清潔感があって、すっとした印象に見せてくれるパンツスタイル。上下でやわらかい色をグラデーションにして品よく見せたり、濃い色のパンツに鮮やかなトップスを合わせてキリッとさせたりと、同じパンツでもT.P.O.やお仕事の中身によって、日々変わりますよね。ここではラグジュアリーマガジン『Precious』より選りすぐった、3月から7月頃までのパンツスタイルをまとめました。明日の通勤の、休日のリラックススタイルの参考になれば幸いです。

【目次】

レディース春夏のきれいめパンツコーデ


黒パンツ×ブルーのきれい色ニット

黒パンツ×ブルーのきれい色ニット
パンツ(REYC)、カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

センタープレス入りのパンツは、シルクシャンタンを思わせる光沢が美しい、ベーシックでもニュアンスのある一着。万能の黒パンツは、きれい色と相思相愛です。鮮やか色もシックに楽しめます。

ネイビーパンツ×ホワイトのジャケット

ネイビーパンツ×ホワイトのジャケット
ジャケット(三喜商事〈アニオナ〉)、ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェース。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情に。春には少々重めなネイビートーンをクリアな白がワントーン明るく見せてくれます。あえて細身のスティックパンツに合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディーラインを華奢に見せるテクニックです。

グレーパンツ×ナイロンシルクタフタのブルゾン

グレーパンツ×ナイロンシルクタフタのブルゾン
ブルゾン・カーディガン・Tシャツ・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ナイロンシルクタフタで仕立てたコートは、控えめな光沢が上品。グレーのジャージー生地を配した袖口や、ドローストリングでシルエットを自在に調節可能など、ひとひねりあるデザインも魅力です。ネイビーも異素材をかけ合わせれば、こんなにも新鮮に映ります!

ベージュパンツ×オリーブグリーンのコート

ベージュパンツ×オリーブグリーンのコート
コート[フード付き](マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(TASAKI)、バッグ(エストネーション〈スタウド〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ゴム引き素材ならではの、マットな発色のオリーブグリーンが上品なコート。袖を折り返すと、レザーテープのトリミングがのぞきます。今年らしいボリューム感をもつロングコートだから、インナーとボトムを同系色にまとめ、端正に着こなしましょう。

白パンツ×黒シャツ×サングラス

白パンツ×黒シャツ×サングラス
シャツ[取り外し可能な襟付き](SUPER A MARKET〈SEYA〉)、パンツ[5月発売予定](ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、時計(パテック フィリップ)、ピアス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

黒シャツは、身幅にややゆとりのあるものを選ぶのが、ストイックになりすぎない秘訣。襟元を大きめに開け、鎖骨を見せて着こなすと、女らしいニュアンスが生まれます。シンプルな白ボトムを合わせ、小物も大ぶりのものを少しだけ、という潔い着こなしでかっこよく仕上げましょう。

白ワイドパンツ×イエロートップス

白ワイドパンツ×イエロートップス
ボックス形イエロートップス(エリオポール銀座〈バレナ〉)、9分丈のコットンワイドボトム(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ペンダント・バングル(ティファニー・アンド・カンパニ ー・ジャパン・インク)、帽子・バッグ(スコッチ アンド ソーダ 原宿店〈メゾン スコッチ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

スマホもオフにして、涼しい風が吹くプールサイドで頭をリフレッシュ! そんな休日には、着るだけで元気になれるビタミンカラーのイエロートップスに白ボトムを合わせて、鮮やかなコントラストを楽しみましょう。メリハリのある毎日こそ、仕事をスマートにこなす秘策です。

パンツ×ロングジレ×トップスの全身白コーデ

パンツ×ロングジレ×トップスの全身白コーデ
ロングジレジャケット(三崎商事〈マロ〉)、シルク100%のアシメトリートップス(キートン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(コール ハーン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

清々しい白だけを重ねることでクールな表情に。オンスタイルには、ラフなTシャツはご法度! 知的なブラウスに合わせたロングジレが、ジャケットの役割を果たす強い味方になってくれます。

ベージュパンツ×ノースリーブトップス

ベージュパンツ×ノースリーブトップス
シルク100%のアシンメトリートップス(キートン)、ストレスフリーのドロストパンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ロングピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

白からベージュへとつなげるニュアンスグラデーションは、かつて映画で観て憧れを抱いた、N.Y.マダムのこなれたリッチカジュアルをイメージ。仕上げにゴールドジュエリーを加えると、絶妙な配色バランスが完成します。

白パンツ×テコラッタのVネックプルオーバー

白パンツ×テコラッタのVネックプルオーバー
透け素材のVネックプルオーバー(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、9分丈のコットンワイドボトム(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉)、靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

