ベージュのニットを取り入れたコーディネートをまとめました。この時期重宝するのがベージュ色のニット。ベージュ色のニットの着こなしテクニックをご紹介します。

レディース春のベージュニットコーデ


【1】ベージュニット×黒パンツ×白ジャケット

【1】ベージュニット×黒パンツ×白ジャケット
パンツ(Theory)、ユナイテッドアローズのジャケット・スタブス&ウートンの靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、ニット(スローン)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

二重織り生地を採用した細身ストレートのスティックパンツはTheoryの一番人気アイテム。ハリもあるので、直線的なラインを強調し、美脚効果も抜群です。凛とした白ジャケットと品のあるグレージュニットを合わせて、力を抜いたジャケパンスタイルに。

【2】ベージュニット×白パンツ×ベージュブルゾン

【2】ベージュニット×白パンツ×ベージュブルゾン
ブルゾン(VINCE 表参道店)、ニット(ザ シークレットクロゼット二子玉川〈シクラス〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ネックレス・キーチャーム・チェーン・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

バッグと靴をオリーブグリーンでそろえて、春のベージュスタイルに奥行きとこなれ感を授けましょう。ラムレザーのブルゾンとニットをまろやかなベージュでそろえたら、クロップドパンツは白でキリリと引き締めて! 

【3】ベージュニット×ベージュ柄パンツ

【3】ベージュニット×ベージュ柄パンツ
ニット・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、イヤリング・時計・ブレスレット・リング(シャネル) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

きれい色とシックカラーのちょうど中間のような、絶妙なオリーブグリーンのバッグがあれば、センスよくベージュニットを着こなすことが可能に。ジャカード柄のパンツに着映え力があるぶん、カシミヤシルクのニットは、すっきり見えるVネックを選びましょう。

【4】ベージュニット×時計

【4】ベージュニット×時計
コットンニット(ブルネロクチネリ ジャパン)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

袖のラインには、繊細なビーズ刺しゅうのあしらいが。この小さな「光」とスポーティーなライン使いのデザインが絶妙にマッチして、洗練された雰囲気をもたらす、クルーネックセーター。今季は「光るベージュ」をまず、こんな休日ムードのニットで取り入れてみましょう。

【5】ベージュニット×キャメルスカート

【5】ベージュニット×キャメルスカート
エストネーションのニット・ペランのバッグ(エストネーション)、スカート(ショールーム リンクス〈セドリック シャルリエ〉)、アルテミス・ジョイエリのペンダント・ネックレス・マッティオリのネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

上品な光沢のラメがぎっしりあしらわれた ミラノリブのニットを主役に。Tシャツ型でどこかカジュアルなところも、今の気分にぴったりです。

【6】ベージュニット×デニムパンツ

【6】ベージュニット×デニムパンツ
ネックレス・ブレスレット・リング(TASAKI〈RITZ PARIS par TASAKI〉)、デニムパンツ(ブランドニュース〈デレク ラム 10クロスビー〉)、ニット(サザビーリーグ〈デミリー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

バロックシェイプのあこや真珠、淡いブルーの色調、幻想的な光のモチーフ…と、あらゆる面で新鮮なパールジュエリー。ドレスアップにも映えるボリューム感たっぷりのパールを、この春はベージュニットに合わせて、リラックス気分で楽しみましょう。

【7】ベージュニット×ベージュパンツ×カーキコート

【8】ベージュニット×ベージュパンツ×カーキコート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(トリー バーチ ジャパン)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(TASAKI)、バッグ(エストネーション〈スタウド〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは、ゴム引き素材ならではのマットな発色のオリーブグリーンが上品。袖を折り返すと、レザーテープのトリミングがのぞきます。今年らしいボリューム感をもつロングコートは、インナーとボトムをベージュでまとめ、端正に着こなしましょう。

【8】ベージュニット×ブレスレット

【9】ベージュニット×ブレスレット
リング・ブレスレット(シャネル)、カシミヤのニット(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

シャネル のアイコンモチーフ「キルティング」をふっくらとした地金に刻んだ「ココ クラッシュ」のジュエリー。繊細な金細工で、ゴージャスなイエローゴールドがまろやかな印象に映ります。指先に、手首に重ねれば、カジュアルなベージュニットに上品な女らしさが加味されます。

【9】ベージュニット×スカート

【10】ベージュニット×スカート
ニット・スカート・バッグ「アヌーク エンベロープ」(アクリスジャパン<アクリス>) その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

さりげなくスパンコールが煌くニット、シルクジョーゼットを3枚重ねにしてスリットをアシンメトリーにあしらったスカート…。今季注目の軽やかなベージュを重ねた装いは、気取らず、スマートなおしゃれが映えるシーンで活躍しそう。鮮やか色が配された小さめバッグをポイントに効かせ、やわらかなトーンをリッチに仕上げましょう。

【10】ベージュニット×白パンツ×イエローカーディガン

【11】ベージュニット×白パンツ×イエローカーディガン
カーディガン・ニットトップス・パンツ・バッグ「アイ スモールメッセンジャー」(アクリスジャパン<アクリス>) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

一日オフィスで仕事という日には、定番のベージュニットトップスにイエローのニットカーディガンを加えて、春気分にシフト。優しいメランジュ調のイエローも、ヒップを上品に覆う長めの丈も、さらりとした着心地のリネンシルク素材も、大人好みです。取り外しできるえり元のリボンディテールが優雅なニュアンスを添えてくれます。