×コート
コート・バッグ『DG ミレニアルズ』・ワンピース・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

黒をベースにさまざまな色をミックスしたツイードコート。着丈90㎝とひざが隠れるかどうかの着やすい丈感が、シーンを選ばず活躍しそう。同素材のワンピースとセットアップで着こなせば、よりドレスアップ効果も狙えます。フラワー柄のポケットが愛らしいワンポイントに。

【4】イエローワンピース×スカーフ

【4】イエローワンピース×スカーフ
スカーフ『鞭・ブロック』[縦140×横140㎝](エルメスジャポン)、ワンピース・スカーフ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

咲き誇るミモザのような、鮮やかなシルクワンピースを肌にまとい、とびきり可憐な印象に。女性の曲線美を生かすよう、シャーリングやプリーツをアシンメトリーに施した一枚。リボンスカーフを首にそっとひと巻きすれば、風が吹くたび、ドラマティックな余韻が生まれます。

【5】オレンジワンピース×ローファー

【5】オレンジワンピース×ローファー
ワンピース(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴※オーダー価格(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

果実のような鮮やかなワンピースで、おしゃれ心を活性化。肌をワントーン明るく見せる、フレッシュなオレンジは、イタリアの陽気な太陽を知り尽くしたエミリオ・プッチらしさが光ります。一点の曇りもない、クリアなホワイトのローファーを合わせれば、足どりも踊るように弾む!

【6】オレンジワンピース×コート×ストール

【6】オレンジワンピース×コート×ストール
コート(コロネット〈エアロン〉)、ワンピース(キートン)、ストール(三喜商事〈バンフォード〉)、バッグ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、サングラス(バーバリー アイウェア)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

オレンジ色の鮮やかなワンピースと同系色のストールでリッチに。カーキ色とのメリハリ配色がはつらつとした印象を生み出します。

【7】ネイビーワンピース×コート

【7】ネイビーワンピース×コート
コート・ワンピース(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、ピアス(TASAKI) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

バックサテンのような、程よく光沢が抑えられたシルクの軽やかな生地で仕立てたトレンチ。動くたびにドレープが揺れる躍動感を楽しみたいオーバーサイズシルエットのコートは、まとうと大人の余裕を感じさせます。フェミニンなムードを高めるパフスリーブも特徴的。そのほかのディテールはミニマルに仕上げましょう。

【8】ピンクワンピース×コート

【8】ピンクワンピース×コート
ヴァレンティノのコート・ワンピース・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

トレンチは高めのウエスト位置にたっぷりとタックをとり、スタッズを配した優雅なフィット&フレアシルエット。さりげなく肩がけしたとき腰位置を高く見せる効果に注目。たっぷりとした着丈が、女らしい迫力を発揮してくれます。「夜トレンチ」スタイルは端正さよりも、やわらかなボリューム感を意識。揺れるラッフル袖と波打つようなスカート部分のドレープが際立つように、あえて袖を通さず軽くはおってみましょう。

【9】カーキワンピース×コート

【9】カーキワンピース×コート
スカーフ『ステップのアパルーサ』(エルメスジャポン)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ワンピース(三喜商事〈イレブンティ〉) 、ピアス・バングル・リング(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボンディング加工を施したリネン仕立ての黒トレンチ+カーキのスエードワンピースに、上品な躍動感を授けているのが、90㎝角のアラベスク調のプリントスカーフ。対角線で細長く折ることで柄も長さも効果的に生かされ、表情豊かに縦ラインを強調します。シックカラー配色の着こなしがフレッシュに!

【10】イエローワンピース×コート

【10】イエローワンピース×コート
イエローのコート・ワンピース・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ニュアンスのあるパステルカラーはダークカラーと合わせるとくすみやすいけれど、白となら明るさが増します。ファスナー開閉のコンパートメントを挟むようにふたつの外ポケットが付いたバッグは、使い勝手も抜群です。

【11】ピンクワンピース×バッグ

【11】ピンクワンピース×バッグ
ヴァレンティノのシルクワンピース・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

女性ならだれもが無条件に心惹かれるピンク。臆することなく着て、おしゃれの高揚感を実感しましょう。前身ごろはシンプル、後ろ身ごろだけ、ウエスト周りにドレープを寄せたフレアドレスは、無防備な後ろ姿にも自信がもてる一着。遠目にも際立つフューシャピンクの愛らしさと、目の前で揺らめく美しさで、「わっ、かわいい!」と賞賛されそうです。

