2016年に誕生した『ムッシュー ドゥ シャネル』は、時計業界に大きなインパクトを与えた。2000年にデビューした『J12』以降、ウォッチメーカーとしての評価を得ていたシャネルが、満を持して発表した初の自社製ムーブメントを搭載したモデルである。

シャネル

才色兼備のコンプリケーション

右/『ムッシュー ドゥ シャネル』●手巻き●ベージュゴールドケース×ブラックアリゲーターストラップ ●ケース径/40㎜ ¥3,950,000 左/『ボーイフレンド ツイード』●クオーツ ●ベージュゴールドケース×ベージュゴールドブレスレット ●ケースサイズ/27.9×21.5㎜ ¥3,600,000(シャネル)

右/この時計をシャネルたらしめているファクターのうちのひとつは、モダンなアラビックのインデックスだろう。複雑な機構を有しながら、それをことさらにアピールしないさりげないデザインがブランドの美学だ。

左/シックさと華やぎを併せ持つベージュゴールドはシャネル独自の素材。ベゼルにあしらわれた62石のダイヤモンドや、シャネルらしいツイードパターンのブレスレットによって、他にはない至高のエレガンスが漂う。

そのたたずまいは美しく、そしてコンプリケーションウォッチとしての魅力も兼ね備えていた。一直線に並ぶレトログラード分表示とスモールセコンド、そしてジャンピングアワー。「シャネルらしい美しい時計」をまずクリエイション スタジオがデザインし、それを自社マニュファクチュールが設計、開発。こうして、エポックメイキングな名品が生み出されたのだ。

※価格は税抜です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2017年冬号 本格機械式時計こそ、「ラグジュアリーブランド」という選択より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/唐澤光也(パイルドライバー) 文/川上康介 構成/岡村佳代