日々、春の訪れが近づいていることを感じる今日このごろ。いち早く、簡単に、新しい季節感を取り入れることができるのが「春ニット」です。大人におすすめの着こなしを参考に、コートの中から「春ファッション」をスタートさせておきましょう!

【目次】

春のレディースニット&カーディガンコーデ


【1】ターコイズカーディガン×ニット×パンツ

【1】ターコイズカーディガン×ニット×パンツ
パンツ(REYC)、カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(SUPER A MARKET〈CULT GAIA〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

センタープレス入りのパンツは、シルクシャンタンを思わせる光沢が美しい、ベーシックでもニュアンスのある一着。万能の黒パンツは、きれい色と相思相愛です。鮮やか色もシックに楽しめます。

【2】ホワイト&ネイビーニット×白パンツ

【2】ホワイト&ネイビーニット×白パンツ
ニット・ブラウス・パンツ・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

メリハリを効かせたネイビー×白のマリン配色、やや太めのリブ編みにゆったりとした身ごろのドロップショルダー、そして肩には飾りボタン。そんなスポーツ気分満載のカシミヤニットには、ピュアホワイトのハイネックブラウスをレイヤード。ひらりとのぞいたブラウスの袖が、ほのかに女らしさを香らせます。

【3】ブルーニット×ブラウス×白パンツ

【3】ブルーニット×ブラウス×白パンツ
ニット・ブラウス・パンツ・手に持ったストール(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

鮮やかなブルーのプルオーバーは、うっとりするほど贅沢な太ゲージのカシミヤ素材で、遠目からでも印象的に輝きます。ネット状の編み目から、インに着た白のブラウスが透けて見えるのも計算のうち。クリーンな白との相乗効果で、好感度の高い爽やかな着こなしに仕上げましょう。

【4】白カーディガン×スカーフ

【4】白カーディガン×スカーフ
カーディガン(三喜商事〈アニオナ〉)、トップス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、スカーフ(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ブレスレット(ボン マジック)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

だれに会っても失礼がないように、おしゃれに手を抜けない日の首元には、洋服の色味とリンクをさせたベージュとネイビーのスカーフを2枚重ねてひと巻き。さりげないセンスのよさが光る着こなしが完成します。

【5】キャメルカーディガン×ニット×白ワイドパンツ

【5】キャメルカーディガン×ニット×白ワイドパンツ
ラルフ ローレンコレクションのカーディガン・ニット・パンツ・ラルフ ローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・パールネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ファッションアイコンたちが時代を超えて愛してきたアンサンブルニットやパールネックレス。コンサバティブだからこその安心感も、多くの人に親しまれる理由のひとつです。そんな王道名品を退屈に見せず、絶えず旬を感じさせるのが、おしゃれの楽しさ。長めでゆったりとしたカーディガンに、ロングネックレスで、今年らしい着こなしへと昇華させましょう。

【6】ボーダーレースニット×デニムパンツ

【6】ボーダーレースニット×デニムパンツ
ニット・デニムパンツ・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

一見シンプルなボーダーニットだけれど、レースからのぞく素肌が官能的で、ハッとさせられる遊び心がモードな一着。まさにカジュアルな透け感のあるレース使いが今の気分を印象づけてくれます。デニムでよりカジュアルダウンしたら、端正なトップハンドルのバッグで、大人のクラス感を添えることも忘れずに。

【7】グレーカーディガン×シャツ×パンツ×コート

【7】グレーカーディガン×シャツ×パンツ×コート
ブルゾン・カーディガン・Tシャツ・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ナイロンシルクタフタで仕立てたコートは、控えめな光沢が上品。グレーのジャージー生地を配した袖口や、ドローストリングでシルエットを自在に調節可能など、ひとひねりあるデザインも魅力です。ネイビーも異素材をかけ合わせれば、こんなにも新鮮に映ります!