【12】赤ワンピース×カーディガン

【12】赤ワンピース×カーディガン
ワンピース(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈アントン ヒューニス〉)、ブレスレット・リング(ボン マジック)、バッグ(ロンハーマン〈ラドロー〉)、靴(ベイジュ〈PIPPICHIC〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レディーライクなAラインのワンピース×肩かけニット。ジャッキーを連想させるコンサバな組み合わせに、鮮やかな色の要素が加わると、こんなにも新鮮な表情になります。ノースリーブとミニ丈からのぞく、肌の露出も計算のうち。

【13】カーキワンピース×バッグ

【13】カーキワンピース×バッグ
ワンピース・バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(TASAKI)、時計(IWC) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ふっくらとボリュームのある袖と、ボディに心地よくフィットするシルエットの対比が、今年らしいモード感を演出。小さなボタンをずらりと並べた前立てのデザインがポイントの、個性的な表情も魅力です。ミリタリーテイストのカーキは、カジュアル感が高くなるので、チェーンバッグやピンヒールの靴を合わせて、エレガントに昇華。全身をニュアンスカラーでまとめれば、着こなしに奥行きが生まれ、クラス感のある美しさが漂います。

【14】ブラウンワンピース×ベルト×バッグ

【14】ブラウンワンピース×ベルト×バッグ
ワンピース・ベルト・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

大地の色を思わせる赤味の強いブラウンは、生き生きとした躍動感を印象づけてくれるパワフルな色。張りのあるコットンのシャツワンピースで取り入れることで、アクティブさももたらして。今季の特徴であるレースアップが袖口にあしらわれ、ハイセンスなアクセントになります。

春ファッション【パンツコーデ】


【1】白パンツ×ブラウス×コート

【1】白パンツ×ブラウス×コート
コート・ブラウス(キートン)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計・左手のブレスレット・右手のバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

白のスタイリングをどこまでも新鮮にクラスアップさせてくれるのが、艶感のあるペールピンクのコートです。シルクならではのシャイニー感が、淡いトーンのピンクを優しく見せ、華やぎのオーラを放ってくれます。

【2】ピンクパンツ×ニット

【2】ピンクパンツ×ニット
パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、2連にしたネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、スニーカー(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

インパクトがあるボーダートップスには鮮やかピンクのパンツを合わせ、強さのバランスをとって。印象的な大人のマリンを楽しみましょう。

【3】白パンツ×ニット×ジャケット

【3】白パンツ×ニット×ジャケット
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

休日の都会スタイルに応用させたいカジュアルなジャケットスタイル。やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビです。フォルムが上品なぶん、素材やきれい色を取り入れれば、おしゃれの幅もぐんと広がります。

【4】ベージュパンツ×ベージュニット×コート

【4】ベージュパンツ×ベージュニット×コート
コート[フード付き](マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(TASAKI)、バッグ(エストネーション〈スタウド〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ゴム引き素材ならではの、マットな発色のオリーブグリーンが上品なコート。袖を折り返すと、レザーテープのトリミングがのぞきます。今年らしいボリューム感をもつロングコートだから、インナーとボトムを同系色にまとめ、端正に着こなしましょう。

【5】ベージュパンツ×グリーンニット×コート

【5】ベージュパンツ×グリーンニット×コート
コート(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)、ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

カジュアル巧者の女性たちの間で、いつも話題になるのは、イタリア「伊達男」たちの着こなしセンス。特に「スポーツアウター」は、洒脱な彼らの真骨頂。肩の力の抜けた着くずしや、シックな色を印象的に見せる配色の巧さは、ぜひお手本にしたいところです。、例えば、フード付き「モッズコート」なら、そのままでは地味で武骨な印象。そこで鮮やかなグリーンを投入。派手かな? と思うくらいの差し色が、ジュエリー以上の効果をもたらし、軽妙さを演出します。「ミリタリーブルゾン」は、あえてまじめなスーツやジャケットの上に重ね、そのギャップを狙うのが、彼らの重ね着ルール。女性の場合は、堅くなりすぎないよう、白シャツ×カーディガンで、上品なレイヤードを実践してみましょう。

