香りには潜在的にもつもうひとつの顔を表現する力があることを教えてくれたのが『ナエマ』という香水。『千夜一夜物語』の双子の王女からヒントを得て創られたフローラルの香りには、相反するものが共存し、情熱的であり冷静、エレガントでありシック…。その時々で演じたい女性像を香りの効用で引き出し、後押ししてくれる大切な存在です。



ゲラン ナエマ 30ml ¥36,800(税抜)

■4代目調香師ジャン ポール・ゲランが、4年にわたり500回余りの試作の末に完成させた、バラの精のような香り。

問い合わせ先

※この情報は2016年1月18日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

この記事の執筆者
さまざまな年齢層の女性誌でフリーの美容エディターとして美容記事の制作のほか、化粧品ブランドの製品開発、ブランドのコンセプトづくり、広告制作などを手がける。『Precious』では創刊準備からビューティ・ディレクターとして、現在も美容特集を担当。大人が目指すべき美容をわかりやすく解説する記事に定評がある。好きなもの:リチャード・アヴェドン、エッフェル塔、スパ、ヨガ、アーユル・ヴェーダ、シルクのドレス、カシミアのセーター、犬、キリン、乗馬、モネの『印象、日の出』、海、香水、ブーケ、旅、教会、フレンチネイル、赤い口紅、アルハンブラ宮殿
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー) 
TAGS: