ホワイトカラーのパンツを取り入れたコーディネートをまとめました。ベーシックカラーのホワイトのボトムはなんにでも合わせやすいので、この季節にぜひとも取り入れたいアイテムです。

【目次】

レディース春夏白パンツコーデ


【1】白パンツ×白シャツ×ロングジレ

【1】白パンツ×白シャツ×ロングジレ
パンツ・ジレ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、バッグ(ブランドニュース〈マンサー ガブリエルフォー エッセンス〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ジョーゼットのゆとりパンツと、とろみ素材のブラウスは白でまとめて軽やかに。薄手のラムレザーで仕立てたロングジレが着映え効果を発揮してくれます。

【2】白パンツ×ピスタチオグリーンニット

【2】白パンツ×ピスタチオグリーンニット
パンツ(feerique)、ニット(ADORE)、ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ピスタチオグリーン×オレンジ×白…ポップな色遊びが抵抗なく楽しめるのは、ノーブルなシルエットの白パンツのおかげ。ニットは裾がペプラム状になったキュートなデザインです。そのふんわりとしたシルエットを生かすなら、ボトムはすっきりスリム、そして足首見せが絶対条件。

【3】白パンツ×黒ブラウス

【3】白パンツ×黒ブラウス
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア)、ネックレス(アングローバルショップ 表参道〈フィリップ オーディベール〉)、バングル(ビームス ハウス 丸の内〈フィリップ オーディベール〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 大阪店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フロントは短く、後ろ姿はたっぷり、この裾の前後差が今年らしいゆとりを表現してくれます。

【4】白パンツ×白ブラウス×ベージュコート

【4】白パンツ×白ブラウス×ベージュコート
マックスマーラのコート・マックスマーラのブラウス・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

大人のフェミニティーは、やわらかい色味を緻密に重ねて実現。マニッシュなスエードやローファーも、ハイトーンでまとめることでぐっと女らしく仕上がり、シンプル・エレガンスを引き立てます。

【6】白パンツ×黒ブラウス

【6】白パンツ×黒ブラウス
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(L'AVENTURE martinique〈L'AVENTURE martinique〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

大人の愛らしさが漂うパフスリーブのブラウスを、この春はきれ味よく。すっきりとしたデザインのものを選び、白のワイドパンツで颯爽と着こなしましょう。

【7】白パンツ×ニット×グレーチェックジャケット

【7】白パンツ×ニット×グレーチェックジャケット
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビ! フォルムが上品なぶん、素材やきれい色を取り入れれば、おしゃれの幅もぐんと広がります。アウターはツイード地が華やかなテーラード。袖ぐり、ラペル幅が細身のため、着てみると想像以上にスマートです。

【8】白パンツ×白ブラウス×ピンクコート×ストール

【8】白パンツ×白ブラウス×ピンクコート×ストール
コート・ブラウス(キートン)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計・左手のブレスレット・右手のバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

白のスタイリングをどこまでも新鮮にクラスアップさせるのが、艶感のあるペールピンクのコート。シルクならではのシャイニー感が淡いトーンのピンクを優しく見せ、華やぎオーラを放ちます。

【9】白パンツ×白Tシャツ×ロングジレ

【9】白パンツ×白Tシャツ×ロングジレ
ロングジレとニュアンスカラーの法則

「白Tシャツ」に白パンツを合わせたシンプルなオールホワイトコーデをブラッシュアップしたのはロングジレの存在でした。「ジャストくるぶし丈」のパンツ選びや「ニュアンスカラー」の取り入れ方など、スタイルアップのヒントが満載。仕上げの赤い口紅がこなれ感も演出しています。オールコーデで真似したいお手本スタイルです。

【10】白パンツ×ニット×ロングカーディガン

【10】白パンツ×ニット×ロングカーディガン
パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット・カーディガン(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、時計(IWC)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ)

ドレープ性の高い生地を贅沢に使用したパンツを主役に。大胆なボリューム感が優雅さを演出してくれます。

おすすめブランドの白パンツ


【1】ロロピアーナの白パンツ

【1】ロロピアーナの白パンツ
コート・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

独自の手法で防水加工を施したテクノ・スエードのアウターは、スペイン産のラムスキンを使用。極上素材を惜しみなく使っているから、若々しいフード付きでも余裕が漂います。コクのあるマスタードイエロー×きりっとした白パンツ、そしてインナーは迷わずネイビーニットを! イタリア男さながらの配色センスで、鮮度の高い週末スタイルが完成します。

【2】アニオナの白パンツ

【2】アニオナの白パンツ
コート・ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

淡いグレージュをベースに、縦横に走る濃淡のインディゴブルーの織り柄が表情豊か。ファブリックに強いという伝統をもつアニオナだからこその、薄くて軽いこだわりのコットンツイードです。裏地なしの軽やかさを生かし、カーディガンのようにさっとはおり、共布のベルトをきゅっと結ぶだけで、こなれたカジュアルが完成します。

【3】ディオールの白パンツ

【3】ディオールの白パンツ
コート・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボウブラウスとセミワイドパンツをオールホワイトでそろえて華やかに。ネイビーのミドル丈トレンチコートが、全体を引き締めつつ着こなしをすっきりとまとめてくれます。ヒールパンプスは紺をリンクさせてパテント素材の艶をトッピング。マットゴールドのチェーンバッグをアクセントカラーに添えましょう。