こっくりとしたテラコッタ色のブラウスを選び、ゆったりとしたリラックス感を強調。白で統一させたボトム×スニーカーで、軽快さは忘れずに。ふと気がつけば、隣でうれしそうに浜辺を走り回る愛犬とブラウンカラーがリンクしていました。

春夏の白パンツコーデ


白パンツ×レースのトップス×コート

白パンツ×レースのトップス×コート
コート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、トップス(ADORE)、パンツ(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ピアス・リング(シャンテクレール 東京店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

しなやかでいて、きちんと感もある上質な黒トレンチに使われた素材は、シワになりにくい、ストレッチ入りの細番手サマーウール。白のレーストップスで繊細な甘さを添えましょう。

白パンツ×モーヴピンクのニット

白パンツ×モーヴピンクのニット
コート・ニット・パンツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー ネイビー〉)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

リネン混のペーパーギャバジン素材で仕立てた薄軽トレンチの白をベースに、モーヴピンクをアソートカラー(配合色)として、まろやかな色味をリンク。バッグと靴のトープ色を加えた春らしい3配色で仕上げます。

白クロップドパンツ×白ニット×グレージュのアウター

白クロップドパンツ×白ニット×グレージュのアウター
コート・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店) バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

布帛のロングカーディガンのようなライトな感覚で着られる、ひざ下丈のシンプルトレンチ。リブニットとクロップドパンツで上品カジュアルに仕上げると、洗練度がぐっとアップします。

白ワイドパンツ×シャツ×ジャケット

白ワイドパンツ×シャツ×ジャケット
ジャケット・シャツ・パンツ・リング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

落ち感があり、ブルゾン感覚ではおれるジャケットを主役にしたコーディネート。深い黒、そしてゴールドボタンのダブルブレストでアメリカン・トラッドとは一線を画す、洗練された雰囲気はランバンならではです。白のワイドパンツを合わせて、しなやかさを取り入れるのも、ジャケットスタイルをアップデートさせる極意。

白パンツ×とろみブラウス×ラムレザーのジレ

白パンツ×とろみブラウス×ラムレザーのジレ
パンツ・ジレ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、バッグ(ピアジェ)、靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ジョーゼットのゆとりパンツと、とろみ素材のブラウスは白でまとめて軽やかに。薄手のラムレザーで仕立てたロングジレが着映え効果を発揮してくれます。

白パンツ×エミリオ・プッチのニット

白パンツ×エミリオ・プッチのニット
ニット・パンツ・バッグ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

プリントの美しさで信頼の厚いエミリオ・プッチなら、柄ニットもこんなにエレガント。袖の切り替えがない程よいボリュームシルエットに、デジタルタッチを生かした鮮度の高い柄をあしらい、モダンを極めています。大胆に見えるけれど、黒×白×ブラウンのベーシックカラーだから着こなしやすく、まとうだけで容易に着映えがかないます。

白パンツ×黒ジャケットのメリハリ配色コーデ

白パンツ×黒ジャケットのメリハリ配色コーデ
ブルゾン・パンツ・バッグ(トム フォード ジャパン)、バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

甘さを排除した黒×白のメリハリ配色には、小物もモノトーンを合わせるのが王道。でもここにキャメルをプラスすると…その華やぎ効果は抜群です! リネン混キャンバス地のショートブルゾンにワイドボトムを合わせたスポーティーな着こなしも、キャメルレザーのコクによって、ゴージャスなリッチ感が加わります。

パンツ×トップスのワントーンコーデ

パンツ×トップスのワントーンコーデ
トップス・パンツ・ストール・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

幾何学構造を模したパネル風のトップスは、麻とシルクをミックスした個性的な仕立て。タック入りパンツを合わせて、全身をリッチなワントーンにまとめれば、品格に満ちたエレガンスが実現します。

春夏のグレーパンツコーデ


グレーパンツ×ノーカラーコート

グレーパンツ×ノーカラーコート
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

高密度のナイロン生地で仕立てたノーカラーコート。カーキがかったグレージュの色味と、シルキーな質感が、とびきり洗練された印象に導きます。ウエストや裾にあしらわれたドローストリングで、シルエットを自在に調整できる、今どきのディテール使いも魅力。グレージュのシルクブラウスにアイスグレーのスエードパンツ…異なる質感のニュアンス色を重ね、奥行きのある着こなしを目指しましょう。

グレーパンツ×ベージュトレンチコート

グレーパンツ×ベージュトレンチコート
スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、コート(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉)、バンフォードのニット・イレブンティのシャツ・パンツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)ピアス・ブレスレット (ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ヴァシック〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シャツ+ニットのレイヤードにしなやかなベージュトレンチを合わせた上品カジュアルな着こなし。シャツの胸元を埋めるように70㎝角スカーフを配して顔周りに華やぎを添えつつ、リッチな印象に仕上げましょう。

