テーパードパンツを取り入れたコーディネートをまとめました。足元をすっきりさせる効果のあるテーパードシルエットのパンツで颯爽と闊歩し、大人の魅力を存分に発揮しましょう。

【目次】

レディース春のテーパードパンツコーデ


【1】ピンクテーパードパンツ×黒ニット×黒カーディガン

【9】ピンクテーパードパンツ×黒ニット×黒カーディガン
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ネックレス(エミリオ・プッチ ジャパン)、バングル(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ボディーにつかず離れずでフィットするノータックのテーパードパンツ。素材はシワになりにくいポリエステル・レーヨンなのも魅力。パッと目に飛び込んでくる鮮やかなコーラルピンクのパンツは、引き締め役の黒ニットと白の小物でメリハリをつけましょう。

白テーパードパンツコーデ


【1】白テーパードパンツ×ブラウス×コート

【1】白テーパードパンツ×ブラウス×コート
コート(三喜商事〈バンフォード〉)、ブラウス(キートン)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ネックレス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(ピーチ〈ロウナー ロンドン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

イギリスのライフスタイルブランドバンフォードにとって、カシミヤは最も大切にしている天然素材。裾がふわりと風に舞うほどに軽やかなカシミヤを使ったコートは、布地の美しさをシンプルに生かした、洗練されたシルエットに魅了されます。透明感のあるベージュを、清潔感のあるホワイトパンツがラグジュアリーに見せてくれます。

【2】白テーパードパンツ×ブルーニット×カーディガン

【2】白テーパードパンツ×ブルーニット×カーディガン
ニット・カーディガン(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、時計(IWC)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious6月号』小学館、2017年

ドレープのボリューム感が華やかなテーパードパンツには、すっきりとタイトなロングカーディガンでスタイルアップ。肩肘張らない美人シルエットに仕上げましょう。

【3】白テーパードパンツ×ブラウス×白ジャケット

【3】白テーパードパンツ×ブラウス×白ジャケット
ジャケット(synchro crossings 玉川タカシマヤSC<シンクロ クロッシングズ>) 、ブラウス(ウールン商会<ファビアナ フィリッピ>)、パンツ(オルドス ファッション ジャパン<オルドス>)、ベルト(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店<メゾン ボワネ>)、眼鏡(イー・ヴィ・アイ PR<レジャー ソサエティー>)、時計(DKSHジャパン<ベダ&カンパニー>)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン<ヴァレクストラ>)、靴(ジェイエムウエストン 青山店<ジェイエムウエストン>)

白のテーパードパンツを合わせたキャリア女性らしい正装感のあるジャケパンコーデ。中にシルバーラインが効いたネイビーのノースリーブブラウスを忍ばせることによって、淡色のスタイリングにメリハリをつけたのもこだわり。黒ではなくネイビーにすることで、ジャケットとのコントラストを強めすぎないのがポイントです。シルク混のやわらかな肌触りのブラウスは、きちんと感最優先のジャケパンコーデにこそ、投入したいテクスチャーです。

テーパードパンツ×スニーカーコーデ


【1】グレーテーパードパンツ×スニーカー×カットソー×ベスト

【1】グレーテーパードパンツ×スニーカー×カットソー×ベスト
パンツ・ベスト・トップス・バッグ・ブレスレット・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パンツのチャコールグレーを基軸に、グレーの色調でシックにまとめましょう。温度調節に重宝するサマーベストは、肩先にあしらったブロンズのボールチェーンの意匠がリュクスな雰囲気を後押し。スニーカーも高級素材にこだわれば、休日のリッチカジュアルが完成します。

グレーテーパードパンツコーデ


【1】グレーテーパードパンツ×黒ブラウス×ジャケット

【2】グレーテーパードパンツ×黒ブラウス×ジャケット
ジャケット(ADORE)、ブラウス(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ・靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ベーシックカラーを基調としたパンツスタイルに、バッグと足元できれい色を加味。きれい色はハードルの高い存在ですが、なじみのある黒&グレーを味方につければ、スッと取り入れることができます。

【2】グレーテーパードパンツ×ニット×グレージャケット

【4】グレーテーパードパンツ×ニット×グレージャケット
ジャケット・パンツ(オンワード樫山)、ニット(Theory luxe)、スカーフ(SANYO SHOKAI)、バングル(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(バリー 銀座店)

ライトグレーのノーカラージャケット×テーパードパンツのスーツは、優しい色味が最大の魅力。全身が1色で覆われるスーツは、ライトグレーやベージュなどの淡色系ベーシックカラーを選んで、まずはパッと見の印象をソフトにすることを心がけましょいう。相手には「仕事を任せられそう」という信頼感と、「話しやすそう」という親近感の、その両方を感じてもらうことが大切です。

黒テーパードパンツコーデ


【1】黒テーパードパンツ×白ブラウス×トレンチコート

【1】黒テーパードパンツ×白ブラウス×トレンチコート
コート・ブラウス・パンツ・スカーフ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

計算し尽くされた細身シルエットがボディーラインを華奢に見せ、品格とモード感が両立した立ち姿をかなえるトレンチ。前を開けても広がりすぎず、さりげない着こなしをスタイリッシュに演出してくれます。くるぶし丈のパンツを合わせれば、辛口シンプルな着こなしが一気にこなれた雰囲気に。

【2】黒テーパードパンツ×黒カットソー×ジャケット

【2】黒テーパードパンツ×黒カットソー×ジャケット
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(アニヤ・ハインドマーチ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

主役のパンツは、レーヨン×コットン混の緻密に織られたストレッチ素材。程よいテーパードラインに、発色のいい黒が上品な印象へと導いてくれます。黒で統一したトップス&パンツに、深いネイビーのタキシード風ジャケットを肩がけ! 男前なジャケットスタイルに、ロングパールとパテントローファーでパリジェンヌのような小粋さを演出しましょう。

【3】黒テーパードパンツ×ピンクジャケット

【5】黒テーパードパンツ×ピンクジャケット
ウエストがほっそり見える、ボリューム袖効果

ピンクのジャケットは袖に大胆なラッフルを施した、優雅なデザインが目をひきます。ヨルダンのラーニア王妃は、胸にコサージュを添えて、華やぎを演出しています。大人がピンクをまとう場合は、こうした堂々とした着方が大事になってきます。そして、全体のトーンを整えるうえで気をつけたいのが、ボトムス。ピンクのスイートさをトーンダウンさせる意識でチョイス。黒の7分丈・太めテーパードパンツを合わせたおかげで、ピンクの持ち味が中和されました。ピンクとブラックは、大人コーデに使いやすい好相性の組み合わせなので、チャレンジしてみては?

【4】黒テーパードパンツ×黒ブラウス

【6】黒テーパードパンツ×黒ブラウス
ブラウス(ADORE)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ベルト(yoshie inaba)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/川田有二 BY :『Precious4月号』小学館、2016年

きちんと感とモードが両立した、上質でとろみ感のあるテーパードパンツとバランスがよいのは、ドラマティックな袖コンシャスなシャツ。ボリュームたっぷりの袖が優雅に女らしさを演出し、オールブラックの装いを昇華させます。とろみ感のある素材は、動く度に表情が変化。ラグジュアリーな装いが求められるレセプション会場などにピッタリです。