【8】ボーダーニット×ピンクパンツ

【8】ボーダーニット×ピンクパンツ
パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、2連にしたネックレス[SV×フレッシュウォーターパール](ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、スニーカー(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

インパクトがあるボーダートップスには鮮やかピンクのパンツを合わせ、強さのバランスをとって。印象的な大人のマリンを楽しみましょう。

【9】ピスタチオグリーンニット×白パンツ

【9】ピスタチオグリーンニット×白パンツ
パンツ(feerique)、ニット(ADORE)、ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ピスタチオグリーン×オレンジ×白…ポップな色遊びが抵抗なく楽しめるのは、ノーブルなシルエットの白パンツのおかげ。ニットは裾がペプラム状になったキュートなデザインが魅力です。そのふんわりとしたシルエットを生かすなら、ボトムはすっきりスリム、そして足首見せが絶対条件です。

【10】イエローニット×パンツ

【10】イエローニット×パンツ
ニット・パンツ・バッグ・バングル・ネックレス・リング(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

光の象徴のように鮮やかなイエロー。幸福感あふれる春のきれい色は、咲き誇る花のような笑顔を運んでくれます。一見派手と思われがちだけれど、白~ベージュといったベーシックカラーの延長にあり、どんな色にも合わせやすいから、気負うことなくメインアイテムとして投入できるのです。。楽しげなモチーフをあしらったバッグの存在感も、イエローの華やぎに、さりげなくなじみます。

黒ニットと合わせたい春のスカートコーデ


【1】黒ニット×タイトスカート×ピンクジャケット

【1】黒ニット×タイトスカート×ピンクジャケット
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

装飾を省いた極めてミニマルなデザインながら、大きめテーラードカラーのデザインが豊かで女らしい表情を引き出してくれるジャケット。驚くほど軽いファブリックは触り心地なめらかなカシミヤ100%です。タートルニット×タイトスカートは最愛のブラックでまとめ、小物は知的なスクエア形で統一してクールな印象に。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立ててくれます。

【2】黒タートルニット×黒タイトスカート

【2】黒タートルニット×黒タイトスカート
ケイトのニット・リカのスカート(ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店)、サングラス(オリバーピープルズ・東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

プレーンな黒を組み合わせる着こなしは、異なる素材をミックスし、アクセントを効かせて。スカートのゴールドボタンやサングラス、ジュエリーでリッチ感もアップさせましょう。

【3】黒ニット×レオパードシフォンスカート

【3】黒ニット×レオパードシフォンスカート
ニット・スカート・ネックレス・バッグ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

レオパード柄は、素材によって雰囲気が変わるもの。風をはらんむシルクシフォンのスカートなら、レオパードがもつ迫力よりも、エレガントさが際立ちます。シャツやクルーネックのTシャツと合わせたり、と応用のきくプリントスカートがあれば、春のおしゃれが活性化されます。

【4】黒ニット×黒フレアスカート

【4】黒ニット×黒フレアスカート
スカート(オールウェイズ〈M・Fil〉)、ニット(スローン)、マリハのネックレス・ヒロタカのバングル(showroom SESSION)、バッグ(クリスチャン ルブタン ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

シンプルニット×ハイウエストのふんわりスカートは、大人かわいい着こなしの基本形です。丈に前後差をつけたデザインと大胆に施されたタックによるボリューム感で、佇む姿さえも愛らしい印象に。フィット&フレアのシルエットを極めれば、全身黒を重ねても、シャープすぎず、好感度も高い装いがかないます。

【5】黒ニットカーディガン×イエロースカート

【5】黒ニットカーディガン×イエロースカート
カーディガン(ビームス ハウス 丸の内〈ルトロワ×デミルクス ビームス〉)、スカート・ブレスレット(エディション・デコ 阪急百貨店 阪急うめだ本店〈ミリアム・ハスケル〉)、バッグ(アオイ〈カパフ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

