紳士然とした、シックかつ洗練された趣を所望するならばスプリングコートがいいだろう。しかも、機能面を抜かりなくフォローした一着であればこれほど好ましいものはない。幸運にも、程よい防寒性や撥水性を備えた、頼り甲斐のあるアイテムが各ブランドから届いている。ヘルノかカモシタユナイテッドアローズか?究極の2択を紹介する。

春先の装いをエレガントするスプリングコート

カモシタ ユナイテッドアローズ

¥65,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈カモシタ ユナイテッドアローズ〉)

ユナイテッドアローズ クリエイティブ・ディレクターの鴨志田さんは、ジャパニーズ クラシックを、同ブランドを通して提唱する。だからこそ、こちらのダブルブレストのスプリングコートも、我々にはすんなり受け入れることができるのだろう。ドロップぎみのショルダーにゆったりめの身幅。着丈は膝に届くほどである。しかも軽量のため、誰もが思わず身を委ねてしまいたくなるのだ。ふくよかなフォルムではあるが、芯地を入れながらも洗いにより柔らかさを加えた上襟や、細口のナット釦がドレッシーな表情を後に残す。その絶妙なバランスはブランドならではといえるだろう。

ヘルノ

¥80,000(ビームス ハウス 丸の内〈ヘルノ〉)

おそらく国内ではダウンアイテムが有名ではないだろうか。確かに、ヘルノのアイテムは機能的である。なにしろ、レインコートからブランドをスタートさせたという背景があるだけに説得力が違う。中でも屈指の人気を誇るのがラミナーシリーズ。こちらは、ゴアテックス®で仕上げた一着で、丈夫さに加え、3レイヤーによる透湿防水性も加味されている。ボタンがラバー製という隙のなさも見事だ。ただ、機能をこれほどエレガントにファッションとして昇華させるあたりに、他にはない同ブランドのポテンシャルを感じさせる。

※価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
PHOTO :
西山輝彦
STYLIST :
河又雅俊
WRITING :
菊池 亮
TAGS: