ジャケットを取り入れたコーディネートをまとめました。今旬のジャケットをかっこよく着こなすためのお手本集。

【目次】

レディースジャケットコーデ【オフィス】


【1】黒ジャケット×カットソー×黒パンツ

【1】黒ジャケット×カットソー×黒パンツ
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップこそ、特別な日に限定せず、日常に取り入れましょう。

【2】グレージャケット×グレーパンツ

【2】グレージャケット×グレーパンツ
ジャケット・パンツ・インナー・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、サングラス(ミラリジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、時計(ピアジェ)、スニーカー(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

伸縮性のあるジャージー素材のジャケットとパンツは、思わず大股で歩きたくなるくらい快適な着心地が魅力です。 

【3】白ジャケット×白ワンピース

【3】白ジャケット×白ワンピース
ジャケット・ワンピース・ベルト・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

纏うだけで絵になるオールホワイトのコーディネート。細身のコットンワンピースは、スカートの裾のレースアップのディテールがアクセントに。ビッグシルエットの麻ジャケットを軽やかにはおって、どこまでも辛口のかっこよさが際立ったスタイリングを完成させましょう。

【4】ベージュジャケット×ニット×ベージュパンツ

【4】ベージュジャケット×ニット×ベージュパンツ
ボリオリのジャケット・エアロンのパンツ(コロネット)、ニット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

サンドベージュの背抜きジャケットとクロップド・ワイドパンツでトラッドが香る装いに。インに合わせるニットやバッグは、無難なグレーや黒を合わせて沈んだ印象にならないように注意するのがポイント。小さな面積だからと油断せずに、白を取り入れ、抜け感を出すのが鉄則です。

【5】白ジャケット×ニット×黒パンツ

【5】白ジャケット×ニット×黒パンツ
パンツ(Theory)、ユナイテッドアローズのジャケット・スタブス&ウートンの靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ニット(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはTheoryの一番人気アイテム。二重織り生地を採用した細身ストレートで、ハリもあるので、直線的なラインを強調し、美脚効果も抜群です。凛とした白ジャケットも、ゆるいシルエットで、力を抜いた余裕を表現。

【6】グレージャケット×ブラウス×タイトスカート

【6】グレージャケット×ブラウス×タイトスカート
ジャケット(ebure)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ピアス(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ・靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはネイビー×白のバーズアイ(ごく小さなドット)を黒のレザートリミングが引き締めて。ゆったりとした身ごろと袖でノーカラージャケットをモードに更新。端正なブラウス+タイトスカートにはおって、こなれたきちんと感を演出しましょう。華奢な小物を合わせれば、仕事の後にエレガントな予定がある日にも向く装いが完成します。

【7】黒ジャケット×ニット×キャメルパンツ

【7】黒ジャケット×ニット×キャメルパンツ
ジャケット・ニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ、ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはピークラペル、ダブルブレスト、サイドベンツ(後ろ身ごろの左右に入ったスリット)と、正統派メンズライクな仕立て。四角い貝ボタンが小粋なアクセントになっています。ジャケットのかっこよさが際立つビター配色を意識して、キャメルのパンツを投入。袖をたくし上げたり、白を効かせたりとヘルシーな抜け感を添えましょう。

レディースジャケットコーデ【色別】


【1】黒ジャケット×カットソー

【1】黒ジャケット×カットソー
ジャケット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、フレアパンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

上質なジャケットには、ブレスレットタイプの時計と黒のアクセサリーをアクセントに、さりげないエレガンスを意識。

【2】黒ジャケット×カットソー×パンツ

【2】黒ジャケット×カットソー×パンツ
ジャケット・パンツ・トップス・バッグ(ジョルジオ アルマーニジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ブレスレット(ピアジェ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ベーシックカラーのジャケットスタイルになじみつつ、着こなしのアクセントになってくれるのがこのバッグ。この3配色はかなり秀逸で、仕事用のバッグとしても機能的なのでフルに活躍しそう!

【3】黒ジャケット×ブラウス×パンツ

【3】黒ジャケット×ブラウス×パンツ
ジャケット(ディースクエアード 東京〈ディースクエアード〉)、ブラウス(アパルトモン青山店〈ティビ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ベルト・バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ジャケットでフォーマル感を重視するなら、モノトーンをベースにするのがおすすめ。キャメル色の小物が、辛口配色に女らしさと軽やかさを授けてくれます。

【4】黒ジャケット×Tシャツ×パンツ

【4】黒ジャケット×Tシャツ×パンツ
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スタイリッシュなテーラードジャケットは、ブランドのアイコン的存在。今季は、コンパクトな美シルエットをゴールドレザーのトリミングでリッチに刷新しています。静謐になりすぎる黒一色の着こなしも、はっとするほどラグジュアリーに!