グレーパンツ×ブルーのシルクブラウス

グレーパンツ×ブルーのシルクブラウス
ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

仕事関係者との会食では、着席しても華やかに着映えるブルーのブラウスを。シンプルなライトグレーのパンツに合わせると、主役のきれい色ブラウスの魅力がさらに引き立ちます。

グレーパンツ×ベージュブルゾン

グレーパンツ×ベージュブルゾン
コート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、スーツケース〔参考価格〕(フィーゴ〈フェリージ〉)、靴(JIMMYCHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

旅慣れたジェットセッターは、リラックス感はほどほどに、いつもと同じようなきちんとスタイルをキープします。白シャツをベージュブルゾンの袖口からのぞかせた絶妙な色重ねで、どこまでも上品な着こなしを。

グレーのジャケット&パンツのスーツスタイル

グレーのジャケット&パンツのスーツスタイル
ジャケット・パンツ・インナー・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、サングラス(ミラリジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、時計(ピアジェ)、スニーカー(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

伸縮性のあるジャージー素材のジャケットとパンツは、思わず大股で歩きたくなるくらい快適な着心地が魅力です。

チャコールグレーパンツ×サマーベスト

チャコールグレーパンツ×サマーベスト
パンツ・ベスト・トップス・バッグ・ブレスレット・靴[銀座店限定](ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パンツのチャコールグレーを基軸に、グレーの色調でシックにまとめて。温度調節に重宝するサマーベストは、肩先にあしらったブロンズのボールチェーンの意匠がリュクスな雰囲気を後押ししてくれます。

グレーパンツ×ニット×コート

グレーパンツ×ニット×コート
コート¥230,000(ヘルノ プレスルーム)、ニット¥44,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ¥47,000(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ストール(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

スパンコール付きニットやシルバーバッグで、カジュアルなコットンリネンのデニムに華やかさをプラスしましょう。

春夏のネイビーパンツコーデ


ネイビーパンツ×トレンチコート

ネイビーパンツ×トレンチコート
コットンストレッチのトレンチコート・トップス・パンツ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈キョーコ ホンダ ニューヨーク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

人気のトレンチコートは、迫力のロング丈で最旬の美人オーラを漂わせましょう。全体には細身ながら、程よいハリと、たっぷりとしたロング丈による贅沢な布さばきが魅力の一着。インに着たのは、上質なジャージー素材の深Vトップスとパンツのセットアップ。ネイビーでまとめると表情も引き締まって、凛としたかっこよさがアップします。

ネイビーのワイドパンツ×ストライプのシャツ

ネイビーのワイドパンツ×ストライプのシャツ
シャツ・パンツ・ベルト・バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル・コース コレクション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

襟とカフスの白が目にまぶしい、クラシックなクレリックシャツ。トラッドはいつの時代も、清潔感や初々しさを表現できます。特にネイビーに注目が集まるこの夏は、大人のマリンスタイルのアップデートをおしゃれの優先課題にしてみては? ドレスシャツにワイドパンツをゆったりと合わせれば、はっきりとした配色のかわいさに、しなやかな女らしさが加わって、とびきり好感度がアップします。

ネイビーパンツ×ジャケット

ネイビーパンツ×ジャケット
パンツ(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ジャケット(三崎商事〈マロ〉)、トップス(アストラット 青山店〈アストラット〉)、バッグ・ショルダーストラップ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ペンダント・リング・時計・ストラップ[別売り](ピアジェ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

バッグのストラップの鮮やかなイエローを差し色に効かせた、きれいめパンツスタイルはお散歩に最適です。

ネイビーパンツ×ストライプシャツ

ネイビーパンツ×ストライプシャツ
コットンのシャツ・パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈イニス〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ピッチの異なるストライプが今年らしいシャツ。一見シンプルでメンズライクなシルエットなのに、袖口に向かって広がるボリュームスリーブが、これまでにはない新鮮さを演出します。白く大きなカフスがエレガンスを強調し、ネイビーのパンツに合わせて、爽やかな知的美人を演出しましょう。

ネイビーパンツ×ニット×ゴールドジュエリー

ネイビーパンツ×ニット×ゴールドジュエリー
ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ニット・パンツ(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

シンプルで知的に映るネイビーニットは、大人の定番。けれど今日は華やぎたいという日には、物足りないことも…。そんなとき加えたいのが、ゴールドジュエリーの洗練オーラです。ゴールドジュエリーは1点だけ身につけるより、組み合わせの相乗効果で華やぎ感やこなれ感を生むもの。だから地金の色は、1色だけでまとめるより、ミックスさせたほうが効果的です。ローズゴールドにシルバー、ウッド…。ゴールドジュエリーを主役に多彩な素材を重ねていくと、華やかさもこなれ感も高まります。