黄色は身につけるだけで元気になれるビタミンカラー。ただし、膨張色であるために、着こなしにメリハリをつけることが大切です。トップスは黒のVカーディガンをあえてコンパクトにまとめ、ふんわりとしたスカートとの絶妙なバランスで、大人のかわいさを実現させましょう。

【6】黒ニット×ピンクスカート

【6】黒ニット×ピンクスカート
ニット・スカート(ブラミンク)、ネックレス・チャーム(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ザ ライト〈マックス ピティオン〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フューシャピンクのスカートは、優雅に揺れる流麗なシルエットが特徴。そんなフェミニンなボトムには、黒のシンプルニットで、スポーツテイストをプラスしましょう。サングラスや斜めがけバッグなどの黒を効かせた辛口小物も効果的です。

【7】黒ニット×赤スカート

【7】黒ニット×赤スカート
ニット(ルシェルブルーカスタマーサービス〈アイレネ〉)、スカート(wb)、ネックレス(ADORE 六本木ヒルズ店〈タタボレロ〉)、バッグ(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈ペラン〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

きゅっと絞ったウエストからランダムに入れたタックでボリュームを加えたスカートは、ふくらはぎにかかるくらいのミモレ丈。情熱的な朱赤を落ち着いて見せるメリハリある配色も、黒の分量を控えめに、また全身にちりばめることで、優しく親しみやすい雰囲気になります。

【8】黒ニット×柄プリーツスカート

【8】黒ニット×柄プリーツスカート
スカート・バッグ・バングル・リング・靴・ニット/参考商品(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

花や昆虫が色鮮やかに描かれたオリジナルの図柄に、ピンクのスネークを絡ませて神話性を表現した新解釈のフローラ スネークをプリントしたシルクのプリーツスカートは、シンプルな黒のニットに合わせて。コンテンポラリーなコンサバスタイルで着こなすのが大人流です。クリスタルストーンのハチ、タイガーヘッドのクロージャーをあしらったバッグ『ディオニュソス』とともに、グッチの最旬を堪能してみましょう。

ニットと合わせたい春のスカートコーデ


【1】イエローニット×ピンクプリーツスカート

【1】イエローニット×ピンクプリーツスカート
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローの爽やかさが際立って、よりスタイリッシュな印象に。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。

【2】白ニット×タイトスカート×ブルゾン

【2】白ニット×タイトスカート×ブルゾン
ブルゾン(ボウルズ〈ハイク〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈エンリスト〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(IWC)、バッグ(CPR TOKYO〈フリン〉)、靴¥9,800(ebure〈スペルガ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

'60年代に一世を風靡した「US ARMY M51フィールドジャケット」のディテールを踏襲したメンズライクなブルゾン。地厚なコットンを裏地なしで仕立てることで、軽やかさを追求しています。深いネイビーのブルゾンには、ピュアな白ニットと、春色のボーダースカートが小粋に映えます。

【3】ピンクニット×白スカート×ジャケット

【3】ピンクニット×白スカート×ジャケット
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、着こなしをフレッシュに彩ってくれます。

【4】赤ニット×レザースカート

【4】赤ニット×レザースカート
トップス・レザースカート[ベルト付き]・ピアス・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

顔の表情をぱっと明るく見せる鮮やか色のトップスは、素肌がほんのりのぞく、透け感のあるポロ襟ニット。カジュアルなアイテムながら、素材感や襟の開き具合でさりげなく女らしさを感じさせるところが、今の気持ちにぴったりです。お気に入りのギャラリーを訪れる休日なら、ボトムまでワントーンでまとめて華やかに。

【5】グリーンニット×白タイトスカート

【5】グリーンニット×白タイトスカート
ニット・スカート・バッグ[メンズ]・イヤリング・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

往年のジャッキースタイルを彷彿させる、タートルネックニットとAラインスカートの着こなし。スカートにあしらわれたダブルGのバックルは、グッチの新時代のステートメント。グリーン×白のビビッドな配色を品格漂うスタイルで楽しみましょう。