【6】白パンツ×ブラウス

【6】白パンツ×ブラウス
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(L'AVENTURE martinique〈L'AVENTURE martinique〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

大人の愛らしさが漂うパフスリーブのブラウスを、この春はきれ味よく仕上げましょう。すっきりとしたデザインのものを選び、白のワイドパンツで颯爽と着こなして。

【7】白パンツ×タートルニット

【7】白パンツ×タートルニット
ニット・ブラウス・パンツ・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

メリハリを効かせたネイビー×白のマリン配色、やや太めのリブ編みにゆったりとした身ごろのドロップショルダー、そして肩には飾りボタン。そんなスポーツ気分満載のカシミヤニットには、ピュアホワイトのハイネックブラウスをレイヤード。ひらりとのぞいたブラウスの袖が、ほのかに女らしさを香らせます。

【8】白パンツ×白ブラウス×コート

【8】白パンツ×白ブラウス×コート
エスマックスマーラのコート・マックスマーラのブラウス・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

直球の女らしさではなく、感じさせるフェミニティーは、やわらかい色味を緻密に重ねると実現します。マニッシュなスエードやローファーも、ハイトーンでまとめることでぐっと女らしくなり、シンプル・エレガンスの深淵さを引き立てます。

【9】ブルーパンツ×シャツ

【9】ブルーパンツ×シャツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ドゥロワー青山店〈ドゥロワー〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(ブリンク ベース〈ティエリー ラスリー〉)、腕時計・ブレスレット¥697,500・リング¥232,500(カルティエ) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シンプルな着こなしに、色と小物で深みをたたえて。きちんと感とアクティブさを兼備するシガレットパンツは、きれい色を選べばインパクトのある着こなしが完成します。

【10】ピンクパンツ×カットソー×コート

【10】ピンクパンツ×カットソー×コート
スポーツマックスのコート・カットソー・マックスマーラのパンツ・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

トレンチコートの素材は、リネンコットンの織地にレザー風のコーティングを施したもの。そのひと手間で布に陰影が生まれ、こなれた着こなしがかないます。コーラルピンクをさりげなくボトムに取り入れて、鮮やかな春の装いに。

【11】ピンクパンツ×ニット×コート

【11】ピンクパンツ×ニット×コート
エス マックスマーラのコート・マックスマーラのニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

コートのピンクみをつなげて、ニット以外のアイテムを、さまざまなピンクカラーでまとめた着こなし。パンツのフューシャピンクがメリハリをプラスしてくれます。ニットで白を差して、さわやかな抜け感を演出しましょう。

【12】ブルーパンツ×ニット×コート

【12】ブルーパンツ×ニット×コート
トモウミ オノのコート・カングラのストール(チェルキ)、ニット(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、パンツ(YOKO CHAN)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ペンダントチェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ブルーやパープルの寒色をペール系の色調でそろえ、辛口フェミニンななじませ配色に。

【13】ピンクパンツ×白カットソー×コート

【13】ピンクパンツ×白カットソー×コート
コート・レーストップス(SANYO SHOKA〈I マッキントッシュ ロンドン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

上品な艶のあるピンクベージュ、丸みのある襟のライン、軽やかな着丈…と王道のきちんと感がありつつどこか優しい雰囲気のコート。レースのブラウスとピンクの細身パンツを合わせれば、繊細な淡色コーディネートが完成します。シルバーのバッグとベージュのパテント靴でなじませつつ、すっきり感を後押ししましょう。

【14】白パンツ×黒ブラウス

【14】白パンツ×黒ブラウス
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア)、ネックレス(アングローバルショップ 表参道〈フィリップ オーディベール〉)、バングル(ビームス ハウス 丸の内〈フィリップ オーディベール〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 大阪店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フロントは短く、後ろ姿はたっぷり、この裾の前後差が今年らしいゆとりを表現してくれます。

【15】ブラウンパンツ×ニット×ジャケット

【15】ブラウンパンツ×ニット×ジャケット
靴(アマン〈ペリーコ〉)、ジャケット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレスチェーン・チャーム(シャンテクレール東京店)、バングル(ADORE 六本木ヒルズ店〈ADORE〉)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

上品なナチュラル配色のジャケットスタイルは、小物でこなれた遊び心をトッピングしましょう。