「本物の家具」が持つ魅力を味方につけてもらうために、インテリアエディター土橋が厳選した大人のためのインテリアアイテムをご紹介する新連載の第2回。身長156cmと小柄なエディターが、実際に家具を触ったり、座ったりしながら、女性ならではの視点でインテリア名品の魅力を掘り下げます。今回はモルテーニのジオ・ポンティデザイン「D.156.3」です。

時を超えて復刻された、イタリアモダンを代表する豊かなデザイン

【ブランド】モルテーニ 【商品名】D.156.3 【写真の仕様の価格】¥1,202,040(税込)【サイズ】幅710×奥行き970 ×高さ880× 座面高310mm 【材質】本体:グロッシーブラックラッカー/背面ストラップ:ブラック ※料金は張地、木部の仕様によって異なります。

編集者の目で観察し、空間を一枚のキャンバスに見立てて風景を構成するジオ・ポンティ

まるで家具をモチーフにしたグラフィック作品のような写真ですよね?

キルティングされたクッションが、優美ながらもどことなくシャープな木製フレームに収まっている、モダンともクラッシックとも表現しきれない椅子。

デザインしたのは、「イタリア建築・デザインの父」として高く評価されている巨匠、ジオ・ポンティ。1928年に建築雑誌の先駆けである『ドムス』誌を創刊したことでも有名です。建築家、デザイナーという範疇を超えた仕事を残した彼は、装飾を愛したモダニストとも表現されます。写真で観察したうえで家具を配置しなおし、余分な壁の余白を埋めることもありました。

「自分の生活をつくることは、地上で最上の幸福」

「D.156.3」の洗練された優美なフレームワークは、平日の帰宅してから寝るまでの時間を、胸踊るものに演出してくれます。自邸で家族と過ごしたり、友人たちを招くことを愛した彼は、家具に座ってくつろぐ皆の姿を眺めて楽しんでいたのではないでしょうか? 休日の昼下がりにうたた寝をしてしまっても、きっと素敵な日常の風景の中にいられるはず。

脚を組んで椅子に座るのが好きだったジオ・ポンティ。リラックスした姿勢で脚を組むとしっくりとフレームの中に収まることができます。横に張り出したフレームが、ほどよい「おこもり感」を演出してくれました。
1935年〜1950年代後半にかけてデザインされた「個人住宅向け家具」または、「限定的な家具シリーズ」に焦点を当て、厳密なリサーチにもとづいてモルテーニによって復刻されたジオ・ポンティコレクション。彫刻のような美しいアームの陰に、サイン入り真鍮の銘板が打ち込まれています。 【写真の仕様の価格】¥1,124,280(税込)【材質】本体:アメリカンウォールナット/背面ストラップ:グリーン

モルテーニは、世界最高峰の技術をベースに、先進性にあふれたデザインを発表し続けるブランド

Molteni&C(モルテーニ)は、1934年にイタリアで創業された総合家具ブランドです。システム収納やキッチン・オフィス家具で培った世界最高峰の技術をベースに、先進性にあふれたデザイン、ダイナミックさと精巧さを兼ね備えたハイエンドなインテリアを提案しています。モルテーニは毎年売上の5%を開発費にあて、常に技術革新を続ける企業である一方で、80年を超えるリーディングカンパニーの使命として、未来に繋ぐべき過去の名作を自社の技術を駆使して蘇らせる「ヘリテージコレクション」にも力を入れています。EU諸国でも最大規模の生産量を誇り、世界80か国に輸出、主要都市40店舗のフラッグショップをもつ為、市場での適正価格を実現し、アフターケアも国を超えて対応できるメリットがあります。

モルテーニによる、原作の緻密な調査・分析に基づいて復刻された「D.156.3」

80周年記念として2015年に「80! Molteni&C」と題した展覧会をミラノ近代美術館で開催。時期を同じくして過去の名作を次世代に繋ぐための活動を開始し、2012年からは、ジオポンティアーカイブと契約し、ジオ・ポンティが'20年代~'70年代までにデザインした家具の復刻をしてきました。本社にモルテーニミュージアムを開設し、常設展示を行っています。

1956年にニューヨークにある家具店のショールーム展示用に製作された「D.156.3」。その普遍的なデザインは色あせることなく、今日の私たちにも豊かさを感じさせてくれます。

フレームは艶やかなブラックグロッシー仕上げ、またはアメリカンウォールナット無垢材から、ベルトはグリーンとブラックからセレクトできます。

問い合わせ先

この記事の執筆者
イデーに5年間(1997年~2002年)所属し、定番家具の開発や「東京デザイナーズブロック2001」の実行委員長、ロンドン・ミラノ・NYで発表されたブランド「SPUTNIK」の立ち上げに関わる。 2012年より「Design life with kids interior workshop」主宰。モンテッソーリ教育の視点を取り入れた、自身デザインの、“時計の読めない子が読みたくなる”アナログ時計『fun pun clock(ふんぷんクロック)』が、グッドデザイン賞2017を受賞。現在は、フリーランスのデザイナー・インテリアエディターとして「豊かな暮らし」について、プロダクトやコーディネート、ライティングを通して情報発信をしている。
公式サイト:YOKODOBASHI.COM
EDIT&WRITING :
土橋陽子