【6】ネイビーニット×白スカート×コート

【6】ネイビーニット×白スカート×コート
靴(JIMMY CHOO)、コート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

好感度の高いネイビー×白の着こなしを、パープルの靴で外してより印象的に。

ニットに合わせたい春のアウターコーデ


【1】ニット×白ジャケット×パンツ

【1】ニット×白ジャケット×パンツ
ジャケット(三喜商事〈アニオナ〉)、ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェース。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情に。春には少々重めなネイビートーンをクリアな白がワントーン明るく見せてくれます。ニットとパンツをネイビーでまとめるとシックな印象に。あえて細身のスティックパンツを合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディーラインを華奢に見せるテクニックのひとつです。

【2】ニット×ラップコート×パンツ

【2】ニット×ラップコート×パンツ
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

むだな装飾をいっさい施さず、シンプルを極めたラップコートは、アニオナの定番素材ともいうべきウールのダブルフェースで軽やか。サイドスリットを深く入れているため、歩くたびにすそが翻り、春のウキウキした気分を後押ししてくれます。鮮やかなグリーンとネイビーとの配色も爽快です。

【3】ニット×ブルゾン×パンツ

【3】ニット×ブルゾン×パンツ
ブルゾン(シシ)、グレーのノースリーブニット(クルチアーニ銀座店)、コーラルピンクのパンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ストール(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ウノアエレジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

レザーブルゾンで一歩差をつけるなら、洗いをかけたウォッシュドレザーに注目。ハードな印象のライダースが、しなやかに着こなせます。ヴィンテージの質感で、白ブルゾンが春色のニュアンスカラーとしっくりなじむのです。

【4】ニット×ベスト×パンツ

【4】ニット×ベスト×パンツ
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ベスト・ニット(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ロレーナ アントニアッツィ〉)、帽子(ADORE 六本木ヒルズ店〈スーパードゥーパーハッツ〉)、サングラス(モスコットトウキョウ〈モスコット〉)、ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

空と海の青に鮮やかに映えるオールホワイトのマリンスタイル。全身白で華やかさを授けた、軽快な8分丈パンツを主役にした装いは、贅沢なクルーズの雰囲気にぴったりハマります。

【5】ニット×マント×パンツ

【5】ニット×マント×パンツ
マント(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット(ブラミンク)、パンツ(サン・フレール〈エドワード アシュール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バングル・スカーフ[参考商品](ブルガリ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

大判マントのオフ白をベースに、トーンの異なるキャメルを重ねたら、大人好みのグラデーション配色が完成! ぼやっとした印象を引き締めてくれる黒小物がキーアイテムになっています。

【6】ニット×トレンチジレ×デニムパンツ

【6】ニット×トレンチジレ×デニムパンツ
靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉)、ベージュ共布ベルト付ジレ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ピアッツァ センピオーネの白ニット・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、インディゴデニムパンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(リエート〈バートン ペレイラ〉)、ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

キャンバス素材にホワイトレザーでパイピングを施したサンダルは、幅広&甲高な足にフィット。コットンのサマーニットとトレンチジレは、クリーミーな配色使いに徹して、靴のカラーとさりげなくリンクさせましょう。

【7】ニット×ニットジャケット×パンツ

【7】ニット×ニットジャケット×パンツ
ジャケット(ビームス ハウス 丸の内〈ラルディーニ〉)、マディソンブルーのニット・バーニーズ・ニューヨークのパンツ・スカーフ(バーニーズ ニューヨーク)、メゾン ボワネのバングル・ヴィオラドーロのバッグ(ビームス ハウス丸の内)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

爽やかなコットン100%。のジャケットは、リラックス感があるのに、秀逸なパターンの効果で、立体的な着こなしが楽しめます。キレイ色のニット&パンツで、女性らいしジャケットスタイルが完成します。