ネイビー色のニットを取り入れたコーディネートをまとめました。ベースカラーのネイビーはオフィスでも普段着でも着回しが簡単! そんなネイビーニットのおすすめのコーディネートをご紹介します。

【目次】

ネイビーニットとアウターの春コーデ


ネイビーニット×ネイビージャケット

ネイビーニット×ネイビージャケット
ジャケット(三喜商事〈ストラネス〉)、ニット(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス( シャンテクレール東京店)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ユナイテッドアローズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

前身ごろの縦シーム、ビッグポケット、高めの位置に配されたダブルボタンなど、スタイルアップのための工夫が随所に散りばめられたジャケット。イタリア産のコットン混ナイロン生地は、しなやかでストレッチ性の高い着心地が魅力です。とろみのあるオフ白のワイドボトムに合わせ、ネイビーニットをインすれば、全体に軽快さをもたらしてくれます。

ネイビーニット×白ジャケット

ネイビーニット×白ジャケット
ジャケット・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(バーバリー アイウェア)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

アウターは春の陽差しが透ける、極薄ウールのダブルフェース。身ごろにつながる襟は、高めに立てると華やかな表情に。春には少々重めなネイビートーンをクリアな白がワントーン明るく見せてくれます。あえて細身のスティックパンツに合わせてジャケットをゆったりとはおるのも、ボディーラインを華奢に見せるテクニックです。

ネイビーニット×ツイードジャケット

ネイビーニット×ツイードジャケット
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビ! インナーと巻物でネイビーを取り入れれば、知的な印象も与えられます。リッチカジュアルを目指すなら、小物をメンズライクにまとめるのがこなれるコツです。

ネイビーニット×イエローのコート

ネイビーニット×イエローのコート
コート・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

独自の手法で防水加工を施したテクノ・スエードのアウターは、スペイン産のラムスキンを使用。極上素材を惜しみなく使っているから、若々しいフード付きも余裕が漂います。コクのあるマスタードイエロー×きりっとした白パンツ、そしてインナーは迷わずネイビーニットを! イタリア男さながらの配色センスで、鮮度の高い週末スタイルが完成します。

ネイビーニット×ネイビーコート

ネイビーニット×ネイビーコート
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

むだな装飾をいっさい施さず、シンプルを極めたラップコートは、アニオナの定番素材ともいうべきウールのダブルフェースで、軽やかな仕上がり。サイドスリットを深く入れているため、歩くたびに裾が翻り、春のウキウキした気分を後押ししてくれそう。鮮やかなグリーンとネイビーの配色も爽快です。

ネイビーニット×ベージュのトレンチーコート

ネイビーニット×ベージュのトレンチーコート
スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、コート(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉)、バンフォードのニット・イレブンティのシャツ・パンツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・ブレスレット (ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ヴァシック〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シャツ+ニットのレイヤードにしなやかなベージュトレンチを合わせた上品カジュアルな着こなし。シャツの胸元を埋めるように70㎝角スカーフを配して顔周りに華やぎを添えつつ、リッチな印象に仕上げましょう。

ネイビーのVネックニット×ネイビージャケット

ネイビーのVネックニット×ネイビージャケット
ジャケット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ネイビーのVニット(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ネイビー×ブルーはこの春、知的なキャリアにおすすめの配色。タイトスカートでシャープな女らしさを加味しましょう。

ネイビーニットとパンツの春コーデ


ネイビーニット×ピンクパンツ

ネイビーニット×ピンクパンツ
スカーフ・ピアス・ブレスレット(エルメスジャポン)、ニット(ブラミンク)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ピンクをリズミカルに重ねてつくる軽快さの際立ったパンツスタイル。90㎝四方のカレを首元にあしらえば、装いがとたんにドラマティックに変化します。エルメスのカレの記念すべき第1号の柄がグラフィカルにアップデートされた新作は、ピンクでも辛口な仕上がり。黒ニットでなく、ネイビーとの合わせにシフトすると爽やかさが高まって春らしい印象に仕上がります。

ネイビー&白のリブニット×白パンツ

ネイビー&白のリブニット×白パンツ
ニット・ブラウス・パンツ・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

メリハリを効かせたネイビー×白のマリン配色、やや太めのリブ編みにゆったりとした身ごろのドロップショルダー、そして肩には飾りボタン。そんなスポーツ気分満載のカシミヤニットには、ピュアホワイトのハイネックブラウスをレイヤードして。ひらりとのぞいたブラウスの袖が、ほのかに女らしさを香らせてくれます。

ネイビーニット×オレンジパンツ

ネイビーニット×オレンジパンツ
ジャケット(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、スカーフ・バッグ(グッチ ジャパン)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ネイビーのジャケットでキリリとさせつつ、オレンジ色のパンツで華やかに演出。トラッド調の着こなしと色味をリンクさせるように、襟元にはクラシカルなプリントスカーフを選んで。あえてアシンメトリーに巻くことで、ネイビーのジャケット&ニットの堅さを払拭し、こなれ感が生まれます。

ネイビーニット×ネイビーパンツ

ネイビーニット×ネイビーパンツ
ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ニット・パンツ(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

シンプルで知的に映るネイビーニットは、大人の定番。けれど今日は華やぎたいという日には、物足りないことも…。そんなとき加えたいのが、ゴールドジュエリーの洗練オーラ。ゴールドの煌きらめきを重ねることで、ドキッとさせるほどの美人オーラが生まれるのです。ゴールドジュエリーは1点だけ身につけるより、組み合わせの相乗効果で華やぎ感やこなれ感を演出しましょう。

ネイビーニットとスカートの春コーデ


ネイビーニット×白スカート

ネイビーニット×白スカート
靴(JIMMY CHOO)、コート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

好感度の高いネイビー×白の着こなしを、パープルの靴で外してより印象的に。

ネイビーニットスカートの春コーデ


ネイビーニットスカート×ブルゾン×シャツ×カーディガン

ネイビーニットスカート×ブルゾン×シャツ×カーディガン
コート(アングローバル〈イレーヴ〉)、アリュードのカーディガン・イレブンティのスカーフ(三喜商事)、シャツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ウィッスルズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス(GALERIE VIE 丸の内店〈MODERN WEAVING〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ビシッと決めたジャケパンにあえてラフなミリタリーブルゾンを重ねるところがオシャレ。程よくボディーにフィットするネイビーニットのタイトスカートを合わせて、きちんと感とキレのある女らしさをアピールしましょう。白シャツの襟でキリッと引き締め、小紋柄スカーフとの合わせワザでかっこよさを表現。色はシックトーンに抑えつつ、ボトムと小物で女らしい華やぎをプラス。