【4】ジル・サンダーネイビーの白パンツ

【4】ジル・サンダーネイビーの白パンツ
コート・ニット・パンツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー ネイビー〉)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

リネン混のペーパーギャバジン素材で仕立てた薄軽トレンチの白をベースに、モーヴピンクをアソートカラー(配合色)として、まろやかな色味をリンク。バッグと靴のトープ色を加えた春らしい3配色で洗練の着こなしがかないます。

【5】ランバンの白パンツ

【5】ランバンの白パンツ
ジャケット・シャツ・パンツ・リング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

落ち感があり、ブルゾン感覚ではおれるジャケット。深い黒、そしてゴールドボタンのダブルブレストでアメリカン・トラッドとは一線を画す、洗練された雰囲気はランバンならではです。白のワイドパンツを合わせて、しなやかさを取り入れるのも、ジャケットスタイルをアップデートさせる極意。

【6】フェンディの白パンツ

【6】フェンディの白パンツ
ブラウス・パンツ(フェンディ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

動くたびに周囲の視線を釘づけにするような、ふっくらとした袖が印象的なブラウス。今季の気分を象徴するような一枚は、コットン素材のブラックで、袖以外はごくシンプルというさじ加減も絶妙です。春もワードローブの基本はブラックという人も、この一枚を手に入れたら新しい気分のおしゃれが楽しめます!

【7】マックスマーラの白パンツ

【7】マックスマーラの白パンツ
エス マックスマーラのジャケット・マックスマーラのブラウス・パンツ・バッグ・ストラップ(マックスマーラ ジャパン)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレスとして使用したブレスレット・ネックレス・チェーンブレスレット・バングル・リング(ティファニー·アンド·カンパニー·ジャパン·インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アンゴラ混ウール地のダブルフェースの、低めのスタンドカラーがスタイリッシュなアウターが主役。ジャケットの着丈が長いぶん、ハイウエストを意識した着こなしに。

ブランド白パンツアイテム


【1】ドゥロワーのワイドパンツ

【1】ドゥロワーのワイドパンツ
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

多くの人がしている白シャツに黒パンツという色合わせではなく、トップスを黒、ボトムスを白に…と逆にすると、それだけで断然、軽やかなおしゃれが完成します。

【2】エルマンノシェルヴィーノのレース・ジョグパンツ

【2】エルマンノシェルヴィーノのレース・ジョグパンツ
パンツ(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

レースほど、品質の良し悪しが顕著に出るものはありません。しっとりと肉厚なレースを用いたパンツは、ドロストタイプでありながら、優美な魅力に満ちて。グレーのサマーニットにパールネックレスを添えて、足元はトング…、そんなさりげないけど確実にオーラを放つ着こなしを実現できます。

白パンツに合う靴


【1】白パンツ×シルバーローファー

【1】白パンツ×シルバーローファー
ストラネスのジャケット・バンフォードのニット(三喜商事)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

【2】白パンツ×ベージュパンプス

【2】白パンツ×ベージュパンプス
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、バンフォードのジレ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、ニット(ADORE)、バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白トップスに白いパンツ、白いジレ…とホワイトトーンでまとめた着こなしに、ベージュコートをはおって品よく引き締めて。上品だけれどおとなしい印象にならないように、顔周りにペールトーンのスカーフを小さく効かせましょう。

【3】白パンツ×白スニーカー

【3】白パンツ×白スニーカー
マックスマーラのコート・ブラウス・パンツ・スポーツマックスの靴(マックスマーラジャパン)、バッグ(ロエベ ジャパン)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、グローブに用いられるほど、薄手のスエードで仕立てた一枚。内側はナッパ加工を施した凝ったつくりで、素材が奏でる美しいコントラストに魅了されます。白のコットンパンツでクリアに仕上げ、太陽のように鮮やかなキャンバスバッグが、淡色コーディネートのアクセントに。

【4】白パンツ×グレーパンプス

【4】白パンツ×グレーパンプス
コート・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

布帛のロングカーディガンのようなライトな感覚で着られる、ひざ下丈のシンプルトレンチ。リブニットとクロップドパンツで上品カジュアルに仕上げると、洗練度がぐっとアップします。

【5】白パンツ×ヒールサンダル

【5】白パンツ×ヒールサンダル
ジャケット(ディースクエアード 東京〈ディースクエアード〉)、ブラウス(アパルトモン青山店〈ティビ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ベルト・バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フォーマル感を重視するなら、モノトーンをベースにするのがおすすめ。キャメル色の小物が、辛口配色に女らしさと軽やかさを授けてくれます。

【6】白パンツ×ブラウンスニーカー

【6】白パンツ×ブラウンスニーカー
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ベスト・ニット(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ロレーナ アントニアッツィ〉)、帽子(ADORE 六本木ヒルズ店〈スーパードゥーパーハッツ〉)、サングラス(モスコットトウキョウ〈モスコット〉)、ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

空と海の青に鮮やかに映えるオールホワイトのマリンスタイル。全身白で華やかさを授けた、軽快な8分丈パンツを主役にした装いは、贅沢なクルーズの雰囲気にぴったりです。

【7】白パンツ×黒パンプス

【8】白パンツ×黒パンプス
パンツ(キートン)、プルオーバー(ブラミンク)、ピアス・ネックレス・ブレスレット[ネックレスとブレスレットをつなげて使用]・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

キートンの確かなサルトリア技術で仕立てられた、コットンストレッチの細見え定番パンツ。直線ラインの美しさを強調して、下半身を脚長スマートに見せてくれます。