ベージュカラーのパンプスを取り入れたコーディネートをまとめました。ベージュに合わせるべきボトムスやトップスなどをご紹介します。

レディース春のベージュパンプスコーデ


【1】ベージュパンプス×ベージュタイトスカート×白シャツ

【1】ベージュパンプス×ベージュタイトスカート×白シャツ
靴(セルジオ ロッシ)、シャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、スカート(エストネーション)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

働く女性が信頼を寄せるセルジオ ロッシのスティレットヒールパンプス。人気の7.5㎝ヒールに昨年仲間入りしたポインテッドトウパンプスが、すでに新名品との呼び声高く、ファッションの目利きたちの熱い視線を集めています。絶対的な美しいフォルムと履き心地のよさに加えて、『sr1』コレクションの特徴である、フロントのシルバープレートが、足元にエッジの効いたセンスを光らせます。しっとりとなめらかで、透きとおった肌のような、ラムナッパレザーのヌードベージュなら、春の明るい色の装いにも自然になじみ、つま先までブライトアップして、全身の透明感がぐっと高まります。

【2】ベージュパンプス×カーキタイトスカート×ベージュブラウス

【2】ベージュパンプス×カーキタイトスカート×ベージュブラウス
ブラウス(サン・フレール〈レ・コパン〉)、スカート(ebure)、ベルト(yoshie、inaba)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

立体的なフラワー刺しゅうを施したコットンブラウスで、エレガントな雰囲気に。カーキにも似た、コクのあるオリーブグリーンのペンシルスカートと端正なベージュパンプスを合わせて、凛と美しいたたずまいに仕上げましょう。細ベルトやバッグで、クリーンな白を投入して、地味な印象に終わらせないのが、リッチ配色の掟です。

【3】ベージュパンプス×白パンツ×グレーブラウス

【3】ベージュパンプス×白パンツ×グレーブラウス
シルクブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

仕事の日にもおすすめの、ハンサムな「透け感ベージュ」の装い。モカベージュのブラウスと淡ベージュのパンツを軸に、パンプスまですべてワントーンでまとめると、洗練された印象に仕上がります。

【4】ベージュパンプス×ベージュスカート×白シャツ

【4】ベージュパンプス×ベージュスカート×白シャツ
スカート・シャツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、時計・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ハリのあるシルクオーガンジー素材で軽やかさをまとった、コクのあるキャメルベージュのスカートが、着こなしを刷新。上品パンプスを合わせて、みずみずしく、かっこいい、理想の女らしさを手に入れましょう。

【5】ベージュパンプス×白パンツ×トップス×白ジャケット

【5】ベージュパンプス×白パンツ×トップス×白ジャケット
ジャケット・トップス・パンツ・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

リネンコットンのダブルフェース素材で、形が決まりやすいカシュクール風デザイン。気負いなく涼やかに、端正スタイルを後押ししてくれます。ヒップを隠す着丈はパンツともタイトスカートとも好相性。しかも後ろ姿に自信がもてます。足元にベージュパンプスを合わせれば、上品エレガンスが加速します。

【6】ベージュパンプス×赤パンツ×赤ニット×ニットジャケット

【6】ベージュパンプス×赤パンツ×赤ニット×ニットジャケット
ジャケット(ビームス ハウス 丸の内〈ラルディーニ〉)、マディソンブルーのニット・バーニーズ・ニューヨークのパンツ・スカーフ(バーニーズ ニューヨーク)、メゾン ボワネのバングル・ヴィオラドーロのバッグ(ビームス ハウス丸の内)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

リラックス感があるのに、秀逸なパターンの効果で、立体的なスタイルが楽しめるジャケット。素材は、爽やかなコットン100%です。インとボトムにインパクトのあるピンクを選択。足元にはそれらをまとめてくれるピンクベージュのパンプスで女性らしさをアピール。

【7】ベージュパンプス×水色コート

【7】ベージュパンプス×水色コート
靴・黒プリーツスカート・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パイソンレザーが端正なピンクベージュにかっこよさをもたらす、働く女性に欠かせない流行と快適さをかなえる新作パンプスが登場! デリケートに折られたパイソンレザーとメタルプレートの新しいオーナメントが視線を奪う。安定感のあるまっすぐなストレットヒールにまで、パイソンレザーがあしらわれ、後ろ姿からも華麗な気配が漂います。

【8】ベージュパンプス×水色パンツ×白シャツ

【8】ベージュパンプス×水色パンツ×白シャツ
シャツ(ebure)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フロントヨークを切り替えたノーカラーのドレスシャツは、スイスにある最高級のシャツ生地メーカーのコットンを使用。上質素材ならではのしなやかさとボトムインした端正なたたずまいに、透明感のある水色のパンツがひときわクリアに映えます。フリンジが楽しい巾着型バッグとベージュパンプスで軽やかに仕上げましょう。

【9】ベージュパンプス×白パンツ×カットソー×コート

【9】ベージュパンプス×白パンツ×カットソー×コート
コート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ニット(ブラミンク)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、バッグ(フェンディ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

全身を白でまとめた着こなしも、キャメルのバッグやベージュの靴を合わせることで、着こなしにリッチな奥行きが生まれます。ベージュパンプスで足どり軽く オフィスに向かえば、一枚仕立てのコートが春風にたわむれる感触も心地いい!

【10】ベージュパンプス×白パンツ×ニット×ジレ×コート

【10】ベージュパンプス×白パンツ×ニット×ジレ×コート
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、バンフォードのジレ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、ニット(ADORE)、バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白トップスに白いパンツ、白いジレ…とホワイトトーンでまとめた着こなしに、ベージュのコート&パンプスを合わせて品よく引き締めて。上品だけれどおとなしい印象にならないように、顔周りにペールトーンのスカーフを小さく効かせて小粋に演出しましょう。

【11】ベージュパンプス×白パンツ×グレーニット×グレーコート

【11】ベージュパンプス×白パンツ×グレーニット×グレーコート
コート・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

布帛のロングカーディガンのようなライトな感覚で着られる、ひざ下丈のシンプルトレンチ。クロップドパンツとベージュパンプスで上品に仕上げると、洗練度がぐっとアップします。

【12】ベージュパンプス×白ガウチョパンツ×コート

【12】ベージュパンプス×白ガウチョパンツ×コート
コート(キートン)、トップス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ティビ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、ブレスレット・リング(ピアジェ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一枚仕立てで軽やかさを出した、スエード素材のラップコートはコクのあるキャメルカラーがトレンチ風のたたずまい。パンプススタイルに白のガウチョパンツを合わせれば、軽快な印象に仕上がります。

【13】ベージュパンプス×ベージュスカート×白シャツ×スカーフ

【13】ベージュパンプス×ベージュスカート×白シャツ×スカーフ
シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、スカート(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、シルクスカーフ『マハラニの庭』・バングル(エルメスジャポン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ラフに巻いたスカーフや少しビッグサイズへとアップデートした白シャツ、ワンストラッブの端正パンプス…上品なくずしが絶妙な装いを演出します。ベーシック派だからこそ、今っぽさには敏感でありましょう。

【14】ベージュパンプス×ピンクプリーツスカート×イエローニット

【15】ベージュパンプス×ピンクプリーツスカート×イエローニット
ニット(オルドス ファッション ジャパン)、スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

いつもなら同じトーンのベージュピンクで無難になじませるところを、今春は瑞々しく明るいイエローを選択して、遊び心あふれる色合わせに。シトラスイエローの爽やかさが際立って、スタイリッシュに仕上がります。バッグと靴は、全身をつなげる役目のベージュが正解です。