【5】グレージャケット×ブラウス×スカート

【5】グレージャケット×ブラウス×スカート
ジャケット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブラウス・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス( フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

着丈はヒップラインを覆う72㎝のジャケット。ダブルブレストの本格サルトリアルジャケットながら、スパンコールで描かれたウィンドーペンやコットンリネンのさらっとした着心地がジャケット特有の堅さを払拭してくれます。メンズライクなロングジャケット×とろみスカートの新鮮なコンビネーションの足元は、ヒールで女らしくまとめるのが正解です。

【6】グレージャケット×ニット×スカート

【6】グレージャケット×ニット×スカート
ジャケット・スカート(ebure)、ニット(Theory luxe)、ピアス(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバートリー、モーリス〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY、CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットは軽く爽やかなリネン素材。フロントや袖口のジップが辛口のモード感を醸す一方、ウエストにはハンドワーク風ステッチをあしらって高級感をトッピング。クールな印象になりすぎないように配色バッグやインパクトパンプスでモードな彩りを添えましょう。

【7】グレージャケット×ニット×パンツ

【7】グレージャケット×ニット×パンツ
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビ。フォルムが上品なぶん、素材やきれい色を取り入れれば、おしゃれの幅もぐんと広がります。アウターはツイード地が華やかなテーラード。袖ぐり、ラペル幅が細身のため、着てみると想像以上にスマート。カジュアルを目指すなら、小物をメンズライクにまとめるのがこなれるコツです。

【8】ネイビージャケット×ニット×パンツ

【8】ネイビージャケット×ニット×パンツ
ストラネスのジャケット・バンフォードのニット(三喜商事)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムが軽快さをもたらしてくれます。

【9】ネイビージャケット×カットソー×パンツ

【9】ネイビージャケット×カットソー×パンツ
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(アニヤ・ハインドマーチ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

黒で統一したトップス&パンツに、深いネイビーのタキシード風ジャケットを肩がけ! 男前なジャケットスタイルに、ロングパールとパテントローファーでパリジェンヌのような小粋さを演出しましょう。

【10】ネイビージャケット×シャツ×スカート

【10】ネイビージャケット×シャツ×スカート
ラルフ ローレン コレクションのジャケット・シャツ・スカート・ラルフローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

トラディショナルな紺ブレ風のテーラードジャケット。すっきりした細身ながら、ストレッチが程よくきいたウール素材で着心地がよく、フィット感も抜群だから、袖まくりをして、軽やかに着こなしましょう。キャメルのスエードスカートで、王道配色の上品なインパクトを添えて。

【11】ベージュジャケット×カットソー×パンツ

【11】ベージュジャケット×カットソー×パンツ
ジャケット(キートン)、アバティのカットソー・ボリオリのパンツ(コロネット)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

「はおる」という表現がぴったりとくる、圧倒的な軽さを誇る着心地と、女性のボディーラインにしなやかに沿う完璧なシルエットは、伝統的なナポリ仕立てを頑なに守る、キートンのアルティザンの技の結晶です。カジュアルにも合わせやすく、スタイルが確実によく見えると誉れ高い、ふたつボタンの『ツービージャケット』は定番名品。格子状に織ることで凹凸のある表面感を出した新素材が、麻のシャリ感とシルクの艶を自然に強調して、ドライなベージュに、今年らしいいきいきとした表情を生み出しています。

【12】ベージュジャケット×トップス×パンツ

【12】ベージュジャケット×トップス×パンツ
ジャケット・トップス・パンツ・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(JIMMY、CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

リネンコットンのダブルフェース素材で、形が決まりやすいカシュクール風デザイン。気負いなく涼やかに、端正スタイルを後押ししてくれます。ヒップを隠す着丈はパンツともタイトスカートとも好相性、しかも後ろ姿に自信がもてます。

【13】ベージュジャケット×ニット×パンツ

【13】ベージュジャケット×ニット×パンツ
ジャケット(アクネ ストゥディオズ アオヤマ〈アクネ ストゥディオズ〉)、ニット(ebure)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(J&M、デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY、CHOO) 撮影/唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはダンディなピークラペルやシングルブレスト、センターベント、内ポケット…。メンズライクな要素を、オーバーサイズという最旬のバランスでモードに昇華。襟元には、パールネックレスを配してクラシカルなラグジュアリー感を添えるのが大人の流儀です。

ジャケットに合わせるスカートコーデ


【1】グレージャケット×黒スカート

【1】グレージャケット×黒スカート
ジャケット・ブラウス・ボウタイ・スカート・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

細ラペルが端正なウールジャケットは、はおったときにいちばんきれいに見えると打ち出されたこだわりの74㎝丈。小さめの袖ぐり、細身な身幅で、ロングシルエットでもスマートに着こなせます。マニッシュな表情のジャケットには、リボン風のボウタイで、ほのかな女らしさをプラスしましょう。