デニムパンツ×ルイ・ヴィトンのブラウス

デニムパンツ×ルイ・ヴィトンのブラウス
シルクのブラウス・デニムパンツ・サングラス・ブレスレット各・バッグ・靴(ルイ・ヴィトン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ルイ・ヴィトンの『モノグラム』を小さな幾何学柄にアレンジしたプリントブラウス。幾何学は知性とモダンさが表現できて、だれからも好かれる柄です。凛としたシャツ襟で、ジャストウエストに絞りがあるので、デニムでカジュアルダウンしても、きちんとした印象に仕上げましょう。

春夏の黒パンツコーデ


黒のタキシード風ジャケット&パンツのセットアップ

黒のタキシード風ジャケット&パンツのセットアップ
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップこそ、特別な日に限定せず、日常にも取り入れてみましょう。

黒パンツ×ロングトレンチコート

黒パンツ×ロングトレンチコート
ヴァレンティノのコート・シャツ・パンツ・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

薄いシルクジョーゼットを重ねて、ステッチをかけた贅沢なトレンチコート。正統派トレンチのデザインを踏襲しつつ、しなやか素材でロング&リーンなシルエットが実現できるから、マニッシュにまとめても、女らしさが香り立ちます。

黒パンツ×シャツ×スカーフ×トレンチコート

黒パンツ×シャツ×スカーフ×トレンチコート
コート・ブラウス・パンツ・スカーフ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

端正さのなかに大人の余裕を感じさせるのが「昼トレンチ」スタイルの最新流儀。計算し尽くされた細身シルエットがボディーラインを華奢に見せ、品格とモード感が両立した立ち姿をかなえます。前を開けても広がりすぎず、さりげない着こなしをスタイリッシュに演出。さらに、シルクシャツにシルクの幅広ボウをさらりと巻いてやわらかなリッチ感を表現。辛口シンプルな着こなしが一気にこなれた雰囲気になります。

ストレートパンツ×ノーカラーブラウス

ストレートパンツ×ノーカラーブラウス
ブラウス・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、アイウエア(ミラリ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス・リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ノーカラーブラウスとストレートパンツを組み合わせた、シンプルエレガントな装い。シルエットの美しさもさることながら、漂う上質感は、シルクやヴァージンウールなど最高級素材がなせるワザです。

ワイドパンツ×ウェストミンスターのトレンチコート

ワイドパンツ×ウェストミンスターのトレンチコート
コート『ウェストミンスター』・ニット・パンツ・バッグ(バーバリー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

黒のニット+ワイドパンツに合わせ、あえてボタンを留めずにきゅっとベルトを結んで。そうすることで、程よくゆとりのあるトレンチコートのシルエットにメリハリが生まれ、自分らしいスタイルが完成します。コートは、伝統的なディテールを踏襲したクラシックタイプ。ひざにかかるロング丈が着回し力の決め手です。

テーパードパンツ×ネイビーのタキシード風ジャケット

テーパードパンツ×ネイビーのタキシード風ジャケット
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(アニヤ・ハインドマーチ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

主役のパンツは、レーヨン×コットン混の緻密に織られたストレッチ素材。程よいテーパードラインに、発色のいい黒が上品な印象です。黒で統一したトップス&パンツに、深いネイビーのタキシード風ジャケットを肩がけ! 男前なジャケットスタイルに、ロングパールとパテントローファーでパリジェンヌのような小粋さを演出できます。

黒パンツ×ニット×パンチングコート

黒パンツ×ニット×パンチングコート
パンツ(オールウェイズ〈NUMBER M〉)、コート・ニット[カーディガン付き](サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

スエードのパンチングコートとニットはキャメルでそろえ、パンツと小物は黒でまとめると端正な印象に。

黒パンツ×白ブラウス

黒パンツ×白ブラウス
ブラウス・パンツ・バッグ(フェンディ ジャパン)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ギャザーをたっぷり寄せたハリのあるコットン生地から生まれるモダンなドレープ、そしてカフス部分の華やかなフリルと、ドラマティックなシルエットが魅力の白ブラウス。美人度を上げるのは、そんな計算されたディテールの積み重ねです。袖にボリュームがあると、ワイドパンツとのバランスもよくなります。

黒パンツ×シルクのブラウス×ミニバッグ

黒パンツ×シルクのブラウス×ミニバッグ
シルクのブラウス・パンツ・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

研ぎ澄まされたモードな黒に、カフスだけ甘さを添えて。ほんの少しだけなのに、フリルレースのドレスアップ感が印象的です。この見事な甘辛バランスの華やぎは、大人の女だからこそ生かせるもの。手元を強調するメタリックな輝きをミニバッグでプラスしましょう。