たとえば小ジワは浅く細かくたたまれたプリーツのようなもの。スチームアイロンでスッと消えてくれる折りジワのように、部分ケアによる回復が可能です。ところがプレシャス世代の深刻な悩みであるほうれい線や、額、眉間、下まぶたに現われる深いシワは、いわばドレープ。布=肌がゆるみ、たるむことで生じるものだからクセのように頑固。痕跡を消し去るためには布をピンと張り直し、裏側からも押し上げてという包括的な対処が必要です。つまり肌のハリや密度感、突きつめると細胞のクオリティにも関わる問題ということ。

そう考えると、エイジングケアの全体領域で優れたパフォーマンスを発揮する “ゲラン”『オーキデ アンペリアル ザ コンセントレート セロム』が、シワの分野で「名品コスメグランプリ2015」の首位に躍り出たことにも深く納得がいきます。オーキッドの驚異的な生命力をヒントに始まった研究は、細胞の形成能力を開花させ高めるケアへと進展。導きだされたのが3種のオーキッドと希少なゴールド・オーキッドから抽出された成分でした。それがシリーズ最高濃度で配合されたセラムの集中力は並大抵ではありません。なにしろ瞬発力があって、持続力もあるのだから。

Precious_1602_159-3


翌日には、はやくも湧き上がるような明るさと艶が。わずか1週間でハリ感が呼び戻され、キメがみっちり充実。やがてゆるんでいた “布” が引き上げられる感覚があって、ドレープ状のシワが目立たなくなっている。実感の順番は違っても、一票を投じた『Precious』読者の皆さんは、同様の経験をしているのではないでしょうか。

そうして2~3週間経ったあたりで一旦使用を止めても、そこで効果が止まらないのが凄いところ。まるで細胞ひとつひとつに力が蓄えられ、自ら発電するように美しさが持続していく。だから調子が落ちたときの期間限定ケアでも、季節ごとのご褒美ケアでも手応え十分。肌印象や表情に“若々しさはいくらでもチャージできる”そう教えてくれたのがこのセラムです。

■エイジングに対抗するメイン成分「ザ インペリアル オーキッド分子抽出エキス」を同シリーズの名品クリームの2倍も濃縮配合。まるでエネルギーをチャージするようにみるみるハリを取り戻し、ドレープ状になった深いシワもふっくら浅くなると信頼を獲得。

この記事の執筆者
美容編集者として30年のキャリアをもつ。インターナショナル誌の副編集長を長く務めた経験を生かし、ファッション、ライフスタイル、カルチャーといった広い視野から女性の美と生き方について考察。女性誌やウェブ等への執筆や広告のディレクションを手掛ける。 好きなもの:イヌ科の動物、とくに柴犬、パリ的なもの、食べること、「明日は何を食べようか」と考える時間、こってりした食事、しっとりしたスイーツ、リトルブラックドレス、香り、国内外の市場、ボリス・ヴィアン、動物モチーフの小物や雑貨、フェリーニの映画、粘土細工、ピラティス
クレジット :
撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) 文/松澤章子