機械式時計とは縁がないように思えたラルフ ローレンが、時計界に本格参入した2009年。発表されたのは実にアメリカらしい、アメリカの古きよき時代の空気を伝えてくれるような時計だった。

ラルフ ローレン

機械式時計に込められたミスター ローレンの美学

左/『RL オートモーティブ 39MM』●手巻き ●ブラックステンレススティールケース×アリゲーターストラップ ●ケース径/39mm ¥1,550,000右/『RL オートモーティブ スケルトン』●手巻き ●ブラックステンレススティールケース×アリゲーターストラップ ●ケース径/45mm ¥4,900,000(ラルフ ローレン 表参道)

左/ムーブメントはジャガー・ルクルト製。スポーティながらもカジュアルには終わらず、エレガンスも併せ持つ。アクティブな女性に贈りたい。

右/ミスター ローレンが所有する「1938年型ブガッティ タイプ57SC アトランティッククーペ」にインスパイアされたオートモーティブコレクション。木製のベゼルは、ステアリングをイメージ。

リシュモングループと合弁会社を設立して、早々にSIHHにも出展。その本気度は、一本一本の時計からもしっかりと伝わってきた。時計を愛してやまないミスター ローレン自ら陣頭指揮をとってつくられた時計たちは、デザインだけでなくムーブメントにもこだわっている。オーセンティックでありながら、ハイクオリティ。トレンドに流されることのない独自の存在感が光る。

※価格は税抜です。

この記事の執筆者
TEXT :
MEN'S Precious編集部 
BY :
MEN'S Precious2017年冬号 本格機械式時計こそ、「ラグジュアリーブランド」という選択より
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/唐澤光也(パイルドライバー) 文/川上康介 構成/岡村佳代