【2】白ジャケット×白スカート

【2】白ジャケット×白スカート
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、着こなしをフレッシュに彩ってくれます。

【3】デニムジャケット×ワンピース

【3】デニムジャケット×ワンピース
デニムジャケット・デニムワンピース(オットデザイン〈ルーム エイト〉)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

デコルテの美しさが際立つ繊細なパールのネックレスで、デニムのセットアップに知的な女らしさを香らせて。

【4】黒ジャケット×黒スカート

【4】黒ジャケット×黒スカート
ディオールのジャケット・カットソー・スカート・靴・ディオール ファインジュエリーのブレスレット・リング・バングル(クリスチャンディオール) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

モノトーンのジャケットスタイルに、女性らしさあふれるチュールスカートで味つけ。フェミニン&モードな端正な着こなしがかないます。

【5】グレージャケット×グリーンスフレアカート

【5】グレージャケット×グリーンスフレアカート
ライトグレーのジャケット(クルチアーニ銀座店)、ネイビーのVネック半袖コットントップス(コロネット〈アバティ〉)、グリーンのフレアスカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレスチャーム・ネックレスチェーン(ウノアエレ ジャパン)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ミラノリブジャケットは、程よい地厚加減によるサポート力と、ニットの軽やかさが相まって、気負わない今の気分にぴったり。短め丈に、春色のふんわりスカートがバランスよく映えます。

【6】白ジャケット×黒スカート

【6】白ジャケット×黒スカート
ジャケット・インナー(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、和光のポケットチーフ・ネックレス・メゾン ルーバスのバングル(和光)、バッグ(ビームス ハウス 丸の内〈エマニュエラ ペトロガリ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

メンズのテーラリング技術を取り入れた着心地、控えめなディテールと素材選びに定評のあるイレブンティのジャケット。織り模様で表情豊かに仕上げたコットン素材で、こなれ感を演出してくれます。

【7】白ジャケット×グレーロングスカート

【7】白ジャケット×グレーロングスカート
ジャケット(Theory luxe)、ニット(八木通商〈ルトロワ〉)、スカート(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、スカーフ(MOGA)、ピアス・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)バッグ(J&M、デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY、CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはノーボタン、センターベントで動きやすくて、今らしい一着。カーディガン感覚でふんわりスカートに合わせれば、リラックスした女らしさを表現できます。

【8】ピンクジャケット×黒タイトスカート

【8】ピンクジャケット×黒タイトスカート
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス・バングル・時計・リング(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

装飾を省いた極めてミニマルなデザインながら、大きめテーラードカラーのデザインが豊かで女らしい表情を引き出してくれるジャケット。驚くほど軽いファブリックは触り心地なめらかなカシミヤ100%です。タートルニット×タイトスカートは最愛のブラックでまとめ、小物は知的なスクエア形で統一してクールな印象に。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立ててくれます。

黒ジャケットに合うパンツコーデ


【1】黒ジャケット×白パンツ

【1】黒ジャケット×白パンツ
ジャケット・パンツ・トップス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

はおりもの感覚で軽やかに着られて、ラフな表情がかっこいいカットソージャケットを主役に。前を開けて、ジュエリーをプラスしても好バランスに決まります。

【2】黒ジャケット×デニムパンツ

【2】黒ジャケット×デニムパンツ
バッグ・ジャケット・シルクシャツ・デニム・靴・イヤリング・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

新作のショルダーバッグ『シャーロット』を、モダンな光沢を放つ黒のパテントで取り入れて。上品なトラッド感があるので、スモーキングジャケットをデニムでドレスダウン。辛口シャープな装いのアクセントにもなってくれます。

【3】黒ジャケット×黒パンツ

【3】黒ジャケット×黒パンツ
靴・バッグ(JIMMY CHOO)、ジャケット・パンツ(ディースクエアード 東京)、サイモン アルカンタラのピアス・スティーブン デュエックのリング(ストラスブルゴ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

どこから見ても美しさが際立つパンプス『ロミー』。安定感のあるストレートヒールなので、10㎝でも履きやすいと評判。春の新色は、黒からピンクへと煌きらめきながら移ろう、シックなグリッターグラデーションで、テーラードスタイルを知的に演出してくれます。

【4】黒ジャケット×グレーパンツ

【4】黒ジャケット×グレーパンツ
パンツ(Theory)、ジャケット(DES PRÉS丸の内店〈DES PRÉS〉)、カットソー(スローン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(ロンハーマン〈ギャレット レイト〉)、バングル(ティファニーアンド・カンパニー・ジャパン・インク)、J&Mデヴィッドソンのバッグ・ノヴェスタの靴(ドゥロワー 丸の内店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはハリのある二重織りが特徴的な細身ストレートのトラウザータイプ。 パンツのグレーとリンクするカシミヤシルクのストールが着こなしを上品に盛り上げてくれます。